まともで賢い(お花畑でない)方から、アキバ街宣を外から眺めたご感想を寄せていただきました。
アキバ街宣の模様はこちらです
中にいると分からないことも、街宣の外から冷静に客観的にお知らせくださって、非常にありがたいです。
実は反省会もお誘いしていたのですが、終了の混乱ではぐれてしまい、ご参加かないませんでした。また機会がありましたらぜひ!
たけだ

わたしへのご連絡はこちらからお気軽に!

875ex82z@excite.co.jp

脅迫その他は、努めて法的にややこしい事態に持ち込みますので、それが嫌ならご遠慮ください。
 ブログランキングにご協力ください 

 

しきしま会弁士の方々はもちろん、例の「風呂入れ。顔洗え」な小汚い連中と公安&制服警官の方々。そして、何よりも祝日の秋葉原を闊歩する方々の反応が良く見えました。

もちろん、「あれ?あの後ろ姿な彼女は愛国少女の彼女じゃ
ね?って、あらま、やっぱ彼女だ・・」と、これまた意外?な展開も早々に確認しており、「見学かしら?」なんて思っておりましたら、マイクを持って颯爽とした姿を披露。

それに対して自転車日本一周の途中でしょうか?というぐらいに小汚い日焼け
顔した連中は「ヘイト スピーチ ヤメナサイ!」連呼と、文字通り「あのザマ」ですからね。

いやぁ、あらためて当日の彼女の動画を見せていただきますと、そもそも
が奴らがしている無礼ながらも、何とも心が痛むところです。(まぁ、彼女が美女だからこそ辛いという理由が8割でしょうけどね。あははは)


真っ当に聞こえた弁士は、拡声器が電気街口を向いていたこともあるとは思いますが、「それってぇ~、特権ですよねぇ~?」と言い放ったボウズさんだけでした。
つまり、街宣開始後5分もせずに「うはぁ、こいつら最低な事しやがるな。合法
街宣がまったくもって聞こえやしねぇよっ!」と、当日のそれを思い出すだけでも不愉快になってきますねっ!


それこそボウズさんに対し釈迦に説法となりますが、奴らも「実績報告せねばっ!(金がもらえねぇ!)」と必死なのでありしょうか?
特にあの「黒い横断幕」を駅に
向けて広げ、しきしま会をバックに記念撮影?をしている姿を見た時には、「おいおい、東からも西からもその撮影しなきゃならねぇの?そこまでして実績報告文書にでも添付しなきゃ無払いとかになっちまうのかな?それはそれでご苦労さんだねぇ~」

と、ちょっとばかり気の毒になりました。


その他にも小型拡声器を持ったチンピラ連中も、やたらアグレッシブに右往左往しておりましたが、実際のところ、まったくのノンポリで、例えるならば、客の姿も確認せずに他の店員が言い放った「いらっしゃいませぇ~っ!」の声に、脊髄反射で「いらっしゃいませぇ~っ!」と追従する居酒屋従業員やコンビニ店員のような振舞いでした。

髪の毛がベッタベタなのはまだ致し方無しとして譲歩しようと、せめて顔だけ
でも洗って欲しいもんだと心底思いましたけどね。

あれじゃ、キムチ臭以前の問題で
しょうね。これからの季節、周囲の方々に更なる迷惑となること必至ですね。って、これまたヘイトでしょうか?
そもそもヘイトスピーチって言葉が一般的に認識されて
いる状況皆無であり、法務局も「まぁ、一応、俺らが人権擁護窓口ってことに・・・なる・・の?かな?」ぐらいのもんで、掲示板に例の黄色いチラシをピラリと貼っている程度ですけどね。


でもって、「ったく、公安の連中がさぁ~、排除してくれねぇんだよ!」と、動画で

は言い放っておりましたが、当然、「うん。積極的には排除してませんでしたね!」

と、私も同意見ではございますけれども、なかなかどうして頑張ってくれてました

よ。

もちろん、ボウズさんも、それは知っていての発言だったとは思いますが、『今
日も○○が来てるな』「そうですね・・」と、私の隣でボソボソと打ち合わせ後、ボウズさんの「それってぇ~、特権ですよねぇ~?」との第一声が聞こえたと同時に群衆へと突撃して行きまして、制服警官連中はもちろんのこと、公安や所轄の連中も「おい、拡声器使うな」と、小汚いチンビラどもを抑止しておりました。
というか、
「お?公安の連中は、完全にボウズさんサイドだな」と感じることが出来ましたよ。


やはり、街宣許可時刻をキッチリと守っている様子を筆頭に、「この街宣は、
文字通りの合法街宣」と認識してるんだろうなぁ~という印象でした。


もちろん、ボウズさんが「皆さんご覧くださいっ!あれがご覧いただけますでありましょうかっ!安倍辞めろピコピコハンマー改造自転車ババアも若者と称する連中と共に抗議街宣行進しておりますっ!」と、相手方の合法街宣をその場で拡声器妨害するような人であれば、公安も黙ってはいないでしょうし、そもそも街宣許可が得られないということで、違法占拠のテントでも立てて糞尿の悪臭を放出するのが関の山。

よりも私が「うはぁ、何だこいつ?とんでもねぇ違法妨害動画を自慢げに晒してやがるクズだな」にて早々に脳内削除していたでしょう。
やはり、合法街宣であれば、そ
れが左のそれであろうとも、その行為そのものは「若者?居ないじゃん。超ウケる」と、半笑いで見送りながらも邪魔はしない。これぞ我らが法治国家。日本国の姿でありましょう!と、ついつい熱く語ってしまいましたけれども。


そして、何よりも「うはぁ、こいつら無秩序過ぎるだろ。ここ日本国は、法治国家だぞっ!合法街宣に対してそうくるか?自分に都合が悪ければ言論弾圧して当然。
妨害
当然ってことか?」と腹立たしかったのが、ボウズさんの「こいつら近すぎませんか?排除してくださいよ!」対象であった、サイレントプラカード持ちの連中ですね。


まぁ、プラカード持って遠巻きに立っているだけなら、「まず街宣内容を聞いていただき、それをどのように捉えるかは群衆の方々におまかせいたしましょう!これぞ合法街宣。
VIVA街宣」と、邪魔な連中は装甲車で押しつぶしても知らん顔な赤い国
のとの違いを満喫可能となりましょうけれど、あの威圧行為は何ですか?
前に迫り出
すだけならまだ、まだそれとしも、エスカレーター側。つまり、ボウズさん達の後ろに立って、まるでこちら側であるかのように腐れプラカードを掲げている姿を見た時

には、「うん。そこまでされちゃ、二次会で追加支援確定だなっ!」と、決意しておりました。
これって、例の奴らが批判すると翌日にはAmazonベストセラー確定
効果と同等のそれかもしれませんね。


しかしまぁ、あの姿を見た時には、護送車前で喚いていたお約束馬鹿や、目の前で行ったり来たりしている顔を洗った様子の無い小汚いチンピラのそれとは別の感情が噴出しましたね。
あの行為は、もう、右も左も無いです。絶対にしちゃいけない行為
をやりやがったなっ!と、ボウズさんの不敬に対する「本気でキレると頭に血が昇るどころかスゥ~と退きますね」と同等の感覚を味あわせていただきました。
あれは駄
目ですわ。流石に「おいおいおいおい・・・」と、遠巻きから、3歩前に進みましたからね。「いやいや、ここでボウズさん達に迷惑掛けちゃなんねぇ。奴らに同調して

どうするよ?落ち着け、落ち着け・・・」と、一応、抑止しておりました。


とまぁ、何やら当日の奴らに対する単なる愚痴じゃねぇかよ?状態になってきてしまいましたたけれども、奴らサイレントプラカード持ちどもは、日焼けチンピラどもより少しばかりやり方が賢い。公安も動くに動けない?ところが厄介ですよねぇ。


でもまぁ、ここからが一番お伝えしたかった内容となりますので、「前置きが長過ぎ。というより、単に『奴ら』に対して愚痴ってるだけになってしもうてるやん!」と、ご容赦いただきたいところでありますが、私の位置から本当に良く見えたのが、「単に秋葉原に来た人々」の反応でした。


実際のところ、私のように2時間最初から最後まで居座る方々は全体の3割?いや、2割と言っても言い過ぎではないでしょう。
そりゃそうですよね。秋葉原という街
は、そもそも当初から何かしらの目的を持って訪問している方が多い場所ですから。
 

ボウズさんも、当初からそれは覚悟していたものと思われますが、いかがでしょうか。
つまり、8割以上の方々が、「うはぁ、何かワァ~ワァ~やってるよ。携帯で動
画でも撮ってひとまずツイートしとく?」程度にて、そもそも右も左も無い方々でした。

ほぼ「何事だ?何をやってんだ?」と、足を止めても最長で4~5分という感じ
でしょうか。プチなコスプレした多くの若者は、ほぼ横目で素通り。
一番、足を止め
た印象が多いのが、これまた場所柄もあるのでしょうけれども海外の方々という印象でした。
その海外の方々も、私達が海外旅行中に「いやぁ、パリでデモやっててさぁ
~」と、観光先でのハプニング体験を自慢するかのごとく、半笑いで撮影したり街宣の様子を見ておりましたが、小型拡声器を持った日焼けして小汚いチンピラ連中は、やたら海外の方々に対し積極的にアプローチしてまして、もちろん日本語だか何だか不明でしたが流暢な英語では無さそうなやり取りで、あれも何を考えてのアプローチだったのでしょう?

「何だこいつら?秋葉原観光ついでにデモやってたから面白そう
だから撮影しているだけなのに、そもそもこいつら小汚いしウゼェな。あぁ、もう邪魔だから向こうに行こうぜっ!そもそも何だ?この拡声器持った連中どもは。
本当邪
魔なんだけど?」という海外の方々の不愉快そうな顔が、とても印象的でした。


って、言いたい事がそれかいっ!となりますが、そこではありません。あのですね、

多くの方々。

つまり、8割以上の方々が、「何?何なの?うわ、警察いっぱい居る
し、誰が何を騒いでるわけ?え?しきしま会だってさ。知ってる?ふ~ん。何だか全然聞こえないね。って、そもそもしきしま会って知ってる?知らないよね?何だろうね?」と、ボソボソ言いながら立ち去っておりまして、非常に「しきしま会」に対して喰いついておりました。


その後、携帯やら何やらにて「しきしま会」を検索したかどうかは不明ながら、やはり5月3日の秋葉原街宣。「狙い通りだったようですよ!もう、狙い通り達成の時点で大成功でしょ!ボウズさんっ!」ということだけは、力強くお伝えしておきたいなぁ~と思いましてのご連絡となっております。


本当に明確な理由は不明ながら、「あら?私が予想した以上に皆さん反応してくださるのね。それこそ足はまったく止めないけど」と、これで馬鹿どもの妨害が、もうちょっと弱めというか、公安の方々も「あのな、拡声器で合法街宣の妨害すんじゃねぇよ」と、ちょっとだけ踏み込んでいただければ、「ゆうきさん」街宣を基軸に、「お?美女じゃね?」と足を止め、「ていうか、外野がうるせぇけど、こいつらのどこがヘイトスピーチで差別団体なんだ?終始、真っ当な事しか言ってねぇぞ?」と、大・大・大成功確定となっていたと思われますが、いや、本当に皆さん「しきしま会だってさ」と、ボソボソと口々に言いながら、私の前を次々に通り過ぎて行きました。


推測ながら、秋葉原=PCゲーム好き・コスプレ系好き=流行りの艦隊これくしょん好き=敷島型戦艦のしきしまと関係があんの?=良く分からないけど、しきしま会だってさ。
という興味を持たざるを得ない図式が成立していたものと思われます。

いうか、それも想定した秋葉原街宣開催であったように思うわけですが、いかがでしょうか?今後、「ひとまず検索してみっかな。・・・動画あるやん。ふ~ん」から「へぇ~。何か良く分からないけど笑える」となり、「あ、そうなんだ。知らんかったなぁ」ときて「えぇっ!そうだったのぉっ!」から、「おいおい、バリバリの特権階級じゃねぇかよっ!ふざけんな在日どもがよぉ!」へと昇格していく方々も、少なくは無いでしょう。
って、それだけが言いたかったのか?と突っ込まれますと、
「えぇ、そうですけど、何か?何か不具合でも?」という、遠慮無く長文を打ち込んでおきながら、何とも竜頭蛇尾な状態となっておりますが、ご容赦ください。

本当に
びっくりするほど、「しきしま会だってさ」と、幟旗に対する反応は良かったことを

あらためてご報告させていただきます。


とまぁ、今も少なからず「いや、周知活動としては、完全に大成功だったと言って良いでしょう!つか、そう思ってください!」と、無駄に興奮気味に打ち込んでおりますが、その状態で本陣を見失ってんじゃねぇよ!と、これまた突っ込まれて当然の失態を発動しておりますが、あの小汚い連中が、最後はどのように解散するのか見届けようと思ってしまいまして、「はい、時間通りにキッチリ街宣終了。


いやぁ、「帰れ!帰れ!集団下校だ、とっとと帰れ。二度と来るんじゃねぇよ!」と最低最悪の台詞を言い放った瞬間。本当に文字通りの「瞬時に解散」でした。何ですかあれは?せめて小汚い仲間は小汚い仲間なりに風呂入った方が良いんじゃね?と、互いにアドバイスせよとは申しませんが、「はい、それでは今日もビジネス妨害活動への従事お疲れっした」ぐらいのやり取りでもしたら良いんじゃねぇの?と、逆に気遣いしてしまうほどに何かしらの絆も感じさせぬ見事な離散ぶりでございました。

まぁ、一応の慰労会ぐらいはやっ
ているのでしょうかね?それこそ奴らのその後なんて、どうでも良いですけど。あはははは。

----------------------------------------------
貴重なご感想、ありがとうございました!
しきしま会のノボリとアキバは親和性高いですよね。
アキバ以外でしたらアニメイト本店がある池袋とか、乙女ロードの東池袋でしょうか。
一般人に一目でドン引きされないよう、見た目はノンポリの偽装がよかったと思います(自画自賛)。

 

 ブログランキングにご協力ください