豊かな生活を求めてヨーロッパに殺到する難民への風当たりが強くなって来たようです。
ドイツでは民族主義政党が躍進、ギリシャでは難民少女の強姦が流行。 
 ブログランキングです。クリックお忘れなく 

 
重要な地方選挙を13日に控えたドイツで、「反移民」を掲げる政党が急速に勢いを増している。6日に行われた中部ヘッセン州の議会選で、
右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が3位につけた
 http://hosyusokuhou.jp/archives/47050482.html

同党の躍進を、中道左派のアンゲラ・メルケル首相らドイツ政界の主流派は警戒感をもって注視していた。ラジオ局「ドイチュ・ウェレ」によれば、中間集計 でAfDは13.2%を獲得。結果の確定は今週末になるが、同州議会の第3政党になる見込みだ。AfDが設立されたのは2013年。結党間もない新興の右 派政党が、である。 

メルケル率いるキリスト教民主同盟(CDU)は28.2%の票を獲得し、得票率28%の社会民主党(SPD)をわずかにかわして首位に。とはいえ、ウェ ルト紙によれば、2011年の地方選では33.7%だったからCDUの落ち込みは顕著だ。一方、緑の党も18.3%(2011年)から11.6%へと支持 を落としている。 

13日に選挙が行われる、バーデン・ビュルテンベルクとラインラント・プファルツ、ザクセン・アンハルトの3州はいずれも重要州で、メルケル首相の信任を問うものになると見られている。 

「不法滞在者の追放から始める」 
AfDの急伸は、難民危機が原因だろう。2015年の1年でシリアなどから100万人を超える難民がドイツに到着した。同党のカリスマ的指導者であるフ ラウケ・ペトリー党首は今年1月、ドイツ国境を違法に超えようとする移民を排除するため、非常時には発砲も必要になると発言して物議を醸した人物。ユーロ 懐疑論にルーツを持つ同党をうまく変容させ、大量の難民流入に対する国民の不満をうまく掴んだ。移民や難民に寛容で、リベラルの姿勢を強く打ち出している メルケルとは対照的だ。 

「まずは、国境を管理し、権利もないのにドイツに留まっている多くの人を国外退去させるところから取り組まなくてはならない」と、ペトリーは先週末、ロイターに語った。今週末に投票が迫る3州の世論調査によると、AfDの支持率はザクセン・アンハルト州で19%、バーデン・ビュルテンベルク州で13%、ラインラント・プファルツ州で9%になっている。いずれの州でも得票率が5%あれば議席を確保できる。 

ひとつ気になるのは、先週末のヘッセン州の選挙で、事前の世論調査よりもAfDの得票率が高かったことだろう。同州の中心都市フランクフルトでは、支持率6%という事前の世論調査結果もあったのに、実際には10%を獲得した。今週も、その繰り返しになるのだろうか。 

もう耐えられない 反移民を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」のフラウケ・ペトリー党首(2月29日)
93ee3adb-s

なんだ「撃ち殺せ」って言って無いじゃんか。
煽りタイトルだったようです。

ペトリー党首は「退去させる時に混乱したら発砲もアリ」といっただけですね。
それがこんなに叩かれるドイツは、日本以上にアカのメディアに侵されているようです。

弱小政党だった彼女たちが地方で3位政党に躍進、いっくらドイツのアカが躍起になって彼女を叩いても、効果無いようです。

都合の悪い真実をいくら隠しても、今はバレます。
隠せば隠すほど、不自然さを醸し出し、これは広めなければならない情報と認識され逆効果です。
情報を遮断して世論を操ることは、もはや不可能に近くなっています。

朝日新聞はそれが分かってないのか分かってて認めたくないんだか、すごい電波飛ばして嘲笑の対象となってます。
ドイツメディアも似たようなものでしょうか。
朝日新聞、1/4の部数に激減の噂 

アルジャジーラの記事です。
Female refugees face sexual exploitation in Greece
3e2278a5485441fa8dc97f95a68eac31_18 
記事要約
人身売買組織が脅威 若い女性のほぼ全てがレイプ被害 
保護者のいない子供の難民が一番危険で難民施設に無事辿り着くものは、かろうじて5割 
生存のため売春するもの多数
ギリシャで集団強姦未遂事件

ということで、難民は難民で苦労しているようです。

人身売買とか強姦とか誘拐は、難民への風当たりが強くなったということではなくて、欧州特にギリシャが、ただ単に野獣だらけのジャングルだったのでしょう。

こういうニュースをアルジャジーラで報道することは良いことです。
難民も楽じゃないよ、と啓蒙できれば、安易な難民志願も減るでしょう。
ことによったら日本人のように、一所懸命という立派なマネもできるかもしれません

なんやかんや言うたかて、自分の国が一番でっせ!ということが良く分かる記事です。
してみると「帰れ」っつっても帰らない日本の朝鮮人どもは、全くもって不自然で異常な存在ですよね。


ブログランキングです。クリックお忘れなく