去る3/23に行われた、とある市立大学の卒業式で、SEALDs学生が表彰されたそうです。
SEALDsの母体の共産党が赤旗で、嬉しそうに報告してました。
 
 ブログランキングクリックありがとうございます 

 
 東京都内で23日に行われた私立大学の卒業式で一人の女子学生が表彰されました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-26/2016032614_01_1.html

顕著な活躍が認められた学生などに贈られる賞で今年度は卒業生2人に贈られた中の一人です。

受賞理由は「政治を考え行動する学生団体においてスピーチなどの活動を通して、民主主義のあり方や平和について訴え、それらを真剣に考える潮流を生み出すことに多大に貢献した。この民主主義、平和、人権を尊重する行動はまさに(本学の)理念を体現するものであり、賞賛に値する」です。
 
 ○…彼女はSEALDs(シールズ)に参加し“今の私たちにとって安倍首相が一番の脅威。私は殺すためではなく、よりよく生きるために生まれてきたんです。私が奨学金で何百万と借金をしながら学んだのは、抑圧者の権力とたたかう知性です”とスピーチしています。それを顕彰したことに建学の精神の発揮を感じました。
slide_440352_5959356_free
※SEALDs集会で吠える共産党の小池副委員長。街宣車も共産党と全労連の使ってるし、母体が共産党なのが丸出し。

こちらは新宿での大騒ぎ
 
「ミンシュシュギッテナンダ」を連呼。
とある雑誌のインタビューで奥田「民主主義ってなんだとこれからも問い続けます」

・・・おまエラ共産党なんだから、民主主義関係無いだろ・・・
おまエラに関係あるのは共産主義だろう・・・・

つまりコールは
「キョウサンシュギッテナンダ」でしょ。

と、こんなんがSEALDsの活動なんですが、これを表彰する大学があったことに驚愕。

大学だったら「お前ら学生の本分の勉強しないで何やってんだ」と叱りつけるのが筋でしょ。

私が奨学金で何百万と借金をしながら学んだのは、抑圧者の権力とたたかう知性です”

いやいやあんたらが何百万円分も勉強したとはとてもとても思えないんだけど・・・街宣だの集会だのデモなんとばっかしやっててさ。

今の私たちにとって安倍首相が一番の脅威。

これも誤解です。
どうも共産党はじめ民主党にも韓国や中国北朝鮮にもこういう間違った考えが蔓延してますが、安倍さえ倒せばナントカなるもんではないよ。

こやつはもう15年も改選無しに共産党のトップに居座っています。
images
共産党員は、自分のとこのトップを決める票すら持ってないことに気がつけよ。
民主主義ってなんだ?

中国ですらトップの任期は最長10年です。
こいつは好きなだけトップをやってられる北朝鮮なみの独裁者です。

こういう中に居てトップ次第でころころ変わることに慣れた脳味噌で考えるから「安倍さえ倒せば」という思考になるのです。

残園ですが、安倍総理のケツを蹴っ飛ばして特亜と戦わせているのは国民です。
安倍総理を首尾よく倒しても、次に総理になる人間が、もっときっついきっつい戦闘的な政治家でない確証ないでしょ?

毎日新聞100人斬り噓記事裁判の弁護士やった稲田朋美さんとか総理になっちゃったら、あんたらどうすんの?
安倍総理の時代はよかったなぁ・・・と天を仰いで後悔すること請け合いです。

安倍総理が中国・韓国・北朝鮮・マスゴミ・アカに厳しくすればするほど支持率上がるんだからしかたないじゃないですか。

安倍を倒しても、国民がまたテレビを信じるような異常事態が発生しないかぎり、共産党にとって厳しい時代は続きそうです。
 
ブログランキングクリックありがとうございます