しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第5章 だから特攻できた。


さて、そろそろ筆者が何を主張したいか皆様お気づきでしょう。


特攻勇士が特攻できた理由は


『自分は日本国という1(超)個体の一部であることを、誰に言われるまでもなく血で理解しており、自分が犠牲になることで、1(超)個体日本国の無事を期待した」もしくは『我が身が滅びても日本国が無事ならば、自身の遺伝子の大量のコピーを護れることを血で知っていた』です。


昔のことなので『超個体』『利己的な遺伝子』という言葉も概念も無かったことでしょう。

ですが、現代の日本人が、世界に驚愕されるような特異な行動をとるように、『血で理解していた』ことでしょう。


彼らは、理論に従ったわけではありません。

現代のイスラム自爆テロ犯は薬漬けで洗脳して作製しますが、日本人は自身の血に命じられて、特攻を自ら志願したのです。


先日、特攻の出撃を生で見送ったという方のお話を聞く機会がありました。


出撃前は、特攻勇士同士『いやぁ、こえぇよぉこえぇよぉ』と言いながら泣いていた、と聞きました。


そりゃそうでしょう、人間誰しも死ぬのは恐い。


ですが、その恐怖に打ち勝って多くの勇士が出撃していきました。

日本人の血がそう命じたからです。


6章 まとめ


以上、長々と論じてきましたことをまとめます。


『日本人は全員皇室の分家で親戚同士である』

=『ゆえに、日本は部族国家である』

=『ゆえに、日本は社会性国家である』

=『ゆえに、日本は1個の超個体である』

=『ゆえに、日本人は世界に類を見ない特異な行動をする、できる』

=『ゆえに、特攻できた』


今まで日本人はどうして特攻できたかを、研究したものはたくさんありますが、心理的な方向や世間のしがらみ的な方向、そもそも教育がそうだったから、という観点から説明したものがほとんどです。


今回自分は、生物学的遺伝子科学的な方向から、特攻できた理由を説明できた、と思っています。


みなさまはいかがお考えでしょうか。


                 筆者=ボウズPこと沓沢亮治