しきしま会

しきしま会HP http://shikishimakai.web.fc2.com

2014年10月

朝日新聞東京本社前抗議街宣20141007


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

 朝日新聞東京本社前です。

 抗議する時間だけか常時かわかりませんが、自分が行く時はいつも、警備員が3名以上立ってます。
 
IMG_1996

 1階ロビー。

 朝日新聞信用組合なんて知りませんでした。

 金融業にも手を出しているようです。
IMG_1997

 朝日新聞の歩みは売国の歩み。

 国を売るのは儲かるらしく、新聞社としてはダントツの6000億円越えの資産を持ってます。

IMG_1998

 玄関に警備員がいて、さらに中にも警備員。 赤報隊を警戒してのことでしょうか。
 私邸なのに警備員を置いてる、麻布の孫正義邸もそうでしたが、後ろめたい奴ほど防備を固めますね!

IMG_1999

 7日、朝日新聞東京本社前で抗議街宣を開催いたしました。
 村田春樹先生もご参加されました。

IMG_2002
IMG_2005
IMG_2009

 弁士、しきしま会受付嬢(本人希望)マイマイさん。
IMG_2015

 弁士、しきしま会受付嬢(本人希望)エトロフ氏。

IMG_2018
Unknown-2



 朝日新聞に無慈悲な週刊新潮の中吊り。
 慰安婦捏造以外にも、ダーティーな手口で記事書いていた模様です。

IMG_2022


 

防衛省前 自衛隊応援街宣を応援に行きました。


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

護国千葉の会さんの、自衛隊応援街宣を応援に行きました。

護国千葉さん。
IMG_1993
しきしま会からは応援弁士の吉田さん。
最近、しきしま会エグゼクティブ・ディレクターに昇格!
IMG_1990
IMG_1991
自分は親不知抜歯後間もなくで演説できませんでした。
千葉さん、役立たずですいませんwww



千葉進出!船橋で街頭アピールを開催いたしました。


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

台風の影響で、あいにく雨天でしたが、多彩な弁士が集い盛り上げてくれました!

今日の街宣は、おっさん率が高く、絵柄は悪いです!www
 IMG_1977IMG_1978
IMG_1979
元海自のやまださんの、かつての制服をお借りしました!
IMG_1980




10/3朝日新聞抗議街宣を開催いたしました。


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

 築地の朝日新聞東京本社前です。

 多彩な弁士が集まってくれて盛り上がりました!

 がんばれ日本の抗議街宣から引き続き参加の相馬氏。
IMG_1964

しきしま会調査室長Wattちゃん。
IMG_1966
IMG_1967

しきしま会副会長 メガネが無いさん。
IMG_1968

しきしま会研究員 マッカチャン。
IMG_1971

しきしま会スペースコンシェルジェ磯野波平氏。
IMG_1972
けいこさん。
IMG_1973

お集りの弁士様、生放送などでごらんいただいた皆様、ありがとうございました!



花時計さん街宣を見学してまいりました。


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

 10/5に、我がしきしま会でも同じ場所で街宣する予定なので、現場の下見ということで、花時計さんの10/2の船橋街宣を見学してまいりました。

 メアリーさんとゆかんちゃんですね。
IMG_1960IMG_1961
IMG_1962

途中、船橋在住で通りすがりの在日夫婦が、30分ほど何か文句言って妨害してました。
だから韓国人は嫌われるんです。
日本人が外国で日本人を糾弾する街宣に出くわしたら、恥ずかしく思い、言われてることを反省するはずです。

おまけ
朝日新聞のマスコットのようです。

自分には、ハーケンクロイツの色使いで日の丸をdisり、同時に太極旗のアピールしてるように見えます。
IMG_1959


日韓基本条約原本を撮影して参りました+麻布案内


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

 愛国女性の集い花時計さんの、ロシア大使館前街宣、生放送でお手伝い参加いたしました。
ロシア大使館です。

 今はさほどでありませんが、旧ソ連の頃は、街宣右翼が毎日のように押し掛けて、警備ももっと厳重で物々しかった、とお聞きしました。
IMG_1892
 ロシア大使館警備詰め所すぐ横のこの物体は、明治の測量点だそうです。
几号水準点と言うそうです。

 警官さんも、そういうものだとちっとも知らずに毎日踏んでた、とのことwww
今後は踏まないようにします、と言ってたけどどうだかwww
IMG_1911

 ロシア大使館から下って、飯倉交差点付近に、日本フリーメーソン本部があります。

 元は水交社という、海軍将校クラブで、山本五十六の葬儀はここから出発したそうです。
また、5.15事件の時に、三上卓らが集合場所としたそうです。

IMG_1894

 堅く閉ざされて、会員以外は入れません(当たり前かw)。
撮影してる自分も映っちゃってますねw
IMG_1895
 建物の外から見えるステンドグラス。
文字が逆でしたから、内部から見るのが正面で、外からは裏からの模様が見えるようです。
IMG_1896
IMG_1897
IMG_1898
 案内してくれた方が
『この絵にも何か意味があるハズ、だれか解読してくんないかな』
とおっしゃってました。
IMG_1899
IMG_1902
 フリーメーソン真向かいに、イギリス正教会日本本部。
聖アンデレ教会というそうです。

 飯倉交差点自体が日本有数のアレだそうです。
『坂の底と頂きが重なり陰と陽、東京タワーに注ぐ天の気と皇居からの気が、国道1号線という日本の竜脈で交わっている場所で日本有数のパワースポット』

IMG_1903

 在日欧米人社交クラブ『アメリカンクラブ』
ロシア大使館のすぐ隣です。

 元は
川村 純義伯爵のお屋敷でした。
昭和天皇陛下が生後70日から、何年かこちらでご養育されたそうです。

 アメリカンクラブの入会金300万円、ランチが1万円ぐらいということですので、大使クラスの利用に使われる施設なんでしょうね。
IMG_1905

 アメリカンクラブのすぐ2軒先ぐらいに、日本経緯度原点がありました。

 原点ですから、日本で最初に『ここが経度○○緯度○○』として打たれた点である、と推測します。

IMG_1906

 原点のすぐ隣がアフガン大使館。
IMG_1907
IMG_1908

 原点自体です。
中心の円の直径が5センチぐらい。
IMG_1909

  狸穴坂。
読み方は『まみあなざか』だそうです。

 左手の壁はロシア大使館です。
旧川村伯爵邸の壁を、そのまま使用したらしく、石垣です。

 この坂を下ったところに、清帝国最後の皇帝、
愛新覚羅溥儀の実弟、溥傑が住んでいたそうです。
清のラストエンペラーは溥儀ですが、今現在対外的に諸国から、エンペラーの称号で呼ばれるのは、我が国天皇陛下のみです。

 これはもっと誇っていいことだと思います。
再び日本帝国を名乗るのもいいですね!

IMG_1913

 坂を下りまして麻布郵便局。
1969年まで、郵政省本部だった建物とのことで、偉容を誇ってました。

IMG_1914

 ロシア大使館近くの旧島崎藤村邸跡地。
『夜明け前』はこちらで執筆されたそうです。

IMG_1916

 ロシア大使館近く、この立派な建物はなんでしょう。
IMG_1917

 ブリジストン美術館兼、鳩山由紀夫の母ちゃん(安子)の住居だったそうです。

 相続税対策に美術品を買い込み、それを公開することで公共の福祉に貢献している財団として税金を免除してもらう、という手法は、洋の東西を問わずよくやられていますね。

 というわけで公開はしているものの、住居兼なのであんまり人に来てほしくないらしく、ブリジストンのHPにも載ってないそうです。

 中を見学しましたが、撮影禁止ということでご説明できません・・・

 展示室の一部が会議室になっていて、何名かの女性の声が漏れ聞こえていました。
鳩山由紀夫の母ちゃんは去年亡くなってますので、鳩山家の誰かでしょうか。

IMG_1919

 鳩山の母ちゃんちからほど近い植木坂。
ここが菊人形の発祥とは知りませんでした。
IMG_1920

 鳩山母ちゃんちからほど近い孫正義邸。

 朝銀がめちゃめちゃになった時にドサクサで手に入れた、という噂。

 民間人なのに生意気に守衛置いちゃって・・・
やましいところがあるからガードがきつくなるんだわさ。

 守衛さん、手を振ってくれてるのではありません。
撮影してたらすっ飛んで来て、撮影しないでください!と言われました、撮っちゃいましたけどw

IMG_1921

 坂を下って、三島由紀夫、加賀まりこ、美輪明宏さんご愛用、イタリア料理店のキャンティ。
メニュー見ましたが、アメリカンクラブ的にベラボーな値段ではありませんでした。

 現在改装中で、10月半ばには再開店するようです。
IMG_1924

 映画監督兼俳優、伊丹十三氏が飛び降りたマンション。
キャンティの向かいです。

 マルサの女、ミンボーの女に引き続き、ソウカの女を撮ろうとしててなぜか死んじゃった、という噂。
IMG_1923

 キャンティの近くに、かつての中華民国大使館、現在は外務省の外交資料館だそうです。
IMG_1915

 外交資料館、中を見学できます。
 無料です。

 フラッシュ禁止なら撮影おkということでバシバシ撮影してきました。

 日露和親条約原本。
1854に開国して以来、日本は次々と諸外国と関係を結びました。
IMG_1927

 開国の先駆け、日米和親条約。

 米国の『仲良くしようぜ』の圧力に幕府が屈した結果。
仲良くしようぜ、って言ってくる奴を信用してはなりません。
IMG_1928
 
 ナポレオン三世から徳川家茂に送られた親書。
初代駐日フランス大使、ベルクールから2代目のロッシュへ、大使交替を知らせる内容とのこと。

IMG_1929

 リンカーンから徳川家茂に送られた親書。

 ハリス初代駐日大使に良くしてくれちゃって、あざぁっす!という内容だそうです。
IMG_1930

 日清修好条規原本。

 1871年、日中間で初めて結ばれた国家間の約束(条約)。

 税や商売面で対等な取り決めであったと言われています。
IMG_1931

 鹿鳴館のパーティーメニュー。
 布ですね。
IMG_1932

 日清講和条約原本。

 日清戦争で敗北した清が、朝鮮国の独立、遼東半島・台湾・膨湖列島の割譲、賠償金3億円の支払いを約束しました。
IMG_1933

 20年間に2回更新された日英同盟のうち1回目の原本。

 北清事変後も満州に居座って撤退しなかったロシアに対して、日英が危機感をいだき、1902に結んだ日英同盟。

 孤高の英国が同盟を結んだことに、諸外国は驚きました。
IMG_1934

 日露講和条約原本。

 日露戦争で、日本はロシアをぶちのめしましたが、大した賠償も取れず、国内には不満が鬱積したそうです。
IMG_1935

 日ソ基本条約批准書原本。

 日露戦争敗北でロマノフ帝政が倒れ、新たに成立したソ連と結んだ条約です。

 ロマノフ帝政以来断絶していたロシアとの国交がこの条約で回復しました。

IMG_1936

 日満議定書原本。

 1932年、新たに発足した満州国を、日本は世界のどこよりも早く国家として認め、国交を開始しました。
IMG_1937

1936年に結ばれた、日独防共協定原本。
国際連盟からの脱退、ワシントン軍縮条約・ロンドン軍縮条約からの離脱で国際的孤立を深めていた日本が、同じく孤立していたドイツに接近。

 後でこれにイタリアが加わり、日独伊三国同盟が成立しました。

IMG_1938

 日独伊三国同盟原本。

IMG_1939

 1941年の日ソ中立条約原本。
友好の維持、相互不可侵を約束。

 1945年4月5日、ソ連は一方的にこの条約の破棄を宣言。
同年8月8日に日本に宣戦布告しました。

 やですね〜約束をまもらない国家は・・・人もですが・・

 明らかに不法に占領してるんだからいい加減、北方領土返せよ。

IMG_1940



 1941日米交渉での日本の最後解答2案。
 
 中国からの軍の撤退を含む甲案と、甲案が決裂した備えの乙案を米国に解答したが、米国は両案を拒絶、逆に日本にハルノートを突きつけた。

 ここに日米の交渉は完全決裂し、日米開戦せざるを得ない状況に日本は追い込まれて行きました。

 アメ公め・・・まさに鬼畜米英ですね。
IMG_1941

 大東亜戦争降伏文書原本。
1945年、日本はポツダム宣言を受諾し連合国に降伏。

 米国戦艦ミズーリ号の上で、降伏文書に調印がなされたという話が教科書にも載ってますね。
IMG_1942

 対日平和条約。

 1951年、サンフランシスコで52ヶ国が集合し、日本の戦後処理を決めた条約。
別名サンフランシスコ条約。

 本条約を以て、日本はGHQの占領下から脱し、独立を回復しました。
参加各国のサインが見えますね。

 ちなみに靖国参拝で日本にツベコベ文句たれる中国と韓国は、それぞれ建国が終戦より後の1949と1948のため、参加資格無し!ということでサンフランシスコに招かれてません。

 中華人民共和国と韓国とは、日本は闘っていないのです。
それをツベコベと・・・
IMG_1943

 サンフランシスコ条約の直後、同地ですぐに結ばれた日米同盟原本。
日本国内の米軍駐留など全5条からなっています。

IMG_1944

 日韓基本条約原本。

 この条約の第2条で、日本は韓国政府を半島内の唯一の国家勢力と認定しています。
北朝鮮は今現在も国家として認めていません。

 ただの山賊武装勢力?よって韓国大使館は国内にありますが、北朝鮮大使館は存在しません。

 在日朝鮮人と在日韓国人がいますが、公式には全員、在日韓国人の扱いです。

 この条約で、両国間の問題は最終的かつ永久に解決された、とあるのに、韓国はいつまでもイアンフガーヤスクニガーと、日本に対して嫌がらせを延々と。
 約束が理解できないケダモノと約束するな、の典型ですね。
IMG_1945

 日米同盟原本。
サンフランシスコで吉田茂単独で慌ただしく結ばれた第1回日米同盟を、より深めたもの。

 日本を侵略したくて身悶えしている中国の、悩みの種です。
IMG_1947

 ヴィザ発給要件を独断で緩めて、多くのユダヤ人の命を救った杉原千畝の資料です。
IMG_1948
IMG_1950

 江戸幕府発効のパスポート!
海外に行くよな人、何人もいなかったはずですから、何通もは存在してなかったんじゃないでしょうか。
IMG_1951

 明治時代のパスポート。
この時代は夏目漱石とか選ばれた一握りのにんげんしか海外渡航しなかったはずです。
ノートタイプではなく、免状タイプとなっています。
IMG_1952

 大正期のパスポート。
まだ免状タイプですね。

IMG_1953

 なんとかっこいい大日本帝国パスポート。
大きさも今のものより一回り大きいです。
ようやくノートタイプになりました。
IMG_1954

 外交資料館にごく近いバー。
麻生太郎元総理大臣行きつけの店だそうです。
IMG_1955

 麻布警察署の宿舎。
昔はここが警察署で、リヒャルトゾルゲがここで取り調べを受けたそうです。

 正確な場所は不明ですが、警察署付近に共産主義活動家としての小林多喜二のアジトが存在したそうです。
警察署の襲撃でも企んでいたのでしょうか。

IMG_1958

 とうわけで、見所満載由緒満載の麻布界隈でした!
 
 ご案内してくださったEさん、本当にありがとうございました!


最新記事
閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:

  • ライブドアブログ