匿名希望の「明日の誠」さんからご意見いただきました。
長文ありがとうございました。


お手数ですがブログランキングにご協力ください。

よかったらしきしま会Youtubeチャンネル登録よろしくお願いします

日韓慰安婦合意の日本側の一方的破棄について

 桜井誠党首率いる日本第一党は、しきしま会という東京を中心とした関東圏のみを活動範囲としている団体とは異なり、北は北海道、南は沖縄まで全国を股にかけて活動される全国規模の国民政党だと私は認識しております。
 
そのような全国規模の国民政党に対し、しきしま会という零細団体が日本第一党の政策に掲げている日韓慰安合意破棄について動画で批判されたことについて、党首自らのブログで「牙を剥いてきました」という表現をもちいられたということは、日韓合意の破棄はそれだけ実現性があり、且つ、必要度の高い政策を批判されて心外であると認識しております。
 
同意破棄の弊害については、推論ですが述べさせていただいておりますが、そのようなことは当然把握されてそれでも尚、フソノメイヨという一点に於いて同意破棄が必要ということだと主張されていると私は認識しております。
 
そのような政策を具体的に達成する手法・手順を全く考えていないとは私には到底思えません。私どもにその説明が無いのはきっと全国を又に活動をされてご多忙だからであり、党の政策にHPに掲載しているからには実現可能な手法・手順を考えていない訳ではないと確信しております。ただ、この日韓合意の破棄はかなり時間的制約がある可能性があります。
 
というのも現在の韓国の国内国際的状況下では、日韓両国の国民感情から日韓断交の方が先行してしまう、もしくは国家の存立自体が危うくなり、他国の自治区または編入などの事態が生じてしまい韓国の外交権が消失してしまう可能性があるからです。
 
そのような事態になってから日韓合意破棄したとしても既に合意自体が無形化してしまうと解釈されてしまうので、ソフノメイヨがないがしろにされてしまうとも日本第一党を支持している方々は思われるでしょう。
 
なのでそのような事態になる前に早急に日韓合意の日本側からの一方的破棄を実現しなくてはいけないかと認識しております。
 
現在の国民の理解を得られていない状況においてそのようなことは大変困難かと思いますが、もしそれをあきらめてしまったら日本第一党の存続の意義を問われる事態になりかねないか?と心から心配しております。
 
保守主義の行方を見定めるためにも、是非具体的な手法と手順を提示していただき、全国政党としての教示を示していただけるよう、よろしくお願い申し上げます。
 
しきしま会Youtubeチャンネル登録よろしくお願いします
ブログランキングにご協力ください。  

政治家とのキャッチボール

新しい政党の政策、みなさんどう思われます?
これって本当に出来るの?こんなの嘘だろう?
そのように思ってしまうものってたくさんあるかもしれません。
そのようなときあなたならどうしますか?

現在ではそのような時とても便利な道具があります。
ツイッターです。
ツイッターで新しい政党の政策、党首や党の関係者に聞いてみてはいかがでしょうか?
例えば日韓合意破棄を日本から一方的に行うと主張されますが、どのような方法でされるんでしょうか?とか。

合意を一方的に破棄することに対しての日本に於ける国際的信用をどのように考えられているか?とか。

公党の党首という立場であれば、理念的な内容もしてもいいかもしれません。

例えば、自分の政策を批判した場合、自分を支持している方々が自分の政策を批判した人にたいして過去の行為をあげつらって批判することについてどのように思われますか?とか。
 
フソノメイヨということを大切にしなくてはいけないと主張されているのに自らは父祖の継承である名字を名乗らずにペンネームで活動されているのはどのような理念に基づくものでしょうか?とか。
 
あるいは自らはペンネームで活動しているのに他人の名前を自らは橋下(ハシモト)と呼称しているにもかかわらず、わざわざ(ハシシタ)と呼ばれているのはいかなる理念に基づかれていらっしゃるのでしょうか?とか。

その政党の党首の方に対する誹謗中傷ならともかく、嘘をつかない政治を表明されている日本のことを第一に考えられてる政党であれば、政治理念、政策等、公に関わることであれば、ブログや動画で懇切丁寧に答えていただけると思います。
 
その際に気をつけてくれぐれも気をつけて頂きたいのは過去の社会規範に反する行為や出生、身体的な内容等をあげつらってその人を批判すると場合によっては名誉毀損が成立する恐れがあります。そこまで至らなくても公安監視の対象になる事態も十分考えられます。
あくまでも公人としての政策や理念に関してのみに限って頂いた方が賢明かと存じます。

もちろん、公党の党首ならば多忙を極めているでしょうから、様々な質問に対してなかなかお答えいただけないことも間々あるかと思います。
 
その場合にはその方々を支持されている人たちに聞いてみてはいかがでしょうか?
現在特定の支持を得ている政党ならともかく、新しい政党を支持している方々は当然その政党の支持が広がることをきっと望んでいるでしょう。なのでその質問にたいし真摯に答えていただけるよう党首にお願いしてくれるでしょう。そのようにして政治家とのキャッチボールが行われていけばその政党の理解が深まり、きっとその政党が支持されるようになると思います。

もちろんそのようなキャッチボールが嫌いな党首もいらっしゃるかもしれません。
中にはその党首の支持者がボールを投げたことに怒りを発して泥をつけて投げ返してくるかもしれません。そしてそのようなボールをなげられたら最初にボールを投げた方が汚れてしまいます。
 
自分が汚れることを未然に防ぐことは出来ないでしょうか?
ツイッターなら最初から汚れてもいいように新しいアカウントをつくってボールを投げることが出来ます。
 
もし支持者が汚れたボールを投げ返してきたら、ほかの支持者にも同じボールを投げてみてもいいかもしれません。
 
いろんな種類のボールをいろんな角度から投げてみるのもいいかもしれません。

そうすれば、この政党はどのように政治をどのような姿勢でどのような考えで行うのか?
きっと見えてくると思います。