しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

朝鮮学校へ公金の支出を止めよ


1、2013.11月の東京都の調査で、朝鮮学校は公の支配に属していないと判断され助成が打ち切られたが、朝鮮学校の存在する27都道府県のうち、現在でも19都道府県で助成が継続中。

以下産經新聞記事抜粋

東京都、朝鮮学校への補助金不支給を決定 「総連の強い影響受けている」

2013.11.1 23:31 東京都政

 東京都は1日、都内の朝鮮学校への補助金を支給しないことを発表。

都は朝鮮学校で使われる教科書や、運営する学校法人「東京朝鮮学園」の財務関係書類などを調査。


朝鮮総連の強い影響下にあることが確認された。

 朝鮮総連は北朝鮮による拉致事件への関与が疑われているなど、破壊活動防止法に基づく調査対象団体となっている。

 現代史教科書に「敬愛する金日成主席様」「敬愛する金正日将軍様」などの記述が全409ページ中353回出てくるほか、社会の教科書に朝鮮総連が朝鮮学校を設置・運営している旨の記述が出てくることを確認。

 また、学校敷地内に教育目的以外で、朝鮮総連支部などの事務所が設置されていたり、学校施設の一部が長期にわたって無償貸与されていたりしているほか、東京朝鮮学園が在日朝鮮人団体のために世田谷区内に土地を購入し、低い賃料で貸与しているなど、不適正な財産の管理、運用があったことも明らかになった。

2、 朝鮮学校への助成は、憲法前文・憲法89条・私立学校振興助成法の3つの法に違反している。

私学振興助成法違反

学校教育法が定める教育施設には、この10種の他、「専修学校」(学校教育法124条)と「各種学校」(同法134条1項)がある。国又は地方公共団体は、専修学校や各種学校を設置する「準学校法人」(私立学校法64条4項)に対しても、国会の議決又は地方議会の議決を経て、助成を行うことができる(法16条)。この場合も、助成を受ける準学校法人は、所轄庁の監督に服さなければならない(同条)。

 朝鮮学校は所轄庁の監督に服しているとは言い難い(総連の支配下にある)。

憲法89条違反
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。


 朝鮮学校は公の支配に属しているとは言い難い(総連の支配下にある)。

憲法前文違反

国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する

 
 公金を日本人以外に与えることは 『その福利は国民(日本人)がこれを享受する』から外れている。
 

3、日本人拉致問題や核実験問題、アメリカに名指しで『ならず者国家』と呼ばれる北朝鮮、その出先機関である朝鮮総連、その総連の影響下びある朝鮮学校は、日本人の内安にとってマイナスな存在である。


4、公金の無駄な支出は、日本人の低支出にマイナスである。
本来払わなくてもいい税金を徴収されてしまう。

以上の理由から、朝鮮学校への公金支出は即時やめてもらいたいものだ!