しきしま会米国東海岸特派員から現地の状況と犯罪傾向についてレポートがありましたのでご紹介いたします。

アカの行動は日本でもアメリカでも世界でも共通ですよね。

先日のアカ教師なのですがトランプに変わればこれからアメリカが戦争(民族、宗教戦争)に巻き込まれるとか
訳のわからない事言ってましたよ。→もうすでに米国は戦争中なのですが。。。

そして授業の最後に日本の2つの原爆はとても悲しい出来事だとか言って自分に意見求めようする始末。。。

ってか!お前らハーグ陸戦条約を無視して

無差別に一般日本市民虐殺(原爆2発しかも違うタイプの2つを投下して人体の被害を研究)をどう思うのか?と

突っ込み入れようと思いましたが突っ込み入れると逆ギレされそうなので話をそらして

「日本は震災しても略奪や混乱もなく直ぐに復興して発展できる国です。」と皮肉を言っときました。

つい先日日本では絶対にあり得ない事件がありました。

お手数ですがブログランキングにご協力ください。


よかったらしきしま会Youtubeチャンネル登録よろしくお願いします

妻の病院で医師が銃で撃たれて死亡という。。。

なぜ撃たれたか?

それは患者が死んだから身内が恨んでキレて担当医師を撃った!

えー!

しかもセキュリティーがないエリアを通過して医師の部屋に入り銃を身体に密着させて発砲!しかもその医師は子供が先日産まれたばかり。。。

アメリカらしい狂った犯行です。。。

私が客観的に感じている事ですが

白人(朝系)はどちらかというと粘着質な犯行→たいした事のない事で勝手に妄想してキレる→相手が油断している時に犯行

黒人(中系)は単純明快な犯行→即犯行

ときどき黒人の多いスラム街のギャング抗争エリアでは銃撃が日常ですが、そのギャング抗争で撃たれた相手が病院に運び込まれて重体とわかると、その抗争相手が止めを刺しに病院に乗り込んで止めを刺しに来るという徹底ぶり。

そのエリアの警察は病院の周りにしばらく厳戒態勢になります。(今年の夏の事件です。)
移民の国の恐ろしさですね。。。

私の住んでるエリアは治安がいいエリアなので大丈夫なのですが貧困スラム地区はかなり危ないですね。。。

日本も絶対移民を入れてはダメだといつも感じています。(もう既に大陸、半島からの不法移民いますが。。。)

よく妻は海外移住が長くよく私に言ってる事なのですが「壁に落書きがある地区は気をつけろ!」です。

治安がいいエリアはまったく落書きがありません。(世界共通です。)→警察が夜でもよく見回っているので落書きができないのです。

先日コロンビアで日本人の学生が銃で撃たれ死亡と報道ありましたが、治安の悪い海外に住んだ事のないゆとり学生が旅行するとどうなるか?いい例ですよね

私(180cm体重100キロでプロレスラー体系)みたいに外見が怖いので怖い人もスルーします。日本で空手と柔道を経験した私でも銃には勝てないので、外出して危険な状況でどうやって身を守るか?いつも考え気を付けて危機管理能力を上げて過ごしているのに、治安が安全な国でぬるま湯に浸かっている日本人は、海外に仕事、旅行、勉強に行くのにもう少し危機管理能力を身に着ける必要があると思いました。

しきしま会が提案している「退職自衛官・警官に護身術の授業をさせる」というのにピッタリの米国特派員の意見でした。
日本だけがこんなに治安が良い、日本だけが特殊、ということをキチンと子供に教育したいものです。

ブログランキングにご協力ください。