驚くべき記事です。 
日本で一番、朝鮮人の密度が高いのは大阪市と聞きましたが、ここまで腐っているとは思いませんでした。
母に産んでもらった方はランキングクリック 

 
「女性に最も大切なのは子どもを2人以上産むこと」などの発言をした大阪市立中学の校長に対し市の教育委員会は辞職を求める方針であることがVOICEの取材でわかりました。

 「(女性は2人産むべきと話してきた?)もちろんです。二人産まないとあなたの年金が8分の1になるんですよ」(大阪市立茨田北中学校 寺井壽男校長)

 中学校の全校集会で「女性に最も大切なのは子どもを2人以上産むこと」などと発言していた大阪市立茨田北中学の寺井壽男校長(61)。

 関係者によりますと一連の言動を問題視した市の教育委員会が寺井校長に対して辞職を勧告する方針であることがわかりました。

 市教委は今月14日に寺井校長を呼び出し発言が不適切だとし処分する方針をすでに伝えています。

 寺井校長は今月末で校長の再任用の期限を迎えますが、VOICEのこれまでの取材に不当な処分などを受けた場合徹底抗戦するとしています。 
k 
 
寺井校長の発言全部を目に通した人でないと、まるで校長が2人出産を強制したかのように感じます。

さすがマスゴミの端くれMBS。時運の都合いいところだけを切り取り、印象捜査に長けています。

校長の発言全部はこちらです。

2016年2月29日
全校揃った最後の集会になります。

 今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げて良く聴いてください。女性にとって最も大切なことは、こどもを2人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

 なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを産むことができません。男性には不可能なことです。

 「女性が、こどもを2人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部を能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたら良い」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それほど価値のあることなのです。

 もし、体の具合で、こどもに恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれないこどもを里親になって育てることはできます。

 次に男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。

 人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。

 子育てをしたら、それで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。

 やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。

 以上です。


出産を強制してません。全く。
校長は「出産はとにかく大事だよ」と言っているのです。 
 
この発言を問題視し、校長に辞職勧告しようとしている大阪市教育委員会は「出産は大事でない」と考えているということです。

自分だってお母さんに産んでもらってこの世に存在できているのに、それはあんまりではないでしょうか。

「出産は大事でない」思想は、産婦人科医・小児科医・保育士はいうに及ばず、ミルクメーカー・ベビーカーメーカーなど赤ちゃん用の品物を作っているところへの冒涜あるいは営業妨害では?

つうかその前に出産を無事に終えた女性に対して、ものすごくものすごく失礼ではないでしょうか?

医師会の中で産婦人科医師会ってのは存在しないんでしょうか?
もし存在したら「出産は大事だろ、何言ってんだ」と大阪市教委に抗議してもらいたいのですが。

教委では、「女性差別である」ということにしようとしています。
どうしてこれが女性差別になるんでしょうか?
男にも出産能力があるにも関わらず、女性だけに出産を強制、これは差別です。
しかし男には出産できません。

思うに、男女共同参画=女性も男同様働けがサヨクどものキモ・急所なのです。
だからこんなにも発狂・火病しているのです。

以前自分はこんな投稿をしました。
「正社員の沸くが100あって、男を100人雇用すれば夫婦が100組できる可能性がある。だが男50女性50の雇用では、夫婦は50組しかできない」

これに対してサヨク発狂、罵倒のコメントが20ぐらい付きました、いやぁ釣れた釣れた。

どこの自治体にも「男女共同センター」とかいう名前に施設ありませんか?

あらゆる行政事業費に、こっそりと薄く「男女共同参画関連費」 という名目で予算が付けられ、その総額が10兆円以上に達するとご存知でしたか?

女性は件困難かせんで男同様に働け=男女共同参画が、サヨクの良い食い物になっているのです。

関連費で何をやってるかというと、とある区の実例ですがなぜかテニスコートを作ったりしています。

テニスコートがどう女性が働きやすくなる環境整備なんだかさっぱりわかりません。

男女共同参画の基となっている法律は男女雇用機会均等法です。
これが成立した時に、東大のどアカの女性教授の千葉ナントカって奴が「これで日本を滅ぼせる」と躍り上がって喜んだそうです。

こんな事実を知ってるとサヨクに操られた教委が校長に辞職勧告する理由もわかります。
サヨクにとっては飯の種、男女共同参画をスポイルする言論はすぐさま封じておきたい、それが本音でしょう。

それにしても教委が「出産は大事でない」と考えていると表明したにも等しいこの辞職勧告、玉げました。
これで今時、だれもおかしいと思わず批判もされず、と思ってるところが救い難い時代錯誤です。

とにかく、大阪市教委のメンバーは、母から産まれたのではなく、どこぞの木の股からでも生えてきたのでしょう。

その木を私に教えていただきたい。
いますぐ切り倒しに行きますので。

 
大阪市教委にいずれ天罰が下ると思った方はクリック