「保育園落ちた 日本死ね」のママたちが、なんで保育園を作ろうとしてた新宿区から市ヶ谷の土地を強奪して韓国学校に提供しようとする舛添要一に凸しないのかな〜不思議です。 

答えは「将来子が韓国学校に入学するから」ですね!


 ブログランキングクリックありがとうございます 

 
これだけ需要があるのに保育園はなぜ増えないのか。その答えは、新規参入の難しさにある。保育園業界が、新規参入を断固として阻止しているのである。
中略
 そして、これだけの利権や特権をやすやすと手放すわけがない。保育園業界は、団結して新規参入を阻止してきた。

 認可保育園の新設は地方自治体が判断し、株式会社の参入など規制緩和は政府が決定する。つまり、あらゆるレベルで政治がかかわってくる。そこで、保育園業界は強い政治力を備えるようになった。

 その代表格が保育3団体だ。日本保育協会、全国私立保育園連盟、全国保育園協議会連盟は強い政治力を持ち、厚生労働省の部会などにも参加している。

 加えて、23区の公立認可保育園は共産党系の労働組合の影響が強い。また、全国の他の公立認可保育園は自治労(全日本自治団体労働組合)の影響が強い。現在、全国の自治体で公立認可保育園を民間に委託する動きが相次いでいるが、これらの団体を背景に、組織的に委託反対運動を起こしているのだ。

 猛反発の成果は上々だ。2000年に、国は株式会社などによる保育園設置を形式上認めたが、その中身は骨抜きだ。特殊な会計基準を強要され、補助金は既存の認可保育園に比べたら利用できないものも多かった。 
img0f679e5bzikczj 
公務員の組合である自治労。日本労働組合総連合会(連合)傘下団体です。
公務員の団結権って認められてなかったんじゃないのか?

連合には、3/25に街宣して直凸してまいりました。
06


20150501170856sdpfo 
共産党傘下の全労連。連合とはその昔、殺し合いをしていた仲良し。
連合政治部=民進党の結党大会に、共産党の奥田が出席したニュースにぶったまげたばかり。
昔は殺し合いしてたくせに・・・・

というわけで、需要はあるのに保育園が増えない理由は、全労連と自治労のせいでした。
全労連=共産党 連合=民進党 一心同体です。

なので、国会で奴らが自民を「タイキジドウガー」と責める資格はまるで無いのです。
自分らが一生懸命猛烈に保育園の増加を阻止しているのですから。

これはもう憎悪の対象となってもしょうがないです、そんだけのことしてるんだから。

 
連合と全労連は日本の癌と思ったかたはクリックおねがいします