ブッタマゲーション(死語)のニュースをお知らせします。 
まったくこれには驚きました。
 ブログランキングクリックありがとうございます 

 

生命の設計図とされるゲノム(全遺伝情報)を人工的にデザインし、 自然界に存在しない細菌を作ることに成功したと、米国のJ・クレイグ・ベンター研究所などの研究チームが発表した。 

http://news.2chblog.jp/archives/51876615.html

 新たに誕生した細菌は、自然界のどの生物よりも遺伝子の数が少ないという。 


 薬やバイオ燃料を合成する微生物の研究の進展が期待される一方、新しい細菌の作製は安全性や倫理面での議論も呼びそうだ。 論文は、25日の米科学誌サイエンスに掲載される。   
image003

短い記事ですが、 生命の設計図であるDNAから作りました、というところにぶったまげました。

まだまだDNAが少ないものしか出来てないようですが、いずれ哺乳類のような高等なDNAも設計できるようになるのでしょうか。

生物が創れる、となったら夢は広がります。
真っ先に書かれていたのが石油を生産する細菌でした。

現在でも筑波大学を中心として藻からバイオエタノールを作り出す試みなどが盛んです。
icatch 
もっと直接的に、炭素を食わせたら尻から石油を出す細菌を創造できるかもしれません。

プラスチックやビニールを分解して無害してくれる細菌とか。

放射能を食って短時間で無害化してくれる細菌とか。
そんな細菌が創造されたら、今よりもっと核兵器を気軽に使うようになるかもしれませんね。
人間の欲望は無限ですから。

あとは治療薬が作れない生物兵器とか。
ばらまいてから10年後に発動する病原菌とか。
こういう方面もめっちゃ研究されると思います。
軍事用は金になりますから。

全世界の自分以外の男をインポにする細菌を開発成功、ばらまいたら女性に追いかけられまくってモテまくるという、マンガのような話も実現するかもしれません。
※とある青年紙に掲載してたマンガにあった内容です。

というわけで人類はいよいよ神の領域に踏み出したようです。

 

ブログランキングクリックありがとうございます