しきしま会主催で、日本労働組合総連合会に凸街宣を開催いたしました。

今回は記念すべき10回目の凸でした。

連合もようやくしきしま会の主張を認めたのかどうか分かりませんが、民進党を支援・支持から個別に
応援ということに大幅に後退しましたので、今回はそのことについて感謝状と、応援もやめろ!という要請文を提出してまいりました。
01

 感 謝 状  
日本労働組合総連合会 御中                  
記 

民進党に対して「連携をはかる」とした当面の対応方針をきめました。
今まで民主党結党に深く関わっていた連合として無条件に支持をせざる得ない立場ではありましたが、余りにも無能であり、信義を軽んじる民進党の対応に対し賢明な判断だと私たちは認識しております。 
山岸初代会長も民主党の不甲斐なさにはさぞや落胆されていたことでしょう。
民進党は党名、ロゴに引き続き政権公約の一部も公募を検討しております。
最早何の為に民進党を結党し、政治活動をしている政党か?我々から見てまったく理解しがたい状況です。 
連合としても組織内候補を民進党の名で選挙活動をしなくてはならない立場であるということも重々理解してはおります。 
その中で私どもが訴えてた「支持」をやめて頂いた事について、感謝の念をここに表明させて頂きます。 
連合が、しきしま会などの庶民の国民団体の意思を受け受け止めることが出来る開かれた組織だということは、しきしま会ツイッター22,000フォロアー、ユーチューブ動画登録11,000ユーザーを含め、今後街宣活動等と通じて表明させて頂く所存です。 
最後に、昼休み中に街宣活動にて大きな音を立てたこと、表現等にて聞き苦しい内容があったこと、実際には共産党系の組合が行ったことを連合が行ったように言っていること、更には時間を超過して拡声器を使用したこと等ありましたが、これはあくまでも連合に対し不信感や怒りを持っている民意の表れと認識して頂けるようお願いします。 
又、本街宣にて、周辺の事務所、住居等の方々には深くお詫び申し上げます。                                                                                                                                                    

以 上                         

平成28年4月22日                            
しきしま会一同

※本街宣予告は余命3年時事日記に記載いたしました。

<追記>私どもしきしま会、及び、しきしま会応援団体にて、民進党有田ヨシフ議員率いる「C.R.A.C.」等のいわゆる「しばき隊」とその関連団体がヘイトスピーチと称して街宣活動等の妨害を目的として活動をしておりますが、私どもしきしま会は警察と常に相談をして合法的な政治活動を行っております。そのような活動を妨害することは民進党が、私たちの政治活動を妨害していると受け止めさせて頂いており、そのことを街宣活動等にて表明させて頂くことにしています。 

その旨連合から民進党党執行部の方々にご連絡いただくようよろしくお願い申し上げます。
08
07
09
10
11
05

  
この他の映像は「しきしま会YouTubeチャンネル」をご覧下さいませ
チャンネル登録者の数は、今回のような圧力をかける場合においても多い方が良いと思われますので、良かったらチャンネル登録もよろしくお願いいたします。


 クリックで、ブログランキングにご協力ください