民主党の最大かつほぼ唯一の支持基盤、日本労働組合総連合に抗議街宣いたしました。 

会員数680万人を誇る連合は、かつては社会党を支持し、現在では民主党と社民党の支持を公にしております。


クリックで、ブログランキングにご協力ください
 



労働者の待遇を高めるために、会員から組合費を徴収していながら、外国人との就職競争が起こり、労働力供給過剰により労働単価が下がるに決まっている移民政策を推進する民主党を支持・応援することは、全く理にかなっていません。

津田弥太郎のような暴力犯を擁する民主党を応援する事は、連合は暴力と犯罪を肯定しているのでしょうか。

また、日本企業の内部留保金がとうとう350兆円を突破しました。
儲かっているにもかかわらず人件費がそれほど上がらないのは、連合がサボっているからです。

労働者の待遇に一切関係が無い「平和4行動」などにうつつを抜かし、集めた組合費を浪費しています。

護憲運動のどこが労働者の待遇に関係があるのでしょうか。

また、連合は脱原発運動もしておりますが、これも逆です。
原発を動かし、電気料を下げ、製造業の国外脱出を引き止めなければ労働者の待遇改善は到底望めないでしょう。
11
05
06
08
10
04
03
凸街宣の映像は、こちらでご覧下さい

下記内容の意見書を読み上げ、提出してまいりました。
今まで10回以上は抗議書やら意見書やらを受領したはずの連合ですが、残念ながら反応はゼロです。
02
01


 意 見 書  
日本労働組合総連合会 御中       
民主・維新の党合流時に下記の内容を検討下さい。 
記 民主・維新の党合流時に一旦離党してから新党を立ち上げて合流することになるようですが、明らかに新党にふさわしくないと思われる3名の議員について入党拒否を検討すべきかと思います。 

1.津田弥太郎 自民党大沼議員への暴力行為は既にインターネット上で世界中に公開されており、本来なら傷害罪で公民権停止、議員辞職されるべき人物である。 
2.有田 芳生 共産主義思想であり、党執行部の意向を無視して共産党議員と行動しています。民主党の共産党化の原因の人物である。
 
3.管直人 東日本大震災の対応の酷さで被害を拡大させた最大の責任者。 安易な太陽光発電推進も電気代の高騰と自然堤防破壊による鬼怒川の早期決壊をもたらす原因となってしまった。 連合として是非この3名の合流拒否を提案されては如何でしょうか?
                                                         以 上                        
平成28年3月11日          しきしま会一同

連合にはまた凸します。
連合の政治部=民主党なのです。

 
ブログランキングクリックお忘れなくお願いします