NHKから国民を守る党しきしま会派

しきしま会YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCeirWwT-PJRTvhUtI1UlwMQ

2013年10月

日本は超個体である。


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas


日本は超個体である。


第一部 日本は部族国家である


第1章 日本人の特異性について


『only in japan』 という言葉があります。


いわく、『無人の野菜販売所に、誰もがきちんと料金をおいていく』

いわく、『震災で128万人も被災したのに、略奪の報告が無い』

いわく、『公衆トイレにまでピカピカのウォシュレット』

いわく、『自分たちが食べた鯨を供養する』

いわく、『何千人もの人が無言で行き交う駅構内、静かすぎ』


『こんなの日本だけだよ』と、海外の掲示板4チャンネルやスラッシュドットなどで、割りと好意的に使われることが多い言葉です。


その実例をいくつかご紹介します。


-------------------------------------------------------

東日本大震災の被災者たちの冷静な行動を見て


■先進国と言われる国で起きている暴動や放火、犯罪の数々を考えても、日本は地球上に残った唯一文明のある国だと思う。国籍不明 


■128万人もの人々。それなのにこの状況下で略奪の報告がひとつもないなんて。信じられない国だな、日本は。アメリカ 


■略奪はホント絶対許せんよな。アメリカ 


■日本人はただ単に自分勝手じゃないんだよ。巨大な消費社会に毒されてると、ナイキのスニーカーの方が人の命より価値があると思っちゃったりするからね。じぶんの欲求を満足させることばかり考えてるよね。モーリシャス共和国 


■もしもこれがLAやNY、ロンドンで起きたら、ある意味想像を超えた自体が起きてしまうな。日本 


■写真は言葉よりも伝える力があるな。アメリカ 


■日本に住んでた時5日間病欠で休んでたら、上司と同僚が家に来てくれて、食べ物持ってきて料理してくれた。アメリカ人のボスならありえないよね。ご近所がどこかに旅行に行くと、必ずお土産持ってきてくれるし、あと特別な理由なくお裾分けしてくれたりとか。あとこんなこともあったな。地下鉄で迷ったら、20分くらい一緒に電車に乗ってくれて、目的地に連れてってくれた。そういうわけで、こういう状況で日本人が略奪をしないのは全然不思議に思わない。アメリカ 


http://www.海外の反応.jp/archives/25923934.html

-------------------------------------------------------------------

阪神淡路大震災の被災者たちの冷静な行動を見て


ニューヨークタイムズ駐日特派員


日本にいた間、私はしばしば日本人の秩序と礼儀正しさに感動していたが、神戸の震災後ほどその思いが強くなったことはない。神戸空港がほぼ全壊し、街中の商店のガラスが割れていた。私は略奪や救援物資をめぐる争奪をスクープしようと街中を探し回った。ようやく、2人組の男に強盗に入られたという店主に巡り会えた。私は少し大げさにこう尋ねた。「同じ日本人が、自然災害を利用して犯罪に走ることに、驚きはありますか?」店主は驚いた顔で「誰が日本人だと言った?彼らは外国人だったよ」と答えた。


http://www.y-asakawa.com/Message2011-1/11-message38.htm

--------------------------------------

コミケ会場で何万人もの人間が整然と並ぶ模様を見て


■ 人類が誇る地上最高の団結力をここに垣間見ました。 メッカのカーバ神殿でもこのような光景が見られれば最高ですね。 一体何が二百万人以上ものイスラム教徒の祈りをつかさどるムアッジンのような役割を果たしているのでしょうね。 言語や文化が違っていても、彼らの偉大さはよくわかりますよ。 +3 国籍不明(中東) 


■ メッカに参拝に来てくれよ。 国籍不明(中東) 


■ 偉大なるアラーの神の名を掲げればイスラム教徒もこのように団結できるだろうか…。 国籍不明(中東) 


■ イスラム教徒は一日五回の礼拝によってイスラム教の戒律を自覚します。 片や彼らの結束力は24時間常に絶えることがない。 全く比較になりませんね。 +55 国籍不明(中東) 


http://www.海外の反応.jp/archives/29206358.html

----------------------------------------------------------------------

信号のない横断歩道で停止したドライバーに対して、深々と、何度もお辞儀する少年の姿を見て


■ 欧米の社会では、他人を一切気にかけないことに皆慣れてしまってる。だから、素晴らしく礼儀正しい人なんかどこにもいない気がするんだ。彼が日本人であれ何人であれ、僕らが慣れてしまった姿とは対照的だ。しかも彼はあんなに小さい少年なんだからね。 +3 イギリス


■ 俺も日本に住んでたことあるけど、みんなむず痒くなるくらい親切だ。それに慣れるまでにはちょっと時間がかかったね。丁重にもてなされすぎて何回か不快に思うこともあったんだけど、彼らの親切なもてなしはずっと変わることがなかった。 アメリカ


■ 投稿してくれてありがとう。素晴らしい光景でした。 アメリカ


http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-936.html


-------------------------------------------------------------------------------------------------

通勤ラッシュ時の駅の静けさに


■ 何に一番驚いたって、人の数の多さよりあの静けさだよ。 +3 スウェーデン


■ みんな素晴らしく規律正しい人たちじゃないか。 アメリカ


■ きっちり一列に並んで歩いてるように見えるのは俺だけだろうか。 アメリカ


■ みんな同じ歩幅、同じ速度で歩いてるからちょっと怖くもある……。 アメリカ


■ シナガワの朝は本当に異常……。夕方はそんなでもないんだけどね。 アメリカ


■ OMG なんって規律正しいんだ。地下鉄はこれとは逆だけど。

  しかしあの人たちは、まるで決められた白線があるかのように歩くねw アメリカ

http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-920.html

-------------------------------------------------------------------------------------

無人販売所について

・とてもすごいと思ったよ。アメリカでは無人で売っているところなんて見ることないし。


・信じられない!他人が商品を買うためにお金を置いていくと100%信用しているなんて。どこにでもあるようなことではないですよ。日本では一般的なのかもしれませんが、100年前の社会に住んでいない限り、まだ珍しいと思います。


Re・日本でこういうのを見たことがあります。多くの日本人はとても正直に払ったお金だけの商品を持って行きます。

・自分の国では商品を盗むだけでなく、前の人が商品に払ったお金も盗みます。もはや信用というものはないです。

http://overseasresponse.blog.fc2.com/blog-entry-148.html


--------------------------------------------------------

日本の駅でのサービスに対して


・俺はアメリカ人で日本に5年住んでるが、日本のサービスは世界一素晴しいよ。


・アメリカの会社はメモとっとけ。これがカスタマーサービスだ。


・うお、これはすげーな!


・欧米がこのレベルにまで行き着くのには、どれぐらいかかるんだろうな


・礼儀正しい文化だな

http://lakatan.net/archives/32883632.html


-----------------------------------------------------------


江戸時代のからくり人形について


■ フォー! 何かトンデモナイことが起ってることだけは分かった! 国籍不明

  

■ スゴッ……。心から感銘を受けてる自分がいます……O_o +4 カナダ  

  

■ エクセレントとしか言いようがないだろこれは! +5 アメリカ


■ 19世紀のフランスのオートマタは首の動きだけだったのに!

  この人形は実際に矢まで射るなんて凄い! +4 アメリカ


■ 一言で表現すると、これはアートだ! +8 ジンバブエ


http://kaigainohannoublog.blog55.fc2.com/blog-entry-789.html


----------------------------------------------------


私たちは自覚もありませんが、世界標準からすれば『日本人は、めっちゃ特殊』なのです。


第2章 日本人同志の血縁関係について


日本は島国です。江戸時代の鎖国もあり、日本人同士の婚姻が絶対的大多数だったことでしょう。


さて、ここでアメリカ人によるサムライ考をご紹介いたします。


『 大勢の人々(米国人)が、米海軍特殊部隊やロシアのスペツナズによく似た稀有なエリート軍隊であったか、または小規模で厳格に定義された貴族の階級だったと思っている。


 しかし、実は彼らは大きな意味での社会階級だった。そもそもサムライとは"貴族のそばに仕える人々"という意味だ。時が経つにつれ、その言葉が発展して特に中流から上級の戦士、いわゆる武士階級と結びついてしまったものなのだ。これは彼らのような屈強な戦士達が一般的に考えられているよりもかなり大勢存在した、ということを意味する。


 事実その最盛期には、武士が日本の人口の10%を占めるような時もあった。人口が多く、長期にわたり日本の歴史に影響を与えたことから、現在の日本人全員にサムライの血が流れていると言われている。』


http://blog.goo.ne.jp/mirojoan/e/cd12cfa4baca54463ebeda1dcb9f76ad


武士は武士同士で婚姻してたのでは?とツッコミが入るところかもしれませんが、武士とそれ以外の階級での婚姻もアリでした。


『日本の良い所に「建前と本音」と云うのがありますよね。

本音を形だけ建前に合わせるやり方です。
融通無碍これが日本文化の長所だと思いますね。
身分制という建前では、身分違いは結婚できない。
武士と町家の娘では結婚できない。ならば娘を武士の
養女にして、武家の娘とすれば結婚できたのです。
幕末になると旗本や御家人も経済的に逼迫して、町家
の娘の持参金目当てに結婚したという話も聞きます。
綱吉の母は八百屋の娘です。当然、町家の娘が、大奥
に上がる事は出来ないので、武家の養女として将軍の
側室になったのです。通無碍の文化ここにありですね。
もちろん、数はそんなに多くはないでしょうけど、身分
違いの結婚も出来たのです。』


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14113850329


また、最大で人口の10%もいた武士も、全体から見ればはるかに少数派です。


他の遺伝子の流入の無い限られた集団での繁殖を、生物学的にクローズドコロニーと呼びます。

他の遺伝子を全く外部から入れずに、コロニー内で繁殖をくりかえすことで、様々な問題が発生します。

いわゆる『血が濃くなる』ってやつですね。 


『血が濃くなる』の一番の問題は、なんといっても先天性障害です。


父母双方が血縁故に、作用が良く似た異常な遺伝子を持ったもの同志の婚姻により、作用が良く似た異常な遺伝子×2の子が産まれてくる、というわけです。

作用が良く似た異常な遺伝子×2の子同志の婚姻で、さらに異常遺伝子の重複が見られ、善い遺伝子も悪い遺伝子も蓄積されて『濃く』なっていき、先天性障害が発生しあう、というわけです。

『血が濃くなる』ことを避けるためにも、外部からの遺伝子の輸入は必要ですよね。 

こんな生物学的なことを知らなくても、昔の人は感覚であるいは経験から 『血が濃くなる』ことは避けようとしたことでしょう。

クローズドコロニーたる、スーパー山奥の村に訪れた旅人に、村長が娘を夜伽に差し出す、なんてのは民話の1カテゴリーとなってますよね。 


ですから、可能ならば武家は武家同士で婚姻してたにせよ、そんなにガチガチのものではなかった、ということです。


第3章 日本全国に拡散する源氏・平氏・藤原氏


織田信長の末裔たるスケートの織田選手や、伊達政宗の末裔たるサンドウィッチマンの伊達さん、今でも家を保っている徳川宗家や細川宗家。


源氏あるいは平氏(織田家は平氏系)藤原の末裔ということが明らかな方が、現代でも以外に多いのです。


また、皇室は今上陛下が125代様ですが、それ以外にも何代にも渡り繁栄してきた氏族がけっこう存在します。


藤原五摂家  いずれも存続。一番有名なのは、五摂家筆頭の近衛家の現当主、近衛忠煇氏。日本赤十字社の現社長、国際赤十字・赤新月社連盟会長。


佐竹氏  源氏系 34代まで確認。


千葉氏 桓武平氏系  39代にわたり千葉県付近を支配


相馬氏 桓武平氏系  34代。第33代当主・和胤の妻雪子は、麻生太郎元内閣総理大臣(92代)の妹である。


伊達家    藤原北家系 現当主は 歴史研究家


細川家  源氏系  元内閣総理大臣細川護煕


徳川氏  源氏系  德川 恒孝 徳川宗家第18代当主。元日本郵船副社長。公益財団法人徳川記念財団初代理事長。社団法人横浜港振興協会会長。WWFジャパン代表理事。財団法人東京慈恵会会長。財団法人斯文会名誉会長。


尾張徳川家 現当主は徳川美術館の館長で本職はプログラマー


紀州徳川家 現当主は 女性建築家


徳川慶喜家  現当主は カメラマン


また、佐藤さん斎藤さん加藤さんなど、藤の付く名字は藤原系です。


斎藤氏 伊勢神宮の巫女たる斎宮関係の藤原さん


佐藤氏 藤原秀郷から連なる藤原さん


加藤氏 加賀の藤原さん


伊藤氏 伊勢の藤原さん


尾藤氏 尾張の藤原さん


まだまだいっぱいいらっしゃいますが、このへんでやめておきます。


第4章 源氏と平氏と藤原の皇室との血縁関係


源氏も平氏も藤原氏も、皇室の血縁です。


源氏は21人の天皇の子息から源氏二十一流が発生しました。


1嵯峨源氏  2仁明源氏 3文徳源氏  4清和源氏 5陽成源氏 6光孝源氏  7宇多源氏  8醍醐源氏 9村上源氏 10冷泉源氏 11三条源氏  12後三条源氏  13後白河源氏 14順徳源氏 15後嵯峨源氏 16後深草源氏 17亀山源氏  18後二条源氏19後醍醐源氏 20正親町源氏 21花山源氏 の21氏です。


この中で一番有名なのがもちろん、源頼朝と足利尊氏2人の幕府創設者を輩出し、歴代大征夷大将軍職を独占することになった清和源氏です。


清和源氏ですからもちろん清和天皇(在位858~881)の子孫です。


平氏は桓武平氏、仁明平氏、文徳平氏、光孝平氏の4流です。

ですが、後世に残ったのはほとんど桓武平氏でした。


平家物語が平氏物語でないのは、多数の平氏の中の1つに過ぎない、平清盛の一族が中心の物語だからです。

平清盛一家物語、略して平家物語、ジャマイカ、と思ってます。


平清盛一家は壇ノ浦で滅びましたが、他の平氏は存続し、一番の有名なのはゲームの世界では野望ばっかり抱いてる織田信長です。


信長の子孫であるスケートの織田選手は、信長の子孫であると同時に、桓武天皇の子孫でもあります。


藤原氏は、血縁的に皇室とズブズブの関係です。


みなさんご存知のように、帝に娘を嫁がせ、皇室の外戚として力をふるう、皇太子以外の王子を多数婿に迎える、ことで発展した婚姻政治のプロフェッショナルです。


そもそも始祖たる中臣鎌足あらため藤原鎌足の正妻の鏡王女が、皇族でした。なんせ王女ですから。

舒明天皇の皇女ないし皇孫である、という説があります。



藤原不比等の母であり、天智天皇(中大兄皇子)の妃でした。
・・・・・・・鎌足は帝の『お古』をちょうだいしたのです。


藤原不比等がふるった絶大な権力から、本当の父親は天智天皇である、という説も昔からあります。


天智天皇のお古を有り難く正妻に迎え、自分の子ではない息子を自分の後継者にした・・・これがもし真実だったならば、鎌足ちゃんってば何考えてんのよぉぉ~なんて思います。



・・・・・もしかして・・・・・女性には興味無くって・・・・・天智天皇とは、いわゆる『ウホっ』な関係だった・・・・・愛する男の子供を我が後継者にした・・・・などと、腐女子全開な妄想が爆発するところです。

いわゆる『本が薄くなる』というやつですね。


ですから、源氏と平氏と藤原氏が全国に散らばり定着し繁栄した、ということはつまり、皇室の血が全国に広がった、ということなのです。


第5章 あなたの血統を勝手に分析します


あなたにはお父さんとお母さんが居ます。

どんな人でも必ず居ます。


そのお父さんお母さんにも、それぞれお父さんとお母さんが居ます。


この時点で、2世代前のあなたのご先祖様は4人、ということになります。


平均25才ぐらいで出産するとして、あなたのご先祖様は、25年前に2人、50年前は4人、75年前は8人、100年前は16人ですね。


さて、100年ぐらい前なら平均出産年齢は少なく見積もっても20才ぐらいでしょう。

童謡、赤とんぼの歌詞に『♪ねぇやぁ~は15でぇ~嫁に行きぃ~♪』というのがありますから。


120年前は32人、140年は64人、160年前は128人のご先祖様です。


あなたには、


180年前 256人

200年前 512人

220年前 1024人

240年前 2056人

260年前 4112人

280年前 8224人

300年前 16448人

400年前 526336人

500年前 16842752人 のご先祖様がいます。


ちょっと驚く数字ですが、必ずこの数のご先祖様がいらっしゃいました。


そうでなければ、今この時点で、あなたは存在していないのですから。


『あなたのご先祖様の中には、全国に散らばって定着繁栄し、今なお続いている血統すら、多く存在する、源氏・平氏・藤原氏の一員が、誰一人いない』なんて、あり得ません。


500年の昔に戻って、あなたのご先祖様約1700万人を集めます。

その中に佐藤さんや斎藤さんや加藤さん、尾藤さん藤堂さん進藤さんや伊藤さん、細川さんや織田さんや千葉さんや佐竹さんや伊達さんが1人もいない?・・・・・・・・・・・・ハズ無いだろがっっ!!!ということです。


つまり、あなたは源氏・平氏・藤原氏の末裔でいらっしゃいます。


源氏・平氏・藤原氏の末裔ということは、皇室の末裔である、ということなのです。

なにせ源氏・平氏・藤原氏は皇室の枝なのですから。


ばっさり要約しますと、日本の血縁を分析した結果、総本家が皇室、その他は全部その分家である、と結論します。

めっちゃ


第6章 だから『Only in Japan』


『無人の野菜販売所に、誰もがきちんと料金をおいていく』

『震災で128万人も被災したのに、略奪の報告が無い』

『公衆トイレにまでピカピカのウォシュレット』

『何千人もの人が無言で行き交う駅構内、静かすぎ』


1章で挙げた、『Only in Japan』の事例も、『日本人は全員、皇室の分家で親戚同士』で説明できます。


『無人の野菜販売所に、誰もがきちんと料金をおいていく』

うんうん、親戚同士ならそうでしょう。


『震災で128万人も被災したのに、略奪の報告が無い』

親戚みんなヒドい目に遭ってる時に、親戚から泥棒できるか?


『公衆トイレにまでピカピカのウォシュレット』

親戚同士が使うトイレの備品を盗んだり汚したりしないでしょ。


『何千人もの人が無言で行き交う駅構内、静かすぎ』

親戚の集まる場所で騒いでたら、ねぇ。


自覚せずに自然にこういう行動をしてしまう・・・・・それはあなたの血が、そうさせているのです。

『血は水よりも濃い』・・・・ですね。


他にも『日本人は全員、皇室の分家で親戚同士』だ・か・ら、


『あからさまでピカピカでデーハーなお洒落よりも、裏地に凝って、それにどえらい金を費やす洒落を、粋と感じる日本人』

親戚同士の集まりで、金ピカな格好はNG、というわけです。


『江戸時代のからくり人形、あるいは世界一の複雑かつ多重工程のメンドーな製法の日本刀、職人が手叩きして外装の板金部品をフィットさせていた零戦』

とことんまで突き詰めて凝って凝って凝りまくった作品の数々・・・なんせ親戚がお客ですから。

内輪ウケする作品を目指すと凝りまくっちゃいますよね。

コミケに出す同人誌を作る時に、『お客さん全部、あなたの親戚だから』と言われたら、はりきって凝ったモノ創っちゃうでしょ?


ネトゲ(ネットゲーム)の難易度も、日本人向けのサーバーだけは、別格に難しくしていることがあるそうです。

日本人が集まってチームを作ると、お互い無言なんだけど勝手に勝手に有機的かつ効果的に連携し、たちまちクリアーしてしまうから、ということらしいです。


他にも無数に『日本人は全員皇室の分家で親戚同士』で説明できる『Only in Japan』や『日本人の得意技』の例はありますが、このぐらいにしておきます。


第7章 日本は部族国家である


全員が血縁で結ばれた集団を何と呼ぶかというと、いろいろあります。


家族・親族・眷属・氏族・部族などですね。

この中で一番規模が大きいのは部族、ですよね。


『日本人は全員皇室の分家で親戚同士』ならば、日本人は『部族日本』あるいは『日本部族』と命名してもいいかと思います。


その日本部族、が構成する日本国=部族国家、でしょ?でしょでしょ?


ここで第一部のタイトルが、やっと出てきます。『日本は部族国家である(仮題)』。


やっとここまでたどりつきました。ふぅ。


第2部 『血が命じた』では、究極の『Only in Japan』である、『大東亜戦争における特攻』について『日本人はなぜ特攻できたのか』について書きたいと思います。


第2部 『血が命じた』


第1章 蜂と蟻


蜂や蟻のような、集団を作り、その中に女王や働き蟻(蜂)のような階層があるような生活をしているなど、人間のそれに似た社会的構造を備える昆虫を社会性昆虫と呼ぶ。社会性昆虫のうち、不妊の階層があるものを真社会性昆虫と呼ぶ。この集団は実際には家族集団であり、内容的には人間の社会とは大きく異なる。(WIKIより)


さて、ここでイキナリ蜂だの蟻の話かよ、と戸惑われた方もいらっしゃるかとは思いますが、上文のこちらにご注目ください。


『この集団は実際には家族集団であり』


つまり、集団が全て血縁で構成されている、という意味ですね。


女王に受精するために存在する数匹の♂以外は、全員女王の子ですから当然です。


女王が本家、一般個体が分家である、と考えますと、分家それぞれにも伴侶が存在する、という違いはあるものの、第1部『日本は部族国家である(仮題)』で証明された、『日本人は全員皇室の分家(で親戚同士)』と、非常に似通った集団です。


社会性昆虫の集団と、日本国の共通点は、


1,全員血縁 2,集団である 3,階層が存在する 以上の3つです。


そのような昆虫を社会性昆虫と呼ぶならば、日本人は社会性人間である、と定義してもいいのではないかと思います。


社会性人間が構成する国家は『社会性国家』ですね。


日本国は『部族国家』かつ『社会性国家』である、と命名します。


第2章 生物学における超個体とは


さて、社会性昆虫の集団には別名があります。


その集団自体を、1つの個体と定義し、超個体と呼ぶのです。


超個体

社会性昆虫においては、その構成員が互いに依存して生活し、単独の個体での生存が考えがたいこと、また生殖するのがその中の単独の個体であり、繁殖する場合、新しい群れを作る形で行われることなどから、群れを一つの個体に当たると見なし、これを超個体と呼ぶ場合がある。この考えを最初に提唱したのはアリの研究家であったホィーラー(W. M. Wheeler)で、彼は社会性昆虫全般について集大成した。彼は、これらの昆虫の群れを超有機体(superorganism)と呼んだ。今西錦司は雄蜂の存在を無視しているなどとこれを批判しつつも、やはり群れを一つの個体に当たる単位と見なしている。(wikiより)


社会性昆虫の作る1集団を1個の超個体と呼ぶならば、社会性人間である日本人の集団である日本国も、1個の超個体である、と言い切ります。


日本国=部族国家=社会性国家=超個体国家です。


最終的に『日本は超個体国家』→『日本国は1(超)個体である』と言えます。


第3章 東洋ミツバチの特攻


東洋ミツバチも特攻します。


スズメバチの戦闘力は53万、しかもあと2回変身を残しています。

たった1匹のスズメバチが、4000匹以上のミツバチを殺戮した例も確認されています。


『天敵であるオオスズメバチに襲われると基本ひとたまりもないが、トウヨウミツバチは偵察に来た一匹だけならば、ミツバチが敵に群がって蜂球という塊を作り、オオスズメバチを蒸し殺すことが出来る。
これはオオスズメバチの耐熱限度が44~46℃であるのに対し、トウヨウミツバチは48~50℃であるために出来る技である。ただしこれをやるといくら対熱力があるトウヨウミツバチと言えど深刻なダメージを受け、蜂球の中心部にいる個体は死んでしまうことも多い。つまり一番槍として的に突っ込んでいく個体は相当勇敢である。

一方セイヨウミツバチはトウヨウミツバチほど熱に耐えられないため、蜂球を作れない。しかし現地の天敵であるモンスズメバチ相手なら、群がって腹部を圧迫し、窒息させるという戦法をとって偵察員を抹殺している。
が、これは身体が大きくパワフルなオオスズメバチには通用しないため、日本などに輸入されたセイヨウミツバチはほとんど繁栄することなく潰される。

どちらにしても数十匹もの軍勢が押し寄せてきた場合ミツバチ側に勝ち目はなく、あっさり巣を壊滅させられてしまう。』 (ニコニコ大百科より)


『ただしこれをやるといくら対熱力があるトウヨウミツバチと言えど深刻なダメージを受け、蜂球の中心部にいる個体は死んでしまうことも多い。』・・・特攻ですよね。


その個体は死んでしまうかもしれませんが、1つの巣を1(超)個体と考えると、そのミツバチの死の意味が変わってきます。

『身体の一部(特攻ミツバチ)は犠牲になったが、(超)個体は助かった』と。


第4章 利己的な遺伝子


『利己的な遺伝子』は、1976年にイギリス人リチャード・ドーキンスに書かれた本です。


ウルトラざっくり要約しますと、生物の進化や行動を、『遺伝子が、より良くより多く残るために個体にそうさせている』という理論です。


それまでも遺伝子の視点から行動や進化を研究した分野はありましたが、この本を著した事で、リチャード・ドーキンスがこの分野の題一人者と認識されました。


この中で、『ある個体にとっては不利益な行動も、遺伝子プールにとっては有益な行動』の例として、蜂や蟻には働き蜂、働き蟻といった不妊階級が存在するが、我が子を残せない階級がなぜせっせと巣に奉仕するのか、という事象について説明がなされています。


いわく、『働きバチ自身が繁殖をするよりも、女王バチの繁殖を助け自身と共通の遺伝子を持つ妹達を増やすことが、遺伝子のコピーを効率的に増やすことになるのである』なるほどなるほど。


超個体という概念を知ってしまった今は、『1(超)個体が、自分が助かるために、身体の一部を犠牲にする』いう説明もできます。


いずれにしても『自分の遺伝子のために、我が身よりも血縁で構成された巣全体を優先する』、ということを違う言葉で説明している、ということですね。


我が身は滅びても巣が無事なら、巣に存在する『自分の遺伝子の大量のコピー』を守れる、といったところでしょうか。


第5章 だから特攻できた。


さて、そろそろ筆者が何を主張したいか皆様お気づきでしょう。


特攻勇士が特攻できた理由は


『自分は日本国という1(超)個体の一部であることを、誰に言われるまでもなく血で理解しており、自分が犠牲になることで、1(超)個体日本国の無事を期待した」もしくは『我が身が滅びても日本国が無事ならば、自身の遺伝子の大量のコピーを護れることを血で知っていた』です。


昔のことなので『超個体』『利己的な遺伝子』という言葉も概念も無かったことでしょう。

ですが、現代の日本人が、世界に驚愕されるような特異な行動をとるように、『血で理解していた』ことでしょう。


彼らは、理論に従ったわけではありません。

現代のイスラム自爆テロ犯は薬漬けで洗脳して作製しますが、日本人は自身の血に命じられて、特攻を自ら志願したのです。


先日、特攻の出撃を生で見送ったという方のお話を聞く機会がありました。


出撃前は、特攻勇士同士『いやぁ、こえぇよぉこえぇよぉ』と言いながら泣いていた、と聞きました。


そりゃそうでしょう、人間誰しも死ぬのは恐い。


ですが、その恐怖に打ち勝って多くの勇士が出撃していきました。

日本人の血がそう命じたからです。


第6章 まとめ


以上、長々と論じてきましたことをまとめます。


『日本人は全員皇室の分家で親戚同士である』

=『ゆえに、日本は部族国家である』

=『ゆえに、日本は社会性国家である』

=『ゆえに、日本は1個の超個体である』

=『ゆえに、日本人は世界に類を見ない特異な行動をする、できる』

=『ゆえに、特攻できた』


今まで日本人はどうして特攻できたかを、研究したものはたくさんありますが、心理的な方向や世間のしがらみ的な方向、そもそも教育がそうだったから、という観点から説明したものがほとんどです。


今回自分は、生物学的遺伝子科学的な方向から、特攻できた理由を説明できた、と思っています。


みなさまはいかがお考えでしょうか。


                 筆者=ボウズPこと沓澤亮治

日本人はなぜ特攻できたのか(仮題) 完


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第5章 だから特攻できた。


さて、そろそろ筆者が何を主張したいか皆様お気づきでしょう。


特攻勇士が特攻できた理由は


『自分は日本国という1(超)個体の一部であることを、誰に言われるまでもなく血で理解しており、自分が犠牲になることで、1(超)個体日本国の無事を期待した」もしくは『我が身が滅びても日本国が無事ならば、自身の遺伝子の大量のコピーを護れることを血で知っていた』です。


昔のことなので『超個体』『利己的な遺伝子』という言葉も概念も無かったことでしょう。

ですが、現代の日本人が、世界に驚愕されるような特異な行動をとるように、『血で理解していた』ことでしょう。


彼らは、理論に従ったわけではありません。

現代のイスラム自爆テロ犯は薬漬けで洗脳して作製しますが、日本人は自身の血に命じられて、特攻を自ら志願したのです。


先日、特攻の出撃を生で見送ったという方のお話を聞く機会がありました。


出撃前は、特攻勇士同士『いやぁ、こえぇよぉこえぇよぉ』と言いながら泣いていた、と聞きました。


そりゃそうでしょう、人間誰しも死ぬのは恐い。


ですが、その恐怖に打ち勝って多くの勇士が出撃していきました。

日本人の血がそう命じたからです。


6章 まとめ


以上、長々と論じてきましたことをまとめます。


『日本人は全員皇室の分家で親戚同士である』

=『ゆえに、日本は部族国家である』

=『ゆえに、日本は社会性国家である』

=『ゆえに、日本は1個の超個体である』

=『ゆえに、日本人は世界に類を見ない特異な行動をする、できる』

=『ゆえに、特攻できた』


今まで日本人はどうして特攻できたかを、研究したものはたくさんありますが、心理的な方向や世間のしがらみ的な方向、そもそも教育がそうだったから、という観点から説明したものがほとんどです。


今回自分は、生物学的遺伝子科学的な方向から、特攻できた理由を説明できた、と思っています。


みなさまはいかがお考えでしょうか。


                 筆者=ボウズPこと沓沢亮治


『日本人はなぜ特攻できたのか(仮題)第2部 第4章』


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第4章 利己的な遺伝子


『利己的な遺伝子』は、1976年にイギリス人リチャード・ドーキンスに書かれた本です。


ウルトラざっくり要約しますと、生物の進化や行動を、『遺伝子が、より良くより多く残るために個体にそうさせている』という理論です。


それまでも遺伝子の視点から行動や進化を研究した分野はありましたが、この本を著した事で、リチャード・ドーキンスがこの分野の題一人者と認識されました。


この中で、『ある個体にとっては不利益な行動も、遺伝子プールにとっては有益な行動』の例として、蜂や蟻には働き蜂、働き蟻といった不妊階級が存在するが、我が子を残せない階級がなぜせっせと巣に奉仕するのか、という事象について説明がなされています。


いわく、『働きバチ自身が繁殖をするよりも、女王バチの繁殖を助け自身と共通の遺伝子を持つ妹達を増やすことが、遺伝子のコピーを効率的に増やすことになるのである』なるほどなるほど。


超個体という概念を知ってしまった今は、『1(超)個体が、自分が助かるために、身体の一部を犠牲にする』いう説明もできます。


いずれにしても『自分の遺伝子のために、我が身よりも血縁で構成された巣全体を優先する』、ということを違う言葉で説明している、ということですね。


我が身は滅びても巣が無事なら、巣に存在する『自分の遺伝子の大量のコピー』を守れる、といったところでしょうか。


5章に続きます。


『日本人はなぜ特攻できたのか(仮題)第2部 第3章』


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第3章 東洋ミツバチの特攻


東洋ミツバチも特攻します。


スズメバチの戦闘力は53万、しかもあと2回変身を残しています。

たった1匹のスズメバチが、4000匹以上のミツバチを殺戮した例も確認されています。


『天敵であるオオスズメバチに襲われると基本ひとたまりもないが、トウヨウミツバチは偵察に来た一匹だけならば、ミツバチが敵に群がって蜂球という塊を作り、オオスズメバチを蒸し殺すことが出来る。
これはオオスズメバチの耐熱限度が4446℃であるのに対し、トウヨウミツバチは4850℃であるために出来る技である。ただしこれをやるといくら対熱力があるトウヨウミツバチと言えど深刻なダメージを受け、蜂球の中心部にいる個体は死んでしまうことも多い。つまり一番槍として的に突っ込んでいく個体は相当勇敢である。

一方セイヨウミツバチはトウヨウミツバチほど熱に耐えられないため、蜂球を作れない。しかし現地の天敵であるモンスズメバチ相手なら、群がって腹部を圧迫し、窒息させるという戦法をとって偵察員を抹殺している。
が、これは身体が大きくパワフルなオオスズメバチには通用しないため、日本などに輸入されたセイヨウミツバチはほとんど繁栄することなく潰される。

どちらにしても数十匹もの軍勢が押し寄せてきた場合ミツバチ側に勝ち目はなく、あっさり巣を壊滅させられてしまう。』 (ニコニコ大百科より)



『ただしこれをやるといくら対熱力があるトウヨウミツバチと言えど深刻なダメージを受け、蜂球の中心部にいる個体は死んでしまうことも多い。』・・・特攻ですよね。


その個体は死んでしまうかもしれませんが、1つの巣を1(超)個体と考えると、そのミツバチの死の意味が変わってきます。

『身体の一部(特攻ミツバチ)は犠牲になったが、(超)個体は助かった』と。



4章に続きます。


筆者の描いた、手描き日の丸Tシャツはいかがでしょうか


『日本人はなぜ特攻できたのか(仮題)第2部 第2章』


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

2章 生物学における超個体とは


さて、社会性昆虫の集団には別名があります。


その集団自体を、1つの個体と定義し、超個体と呼ぶのです。


超個体

社会性昆虫においては、その構成員が互いに依存して生活し、単独の個体での生存が考えがたいこと、また生殖するのがその中の単独の個体であり、繁殖する場合、新しい群れを作る形で行われることなどから、群れを一つの個体に当たると見なし、これを超個体と呼ぶ場合がある。この考えを最初に提唱したのはアリの研究家であったホィーラー(W. M. Wheeler)で、彼は社会性昆虫全般について集大成した。彼は、これらの昆虫の群れを超有機体(superorganism)と呼んだ。今西錦司は雄蜂の存在を無視しているなどとこれを批判しつつも、やはり群れを一つの個体に当たる単位と見なしている。(wikiより)


社会性昆虫の作る1集団を1個の超個体と呼ぶならば、社会性人間である日本人の集団である日本国も、1個の超個体である、と言い切ります。


日本国=部族国家=社会性国家=超個体国家です。


最終的に『日本は超個体国家』→『日本国は1(超)個体である』と言えます。


3に続きます


日本人はなぜ特攻できたのか(仮題) 第2部 第1章


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第2部 第1章 蜂と蟻


蜂や蟻のような、集団を作り、その中に女王や働き蟻(蜂)のような階層があるような生活をしているなど、人間のそれに似た社会的構造を備える昆虫を社会性昆虫と呼ぶ。社会性昆虫のうち、不妊の階層があるものを真社会性昆虫と呼ぶ。この集団は実際には家族集団であり、内容的には人間の社会とは大きく異なる。(WIKIより)


さて、ここでイキナリ蜂だの蟻の話かよ、と戸惑われた方もいらっしゃるかとは思いますが、上文のこちらにご注目ください。


『この集団は実際には家族集団であり』


つまり、集団が全て血縁で構成されている、という意味ですね。


女王に受精するために存在する数匹の♂以外は、全員女王の子ですから当然です。


女王が本家、一般個体が分家である、と考えますと、分家それぞれにも伴侶が存在する、という違いはあるものの、第1部『日本は部族国家である(仮題)』で証明された、『日本人は全員皇室の分家(で親戚同士)』と、非常に似通った集団である、とあえて言い切ります。


社会性昆虫の集団と、日本国の共通点は、


1,全員血縁 2,集団である 3,階層が存在する 以上の3つです。


そのような昆虫を社会性昆虫と呼ぶならば、日本人は社会性人間である、と定義してもいいのではないかと思います。


社会性人間が構成する国家は『社会性国家』ですね。


日本国は『部族国家』かつ『社会性国家』である、と命名します。


2に続きます


日本は部族国家である(仮題) 第7章


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第7章 日本は部族国家である


全員が血縁で結ばれた集団を何と呼ぶかというと、いろいろあります。


家族・親族・眷属・氏族・部族などですね。

この中で一番規模が大きいのは部族、ですよね。


『日本人は全員皇室の分家で親戚同士』ならば、日本人は『部族日本』あるいは『日本部族』と命名してもいいかと思います。


その日本部族、が構成する日本国=部族国家、でしょ?でしょでしょ?


ここでタイトルが、やっと出てきます。『日本は部族国家である(仮題)』。


やっとここまでたどりつきました。ふぅ。


次回からは、自分が最も書きたかった『日本は部族国家である(仮題)』の爆裂締めくくり編、究極の『Only in Japan』である、『大東亜戦争における特攻』について、『日本人はなぜ特攻できたのか(仮題)』が始まります。

『日本人はなぜ特攻できたのか(仮題)』一部 『日本は部族国家である(仮題)』完


日本は部族国家である(仮題)  第6章


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第6章 だから『Only in Japan』


『無人の野菜販売所に、誰もがきちんと料金をおいていく』

『震災で128万人も被災したのに、略奪の報告が無い』

『公衆トイレにまでピカピカのウォシュレット』

『何千人もの人が無言で行き交う駅構内、静かすぎ』


1章で挙げた、『Only in Japan』の事例も、『日本人は全員、皇室の分家で親戚同士』で説明できます。


『無人の野菜販売所に、誰もがきちんと料金をおいていく』

うんうん、親戚同士ならそうでしょう。


『震災で128万人も被災したのに、略奪の報告が無い』

親戚みんなヒドい目に遭ってる時に、親戚から泥棒できるか?


『公衆トイレにまでピカピカのウォシュレット』

親戚同士が使うトイレの備品を盗んだり汚したりしないでしょ。


『何千人もの人が無言で行き交う駅構内、静かすぎ』

親戚の集まる場所で騒いでたら、ねぇ。


自覚せずに自然にこういう行動をしてしまう・・・・・それはあなたの血が、そうさせているのです。

『血は水よりも濃い』・・・・ですね。


他にも『日本人は全員、皇室の分家で親戚同士』だ・か・ら、


『あからさまでピカピカでデーハーなお洒落よりも、裏地に凝って、それにどえらい金を費やす洒落を、粋と感じる日本人』

親戚同士の集まりで、金ピカな格好はNG、というわけです。


『江戸時代のからくり人形、あるいは世界一の複雑かつ多重工程のメンドーな製法の日本刀、職人が手叩きして外装の板金部品をフィットさせていた零戦』

とことんまで突き詰めて凝って凝って凝りまくった作品の数々・・・なんせ親戚がお客ですから。

内輪ウケする作品を目指すと凝りまくっちゃいますよね。

コミケに出す同人誌を作る時に、『お客さん全部、あなたの親戚だから』と言われたら、はりきって凝ったモノ創っちゃうでしょ?


ネトゲ(ネットゲーム)の難易度も、日本人だけは別格に難しくしているところも、あるそうです。

日本人が集まってチームを作ると、お互い無言なんだけど勝手に勝手に有機的かつ効果的に連携し、たちまちクリアーしてしまうから、ということらしいです。


他にも無数に『日本人は全員皇室の分家で親戚同士』で説明できる『Only in Japan』や『日本人の得意技』の例はありますが、このぐらいにしておきます。


第7章に続きます


日本は部族国家である(仮題)第5章


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

第5章 あなたの血統を勝手に分析します


あなたにはお父さんとお母さんが居ます。

どんな人でも必ず居ます。


そのお父さんお母さんにも、それぞれお父さんとお母さんが居ます。


この時点で、2世代前のあなたのご先祖様は4人、ということになります。


平均25才ぐらいで出産するとして、あなたのご先祖様は、25年前に2人、50年前は4人、75年前は8人、100年前は16人ですね。


さて、100年ぐらい前なら平均出産年齢は少なく見積もっても20才ぐらいでしょう。

動揺、赤とんぼの歌詞に『♪ねぇやぁ~は15でぇ~嫁に行きぃ~♪』というのがありますから。


120年前は32人、140年は64人、160年前は128人のご先祖様です。


あなたには、


180年前 256人

200年前 512人

220年前 1024人

240年前 2056人

260年前 4112人

280年前 8224人

300年前 16448人

400年前 526336人

500年前 16842752人 のご先祖様がいます。


ちょっと驚く数字ですが、必ずこの数のご先祖様がいらっしゃいました。


そうでなければ、今この時点で、あなたは存在していないのですから。


『あなたのご先祖様の中には、全国に散らばって定着繁栄し、今なお続いている血統すら、多く存在する、源氏・平氏・藤原氏の一員が、誰一人いない』なんて、あり得ません。


500年の昔に戻って、あなたのご先祖様約1700万人を集めます。

その中に佐藤さんや斎藤さんや加藤さん、尾藤さん藤堂さん進藤さんや伊藤さん、細川さんや織田さんや千葉さんや佐竹さんや伊達さんが1人もいない?・・・・・・・・・・・・ハズ無いだろがっっ!!!ということです。


つまり、あなたは源氏・平氏・藤原氏の末裔でいらっしゃいます。


源氏・平氏・藤原氏の末裔ということは、皇室の末裔である、ということなのです。

なにせ源氏・平氏・藤原氏は皇室の枝なのですから。


ばっさり要約しますと、日本の血縁を分析した結果、総本家が皇室、その他は全部その分家である、と断言します。


第6章に続きます


日本は部族国家である(仮題) 第4章


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

4章 源氏と平氏と藤原の皇室との血縁関係


源氏も平氏も藤原氏も、皇室の血縁です。


源氏は21人の天皇の子息から源氏二十一流が発生しました。


1嵯峨源氏  2仁明源氏 3文徳源氏  4清和源氏 5陽成源氏 6光孝源氏  7宇多源氏  8醍醐源氏 9村上源氏 10冷泉源氏 11三条源氏  12後三条源氏  13後白河源氏 14順徳源氏 15後嵯峨源氏 16後深草源氏 17亀山源氏  18後二条源氏19後醍醐源氏 20正親町源氏 21花山源氏 の21氏です。


この中で一番有名なのがもちろん、源頼朝と足利尊氏2人の幕府創設者を輩出し、歴代大征夷大将軍職を独占することになった清和源氏です。


清和源氏ですからもちろん清和天皇(在位858881)の子孫です。


平氏は桓武平氏、仁明平氏、文徳平氏、光孝平氏の4流です。

ですが、後世に残ったのはほとんど桓武平氏でした。


平家物語が平氏物語でないのは、多数の平氏の中の1つに過ぎない、平清盛の一族が中心の物語だからです。

平清盛一家物語、略して平家物語、ジャマイカ、と思ってます。


平清盛一家は壇ノ浦で滅びましたが、他の平氏は存続し、一番の有名なのはゲームの世界では野望ばっかり抱いてる織田信長です。


信長の子孫であるスケートの織田選手は、信長の子孫であると同時に、桓武天皇の子孫でもあります。


藤原氏は、血縁的に皇室とズブズブの関係です。


みなさんご存知のように、帝に娘を嫁がせ、皇室の外戚として力をふるう、皇太子以外の王子を多数婿に迎える、ことで発展した婚姻政治のプロフェッショナルです。


そもそも始祖たる中臣鎌足あらため藤原鎌足の正妻の鏡王女が、皇族でした。なんせ王女ですから。

舒明天皇の皇女ないし皇孫である、という説があります。


藤原不比等の母であり、天智天皇(中大兄皇子)の妃でした。
・・・・・・・鎌足は帝の『お古』をちょうだいしたのです。


藤原不比等がふるった絶大な権力から、本当の父親は天智天皇である、という説も昔からあります。


天智天皇のお古を有り難く正妻に迎え、自分の子ではない息子を自分の後継者にした・・・これがもし真実だったならば、鎌足ちゃんってば何考えてんのよぉぉ〜なんて思います。



・・・・・もしかして・・・・・女性には興味無くって・・・・・天智天皇とは、いわゆる『ウホっ』な関係だった・・・・・愛する男の子を我が後継者にした・・・・などと、腐女子全開な妄想が爆発するところです。

いわゆる『本が薄くなる』というやつですね。


ですから、源氏と平氏と藤原氏が全国に散らばり定着し繁栄した、ということはつまり、皇室の血が全国に広がった、ということなのです。


第5章に続きます



最新記事
閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:

  • ライブドアブログ