民進党唯一にして最大の支持組織、日本労働組合総連合会に抗議街宣を開催しました。20160621

・共産党の支持組織全労連とその昔殺しあってた連合が、共産党と共闘を見過ごしていいのか
・経済政策ゼロの民進党を支持してたら給料下がるぞ
・全労連の奴隷になってもいいのか
・赤旗を購入させられるぞ
 ・共産党に提出した組合員名簿で勧誘に来るぞ
・しばき隊が迷惑なので有田芳生に来ないように言って欲しい

などなどを訴えてきました。

 ぼず


この他の映像はこちらでごらんください

とくまつ

ぞっき
しま
しずか
げんかん
いその
あいあい
意見書を提出してきました(11回目)
いけん 

           意 見 書

  日本労働組合総連合会 御中


       民進党支持についてに下記の内容を意見させて頂きます。


                  記


 62日参議院選挙連合決起集会を開催し、政策協定書を締結して連合として民進党を全面的に支持をするということに決まりました。

 果たして民進党の言っていることは信用が出来るのでしょうか?

 協定書を締結したとのことですが、残念なことに民進党は既に多くの候補者市民連合がついています。市民連合は実質的には共産党のフロント組織であり、暴力団がよく使用するフロント企業の様なもので、関わると結局は共産党の餌食になってしまう恐れが多分にあります。そして選挙戦でまずは名簿を含む個人情報が流出することになり、赤旗の強制購入、共産党への勧誘、組織破壊などが行われる危険性が多分にあります。赤旗の強制購入については橋本前市長も共産党志位委員長を強く批判しています。

 共産党と手を組むことを拒んでいた人もいましたが、実際にはしばき隊等とも思われる恫喝行為とママの会等の支持団体の洗脳行為で一人ひとり共産党と手を組むような方向で進んでしまっています。

 その中には目黒区・世田谷区の様に民進党の許可を得ているとは思えない市民連合を媒介として民共党一体化が進んでおり、政策協定の提案迄進められています。

 さらに岡田代表を含む民進党執行部は舛添知事に於いて自民公明が支援したことを批判しているが、連合東京も支援したのであり、民進党がこのことを強調するのは連合東京を批判することと同じことになってしまう。悪いのは舛添知事自身であり、べつの側面で見れば、自民公明そして連合東京も舛添知事に騙された被害者です。それなのに、連合が如何に民主党を支援していたことを棚上げにして、連合にも泥を塗るような行為をすることに連合として怒りを感じていることでしょう。

 そして、民進党の有田議員が横田めぐみさんの孫の写真を提供しました。この写真については入手ルートもさまざまな疑惑があるが、一番の問題は非公開にしてほしいというものをマスコミに提供してしまったことです。救う会の方々の心情を考えると、許しがたい所業かと思います。

連合のUAゼンセンは拉致問題の解決に対して救う会と協力して全面的に協力されていらっしゃったことは重々承知しております。

このような議員が民進党の看板を背負った比例候補であることに連合として許して於けるのでしょうか?私どもとしては民進党に移行するにあたり、有田議員は排除すべきだと提言いたしましたが、何故聞き入れていただけなかったのか理解が出来ません。

 今回の参議院選挙で連合としての方針として民進党の支持をするのを変えろとは申し上げませんが、実際問題として、民進党を支持すると、身勝手な議員が連合の利益を省みず、自らの保身を図る為共産党手を組んで、連合の労働組合員の方々に迷惑な行為をかけることは時間の問題かと思われます。そのことを重々考慮していただき今後の連合がどのような政党を支持すべきか?どのような候補者を支援すべきか?今一度連合内部で協議されてみては如何でしょうか?与党一強が問題であるならば、野党として日本の心を大切にする党、おおさか維新の会、そして東京都選出に限定すれば維新政党新風鈴木信行候補、それらの選択肢も最初から否定するのでなく、連合組合員の生活を守るためそして、将来の日本の為の最善の選択肢考慮していただけるようよろしくお願いいたします。

最後に高津会長が過去に主張されていた日本の危機と国民の力を添付いたします。多くの内容について私どもも共感する部分がありますが、特に憲法について書かれていることを抜粋させていただきます。

メアに本部長の発言「憲法が改正されれば日本は米軍を必要としなくなり米国にとってはまずい」との内容の部分だ。これらの本音を持つ米国にわが国の安全保障を委ねているというのは、実は究極的には幻想でしかないと考えるべきであろう。日本と日本人は自分たちで守るしかないのである。



                             以 上

                         平成28年6月21日

                            しきしま会一同

暴力団ミニ講座フロント企業

http://www.web-sanin.co.jp/gov/boutsui/mini17.htm

赤旗購読料は「共産の政党助成金」 橋下氏が持論を展開、共産の助成金廃止主張は「きれい事」

http://www.sankei.com/west/print/141128/wst1411280032-c.html

衆院東京5,6区 「市民連合 めぐろ・せたがや」からの政策協定の提案

http://tokyo-chiki-net.jimdo.com/ 

民進党岡田代表ら、舛添辞職に首相と自民党責任重い

http://www.nikkansports.com/general/news/1663742.html

連合東京が舛添氏支援へ 都知事選、民主と一線

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS18023_Y4A110C1PE8000/

横田めぐみさんの孫、支援者が写真を公開

http://www.asahi.com/articles/ASJ693SH9J69UTIL00D.html

救う会 有田先生と私達の考えは違っている

http://www.sukuukai.jp/mailnews/item_5425.html

UAゼンセン新聞第71号(10月15日号)を発行しました 

逢見会長が北朝鮮向け短波放送「しおかぜ」で訴え

http://www.uazensen.jp/page.php?no=899

日本の危機と国民の力

http://www.jcmetal.jp/files/kikanshi2_301_02-03.pdf


金属労協200万人も抜けるようですし、民進党と足並みをそろえて順調に破滅の道を歩んでいるようです。
ブログランキングにご協力ください。