今や「無くても良い」存在の筆頭のひとつとなった国連のとある部が「幸福度ランキング」を発表しました。
日本は世界190ヶ国のうち53位(笑)だそうです。
 

国連(笑)と思った方はクリック
 

 
国連(UN)は16日、2016年版の世界幸福度報告書(2016 World Happiness Report)を公表した。報告書によると、昨年スウェーデンに最高位の座を明け渡したデンマークが1位に返り咲き、小差の2位はスイスで、紛争が続くシリアやブルンジは最下位となった。

同報告書は、社会をより健康に、より効率的にする手段として、幸せの質を数値化したもの。国連は、2012年に最初の報告書を発表した。

上位10か国の構成は昨年と同じで、3位以下にはアイスランド、ノルウェー、フィンランド、カナダ、オランダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンがランクイン。10か国中7か国が西欧の中小規模国となった。

157か国中最下位はブルンジで、(以下、下位から順に)内戦の続くシリアやトーゴ、アフガニスタン、サハラ砂漠以南のベニン、ルワンダ、ギニア、リベリア、タンザニア、マダガスカルが続いた。

世界的な景気後退に苦しみ、現在では移民危機に直面しているギリシャは順位を大きく落とした。

米国は、13位となり、昨年から2ランク上昇。ドイツは16位、英国は23位、フランスは32位で、中東の王国が続いた後、イタリアは50位、日本は53位となった。

世界で最も人口の多い中国は83位で、最も大きい民主主義国のインドは118位だった。

報告書の作成者らによると、一人当たりの国内総生産、社会的支援、健康寿命、社会的自由、寛容さ、汚職のなさの6要素で、各国間の違いの約4分の3を説明できるという。

まずは、去年のNo.1がスェーデンってとこに大笑い。 

アメリカの5倍、日本の100倍の強姦発生率 を誇り、世界第3位に輝くスェーデンが幸福N0.1?
http://hosyusokuhou.jp/archives/38408175.html

その強姦の9割がイスラム難民の犯行で、国を蹂躙されてるスェーデンがNo.1?
http://kurokiyorikage.doorblog.jp/archives/68303778.html
bc5adcc2-s
e7ce642b-s

おかしいだろ、国連。だから「要らないもの」って言われるんだわい。 
 
たしかに白人女を強姦し放題のスェーデンは、イスラム男にとって幸福度は高いかもしれませんね。

上位の位置するノルウェーだって、1人で77人を殺害した「ブレイビク事件」
http://matome.naver.jp/odai/2136330955498539001
highres_00000402837550

ノルウェー国民が幸せなら、こんな事件は起きんやろ。

それとも何かい、国連の「幸福度」って、主語は難民かよ!

とまあ、全く何の根拠に基づいて幸福度を算出しとるかさっぱりわからない国連の幸福度ですが、日本が53位で低く発表されて良かったな、っと。

これが上位に発表されてしまったら、世界中の難民・移民が日本を目指してしまいます。

いっそ日本は、治安も悪いし外国人には冷たいし、という宣伝をすべきです。

「日本良い国暮らしやすい」なんてことが難民・移民にバレたらタイヘンですから。
日本が良い国なのは、居着いた朝鮮人どもが帰れと言っても決して帰らない事で証明できてます。

朝鮮人だけでも辟易してるのに、これ以上外国人が増えたらほんとにもう嫌ですから、「日本人はスポーツとして外国人狩りする」ぐらいの噓をブチかますぐらいがちょうど良いのです。

 
100位以下に発表されたら良かったのに・・と思った方はクリック