高須クリニックの高須克弥院長 

「性奴隷」なんていうことは絶対にありえない。無償で好き放題やられていたなんてことはないよ。 だって、謝礼の明細書みたいなものも出てきてるんでしょ?
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160305-00000007-pseven-int  
と発言し、日本の敵たちが発狂しているようです。
 

クリックで、ブログランキングにご協力ください 

 
高須院長は「安保法賛成まもろう日本」デモにも参加しちゃうぐらい、こちら側の方です。
もう何も恐くない感ありあり、日本の敵からしたらお金はあるし行動力はあるしで、恐い存在かと思われます。
WS001-thumbnail2

はい、こちらがその慰安婦給料明細です。
この他にも、いくつもあります。
http://www.google.com/search?q
慰安婦が無償で性奴隷させられてたことを否定する証拠は、いくらでもあるのです。
 
また、朝鮮半島に駐留していた日本軍は約2万人です。
2万人といっても、その全てが戦闘員ではありません。
軍隊の構成は、戦闘員が1/3程度で後は戦闘員を支える存在です。
つまり朝鮮半島に居らした兵隊さんは、6〜7,000人だったと推定されてます。

7,000人の兵士が20万人の娘を誘拐することは可能なのでしょうか?
20万人の娘には、最低40万人の両親がいて、無理矢理誘拐しようものなら、朝鮮人特有の火病を起こして抵抗すると思われます。
40万人の両親、場合によってはジジババも加勢して人数は膨れ上がります。

火病を起こした朝鮮人は、現代でも厄介なものです。
  
こんな奴らが何十万人、到底7,000名の兵士ごときで黙らせる事はできません。

もうひとつ、必然性の問題があります。

現在の陸上自衛隊は15万人程度の人数です。
仮に朝鮮人の両親どもが無抵抗で、すんなり娘を誘拐できたとして、自軍の10倍以上の人員を抱えることになります。

今の陸上自衛隊に置き換えれば、150万人の娘を抱えることになります。
とても戦闘どころではありません。
それから食料はどうしたのでしょうか。
日本軍は工業力不足と石油不足のため牛馬を多用していました。

dff0ad16 
大砲ですら、馬が運んでいたのです。
2万人の輸送能力をフルに発揮しても20万人分の食料の輸送は不可能です。

だいたいですね、規律に厳しい日本軍2万人が、20万人の娘を誘拐したならば、上に怒られると思います。

「現地の民衆が反乱するよなことなんでやんの!」
「娘らの食い扶持どうすんだよ!」
上官から罵倒の嵐、で済めばいいですが場合によっては切腹ものです。

ですので朝鮮娘の誘拐は無かった、というのが真実です。
韓国人と北朝鮮人がわめきまくっているのは全く全て噓です。
給料明細や朝鮮の日本軍はたった2万人だった事実を突きつけても、彼らは理解・納得してワメくことをやめません。
自分にとって都合が悪いことは全て「噓ニダ」といって信じようとしません。
朝鮮人というのは、そういう生物なのです。


 
クリックで、ブログランキングにご協力ください