朝日新聞の社長が、伊藤から渡辺に変わったそうです。 
それに伴い、同社の嘘つき体質もちょっとは変わるのか、と思いました。
が、それは誤解でした。
 
朝日新聞消滅を祈願する方はクリック 

 
 
紙の新聞の部数減、慰安婦報道への批判という逆風下で2014年、朝日新聞社の社長に就任した渡辺氏。今後の経営戦略や報道への姿勢を尋ねた。
──現状で2700億円規模の売上高を2020年度に3000億円とする中期経営計画を年初に発表しました。具体的にどのような手だてを取りますか。

「朝日新聞」の販売部数は現時点で660万部程度。新聞全体の部数が減る中、朝日は年間2%減のトレンドで維持したい。若い読者を獲得するため、35歳以下の社員のチームで新たな情報発信やサービスを考えています。新聞広告も減少傾向ですが、例えばイベント開催などで広告主の企業価値向上につながる機会を提供することも、広告の一環と考えて強化します。

不動産事業は20年度に売上高200億円、営業利益率30%を目指します。建て替え時期に入る所有物件があり、ポテンシャルを見て効果的な展開を検討します。東京本社ビルや有楽町マリオンの建て替えは、現時点で考えていません。

──中計で掲げた企業理念は「みなさまの豊かな暮らしに役立つ総合メディア企業へ」。05年の「ジャーナリスト宣言。」と比べ後退したように感じられ、社内にも同様の受け止め方があります。

そのご指摘は全く当たらない。ジャーナリズムは会社の柱であり、ジャーナリズムを続けるためにこそ経営基盤を強化する必要があります。従来の(スクープ発掘型の)調査報道も大事にしつつ、例えば子供の貧困をデータや政策の不備からあぶり出すような課題解決型の報道も強化します。

──朝日の記事もヤフー!ニュースに配信されますが、存在感は薄い。双方向型のインターネットメディアの隆盛にどう対応しますか。

ネット対応に消極的なわけではありません。紙なら地方版にしか載らなかった地元の祭りの記事でも、動画と共に「朝日新聞デジタル」に掲載すると、数百万回再生された。ヤフーは読者の必要に応じて発達してきたわけで、われわれも、朝日のサイトならこれだけのコンテンツがある、というところを目指さないといけません。

──原発事故の「吉田調書」と、いわゆる従軍慰安婦関連の報道については今でも批判があります。

吉田調書は、政府が公開しなかった文書を入手した点は素晴らしいのですが、その後の現場取材が足りなかった。「命令に反して」との見出しはミスリードで、私がもしデスクなら、あの原稿は通さなかったでしょう。

慰安婦関連の証言は他紙も報じており、朝日だけが書いたと批判されるのはどうか、との思いもありますが、それは他紙が自分で考えることです。朝日は今後も、慰安婦をめぐるさまざまな議論を萎縮せず書いていきます。

(「週刊ダイヤモンド」編集部岡田 悟) 

まさに言いたい放題、嘘つき体質に全く変化が無いことが分かります。
こやつは、渡辺の着ぐるみ着てる中味は伊藤なのか!
と思うレベルで言ってることは変わってません。
 
 「朝日新聞」の販売部数は現時点で660万部程度。

ダウト。噂では190万部に激減。 噂ですけど。
悪質朝日新聞、押し紙率驚愕の72%!20160224 

 
ジャーナリズムは会社の柱

ダウト。つい3/14日も、こんな悪質な報道して、政府に怒られたばかり。

原子力規制委員会は16日の定例会で、九州電力川内原発(鹿児島県)周辺に設置された放射性物質の観測装置の「整備が不十分」と報じた朝日新聞14日付朝刊の記事について、 
「非常に犯罪的だ。十分に反省してもらいたい」と批判した。
朝日の記事は、川内原発周辺に設置された観測装置(モニタリングポスト)のうち、半数が「事故時の住民避難の判断に必要な放射線量を測れない」としたが、規制委は「機能が違うだけ。低線量を測る装置と、高線量を測る装置を組み合わせて設置しており、避難判断のために全体をカバーしている」と説明している。 

 16日の定例会では、規制委の田中俊一委員長が「あたかも(避難を)判断できないように報道をし、立地自治体に無用な不安を与えたことは、非常に犯罪的だ」と厳しい口調で述べた。 

 更田豊志委員長代理も「(観測装置の種類別は)外野手と内野手がいてそれぞれ守備範囲があるのに、(朝日の記事は)それを一人が全て守れと言っているのに等しく、きちんと報道すべきだ」と批判。 
伴信彦委員も「新聞報道は議論のポイントを外している」と非難した。 

 また朝日の記事に対し、原子力規制庁は「(規制庁の)職員が言っていないことが書かれている」として、朝日の担当記者に説明を求め、その上で、訂正記事を要請するか検討しているという。 

 規制庁は15日、朝日の記事を「誤解を生ずるおそれがある」として、同庁の見解をホームページに掲載した。 
 
記事要約 
3/14の記事で、川内原発周辺の放射線センサーの半数が役立たずと報道。
だがそれは、低線量計測用の感度の良いもので、高線量は守備範囲外の製品だった。

低感度と高感度センサーを組み合わせて、きめ細かく運用してるのに、朝日と来たら「非常に犯罪的」報道、政府HPに載せたったで。

 
 ジャーナリズムは会社の柱

と新社長渡辺が言うのなら、これが朝日のジャーナリズム(笑)なんだろう。 

吉田調書は、政府が公開しなかった文書を入手した点は素晴らしいのですが、その後の現場取材が足りなかった。

ダウト。
調書と真逆の噓800億書いてる。
こんな噓っ八に裏取りなど必要無い。
というか、裏を取らずに調書だけを見て記事を書いたら、あんあ真逆になりようが無い。

こいつ、読者を馬鹿だと思ってるようです。
こういうようなちょっとした矛盾も自分では気がつかないかあるいは「愚民どもに分かりゃしない」とナメ腐ってるか。いずれにしてもダメダメです。

政府HPに「朝日新聞=噓新聞」と載ってしまって、これでますます部数が減るといいなと思います。

そもそも噓の書いてある新聞など欠陥商品です。
賢い消費者は、そんな欠陥商品を購入してはいけません。
これは消費者庁案件ではないでしょうか。

朝日を購入してる方は、3/14の朝日新聞を返却し、返金を受けるべきです。
政府HPに「あれは噓」と載ったことで政府のお墨付きもあることですし。
 
慰安婦関連の証言は他紙も報じており、朝日だけが書いたと批判されるのはどうか
朝日は今後も、慰安婦をめぐるさまざまな議論を萎縮せず書いていきます。
 

慰安婦記事を書いたのは「おれだけじゃねぇしぃ!」と開き直って被害者ぶってます。
まるで朝鮮人の所業です。
確かに朝日の尻馬に載った赤旗・毎日・聖教新聞などがせっせと書いてました。
ですが、その情熱と執念はどこにも負けずに書いてたじゃないか。

「慰安婦」という単語で間作すると、朝日新聞アーカイブが7,400件ヒットします。

1年は365日しかありません。
朝日は20年間毎日1本「慰安婦」と書いてたということになります。
恐るべき執念・恐るべき粘着。
知り合いでいたらちょっと恐い「まぢストーカー」です。

今後も書くと宣言してますね。それに対しては

ちょっと調べればすぐバレる噓をどうして書き続けられるの?

という意見もありました。
続く言葉は多分「バカなの?死ぬの?」でしょう。

というわけで、朝日新聞は社長が替わっても、反省皆無でその嘘つき体質に全く変化無く、今後も元気いっぱい反日記事を書いたるで!とはりきっていることが分かりました。

朝日の葬式は国民(国籍的な意味で)の手でだすしかないようです。

 
潰れろ朝日、と思った方はクリック