外務省幹部のものとして、トンデモナイお花畑な発言が記事になってました。
日本人として、外務省の現実認識の甘さに怒りを覚えます。
朝日の記事なので信憑性は今ひとつです。
 

 ブログランキングクリックお忘れなくお願いします 

 
   中国外相の日本批判、岸田外相が発言の自制求める
http://crx7601.com/archives/48060599.html
岸田氏は北朝鮮が核実験を実施した1月以降、王氏に電話協議を再三呼びかけたが、いまだに実現していない。岸田氏は会見で「対話を続けていくことは重要」と指摘、訪中の機会を探る考えだ。
一方、外務省幹部は「日本が関係改善のサインを出しているのに、中国はそれを無視して言いたい放題だ」と中国への不満を漏らしている。(安倍龍太郎)  

中国なんか今さら話が通じる相手かよ!
いい加減、敵視されてることに気がつけ!
話合いでなんとかなるのは、人間だけだ!

外務省の現実認識の甘さには、つくづくと呆れます。

ま、外務省がやってるのは外交じゃなく社交ですから。

中国は、はっきり言って日本に喧嘩売り続けています。

空自スクランブル回数、2015年4~12月(3/4年)
567回 うち中国に対するものが373回(66%)
http://www.sankei.com/politics/news/160122/plt1601220058-n1.html
防衛省統合幕僚監部は22日、日本領空に接近した中国機に対する航空自衛隊戦闘機の緊急発進(スクランブル)が、平成27年度第3四半期まで(昨年4~12月)の合計で、前年同期比2回増の373回に達し、過去最多だったと発表した。全体の発進回数は567回で、中国機が国別で最多の66%を占めた。

ね!喧嘩売ってるでしょ!
9ヶ月の間に373回の挑発行為ってことは、1日に1,38回でしょ。
2日に3回の割合で日本を挑発しにくる中国機、朝晩の挨拶じゃねぇんだぞ!

こんなヤル気満々の中国に対して「関係改善を・・」言ってる場合じゃねぇだろがっ!

それに人外と話して成果あるとでも思ってんのか!
中国人は、およそ人とも思えぬケダモノだぞ!

中国人カップル、iPhone欲しさに生後18日の娘を売る
http://iphone-mania.jp/news-105165/

中国を良く知る人に聞きました。
中国人の半分以上が、日本人がおよそ理解できないほど愚かだそうです。

上の記事からもそれが伺えます。
生後18日の赤子は、きっと滋養強壮人肉カプセルの材料として、いまごろ乾燥して細かく小分けされてるか、そのものズバリ赤子の姿煮として、どっかの食通に提供されたに違いありません。
mig
2011y09m23d_165959556-500x323

こんなケダモノと話してどうすんだ。
ケダモノなんぞと交渉して得るものなど全く無い。
外務省の役人に仕事を与えるために国益を損ねるんじゃない。
放置も外交のうち、ということが分かってない。

外務省なんぞは東大卒業がきっと何百人もいることでしょう。
石を投げれば東大卒業に当たることでしょう。
なのに論理や道理といったものが感じられないのです。

 
ブログランキングクリックお忘れなくお願いします