畏れ多くも昭和天皇の画像でイタズラする牝朝鮮人が出現し、日本人の憎悪をこれでもかと集めております。 
 ブログランキングに、ご協力よろしくお願いいたします 

 
韓国の写真家が昭和天皇の生首写真を大炎上 夢を見たのが切っ掛け 安倍も切ろうと思った 
彼女はモデル活動と写真家を行っている。モデル活動は過激さは全く無いが、写真の方は今回のように過激である。では彼女は何故このような昭和天皇陛下の生首写真を公開するに至ったのだろう。それは彼女が2月1日に恐ろしい夢を見たと語っている。 

その内容は日本軍の性奴隷になった貧しい若い女の子の夢としており、「日本帝国陸軍のために犠牲となった純粋で無邪気な女の子のために公正の断片をだすことへの心構えをした」と語っている。夢を見たのは2月1日で3.1節の1か月前、彼女は少女の復讐を誓って一ヶ月の間、すべてのものを準備して謙虚な気持ちで、この写真を撮ったとしている。 
そして「慰安婦の首を切り落とし~の部分」とも語っているが、これらは2月1日に見た夢が切っ掛け。写真家は大韓民国万歳として写真を投稿している。「日本兵たちは逆らった少女(慰安婦)の首を切り落とし沸騰した鍋に入れ、水のように他の少女達に飲ませたの。かの国で生神とされるヒロヒト天皇のこの生首はどう?謝る積りはないよ。可愛そうな少女達を思えばね」 
ef3137f2

韓国のネットユーザーは「このようなパフォーマンスは力があり賛成。安倍も切ってください」「すがすがしいですね」と語っている。写真家はそのような意見に対して「安倍を切ろうとしていたが、戦争の元凶を見つけるのが優先」と返信した。韓国では日本軍=脅威(残酷)という数々のエピソードが語られている。そのどれが本当で嘘か分からない状態。そのエピソードを聞いた写真家が夢に見たのを切っ掛けに今回の作品を作り公開に至ったようだ。 

「日本」は国号であると同時に「王朝名」でもあります。
中国では、いんしゅうしんかんずいとうきんみんなどとコロコロと変わりました。

日本は神武天皇国家創立以来、皇室の家系が治める日本朝です。
中国のように移り気にころころとかわるものではありません。
今上陛下は125代目様、これは世界最古の家系です。

私は日本全土の持ち主は皇室、と思っています。

天皇陛下は「The Emperor of Japan」です。
天皇陛下へ外国人が使う敬称は「His Imperial Majesty」=皇帝陛下です。

世界唯一の皇帝、それが天皇陛下です。
よって王朝名ではなく帝朝名ですね。
よって対外的に日本は「帝国」なのです。

また、天皇は神道の総帥です。
日本に数多ある神社は全て、天皇陛下に所属しています。
靖国神社などは、直接に天皇陛下のお持ちもの、オーナーであらせられる。

八百万の神々に祈る代表が天皇陛下です。

よってこの牝朝鮮人がおこなった行為は、日本朝という帝朝への攻撃であると同時に、神道への攻撃でもあります。

ローマ法王の画像を使って、このようなイタズラされたら、カトリック教徒はさぞや怒り狂うことでしょう。
イタリア政府は、朝鮮人の入国を禁止するかもしれません。

フランス新聞社シャルリーエブドは、ムハンマドを侮辱したこの絵の代価として、12名の生命を支払いました。
ef3f5fd8 

韓国のネットユーザーは「このようなパフォーマンスは力があり賛成。」

実行犯の牝朝鮮人がキチガイすぎるという話ではなく、一般朝鮮人どもも賛同しているようです。

日本人は朝鮮人から宗教戦争を仕掛けられているのです。

互いの神を掲げての争い=宗教戦争はあらゆる戦争の中で最も悲惨と言われています。
利益をかけての争いは、期待できる利益に見合わない損害が出た時点で、撤退できるからです。

「人は死んだらどこに行くのか」
「そもそもどこから生命は来るのか」
こういった説明できない不合理を説明するのが宗教です。

よって合理的な宗教などありませんし、宗教が合理的になったなら、それはもはや宗教ではなく科学です。

宗教とは不合理なものです。
なので、他宗の信者とは「話が通じません」。
問答無用です。

考えが違う宗教の信者の説得には「殲滅」という手段しか無いことは、信長が証明しています。
彼は何度も何度も一向宗や本願寺と話合い、懐柔しようとしています。
恩赦も何度も与え、命を救っています。
そして最終的に「消滅させるしか無いな」と諦めました。

一方的に宗教戦争を仕掛けられている事を日本人はキッチリと自覚し、それにふさわしい報復を朝鮮人どもに与えなくてはなりません。

「テロには同規模のテロで報復しないと必ず成功されてしまう」=ヒトラー

神社庁は、いまこそ自分がなすべき仕事をしなくてはいけないのではないか。
朝鮮人が一方的に仕掛けて来る宗教戦争に対して、自分はそう思います。


 
ブログランキングに、ご協力よろしくお願いいたします