とある賢者さんに、アメリカの事情をわかりやすく解説していただきましたのでご紹介いたします。

ブログランキングにご協力ください。


しきしま会Youtubeチャンネル登録よろしくお願いします

グローバルを進めた結果、格差が広がり、
今のままの政治ではいけないと思う人たちが増えたことが、トランプ支持につながっている。
女性問題が表に出ても、支持率はあまり変ってないんですよね。

トランプの発言で移民に対する拒否意識が高まり、失業者と大学と関連づけて説明していました。
公立の大学は、ここ何年間で授業料が二倍になっているそうです。
いくらになったのかは、わからなかったのですが、
学生は、奨学金をもらうと360万(だったか)、の借金を背負ってしまうそうです。

大学で勉強したことが生かせる職に就けるかわからないし、
借金を負うのが嫌で、大学を辞めて働き始めた人の話。
高い授業料が、移民学生を受け入れるために使われていると知って憤る母親。
の話がとりあげられていました。

奨学金もらったら、そのまんま借金?
授業料アップは、移民学生のため?
あら、似たような話が日本にもあるじゃないですか。

私のときは、国立大学の授業料は年間96000円(いつの時代?ww)
三つ上の先輩は、年18000円。
今は50万以上ですよね。

留学生のために値上げしたんじゃないでしょうかね。
昭和50年代に留学生は、学部にひとりか二人でしたが、
今は国立は留学生が多いんですよ。
東大も九大も筑波も、中国人だけでも1000人以上いるみたいです。

日本人に高い授業料を払わせ、留学生にくれてやる。
日本の学生には奨学金をもらわせて、結構な利息の借金を負わせる。
やってることは、アメリカも日本も同じなんですね。
で、それで儲かっている人たちがいるんですよね。

このことに関しては、まだまだ日本人は怒りが足らないぞ、と思いました。

また、欧米諸国の保守勢力が連携を強めている、とも言っていました。
イタリアの保守、フランスのルペンなど、欧米の保守勢力が連携し始めているそうです。
たとえ、トランプが負けてもこの流れは変らないんだそうです。
 
しきしま会Youtubeチャンネル登録よろしくお願いします

ブログランキングにご協力ください。