朝日新聞が、元防衛大学校校長を誘導尋問し、とんでもない記事書いてます。

こいつらの反日にかける情熱と執念は、慰安婦記事を7,400本以上書いたと知った時に驚き呆れました。
今回の記事は朝日新聞の賞賛すべきツラの皮の厚さを感じた次第です。
朝日新聞の社員のツラの皮を集めて、戦車の装甲にできたら、あらゆる攻撃をハネ返すとても頑丈な装甲になること請け合いです。


 朝日新聞 豊秀一編集委員
安倍さんが元慰安婦のおばあさんに直接会って、謝罪の言葉を伝えるというのはどうですか?西ドイツのブラント首相のような大宰相になれるのではないですか? 

155308f3

何言ってんだこいつ、と思ったかたはクリック
 



五百旗頭真 元防衛大学校校長

「彼が出かけていき、例えば、ソウルの大使館で彼女たちと会う。それはあってもいいと思います。アジア女性基金の時にも、日本の首相が、心をこめたお手 紙を一人一人に出しました。ですから。それを自らお渡しし、手を握って、気持ちを伝えるっていうことはあってもいいでしょう。ただ、それを向こうがはねつ けるのでしょうかね。一部の人は受けるのでしょうか。彼女たちの支援者が前向きの姿勢を示してくれば、可能性はあると思いまが、『絶対に合意は認められな い』というところへ出かけていくことはできないと思います」
http://hosyusokuhou.jp/archives/47274380.html 

とまあ、朝日が「安倍が謝れ」と水を向けたが、五百旗が「無い事無いけど無理でしょそれ」と釣れなかった、という記事でした。

謝らなくてはならないのは朝日新聞でしょ。

吉田清治という詐欺師とキムガクジュンという嘘つきの言葉を盛り上げて膨らまして7,400件の記事を書いたことで、元から嘘つきで下劣な朝鮮人を調子に乗らせ、無かった問題をここまで大きくしたのは朝日新聞です。

世界で一番多くの人間を騙した詐欺事件として、ギネス認定されるのではないでしょうか。
張本人の朝日が、嘘つきの自称慰安婦の死に損ないどものところに言って真っ先に土下座し、築地の土地を売り払って気が済むまで賠償すべきです。

それを無かった問題で総理が謝れとは救いようが無い。
仮に問題があったにしても、安倍総理は終戦時には誕生しておらず、影も形もありません。
つまりそのことには何の責任も無いのです。

一番の真犯人・張本人が何も関係のない総理に「謝ったら」とは・・・・・
超S級のツラの皮の厚さ、このぐらいじゃないと朝日ではやって行けないのでしょうか。

あそこは新聞記者が工作活動してるのではありません。
工作員が新聞記者やってるのです。
朝日の反日姿勢は揺るぎなし、その情熱と執念も第一級、ツラの皮の厚さも10式戦車の全面装甲よりも堅く厚いことが分かりました。
もはや滅ぼすしかありません。
自分は朝日が不利になるようなことだったら、できることは何でもやるつもりです。
日本に存在してはイケナイ組織、それが朝日新聞です。

 
朝日死ねとおもったかたはブログランキングにご協力ください