日本労組総連合、略して連合に抗議街宣を行って参りました(20160212)。 


 愛国者の愛国クリックおねがいします 

 
抗議内容
・賃金が下がる移民政策を推進する民主党の支持をやめろ
・徴収した組合費を平和運動・護憲運動に費やすのは筋違い
・企業内部留保金が350兆円突破したのは連合が無能で人件費に吐き出させないから
などなどです。

多彩な弁士が多数集い、盛り上がりました。
01

06
15
07
05
04

08
09
11
12
13
14
抗議文を読み上げて提出してきました。
10
03
02

この他の映像はこちらからご覧下さい。
https://www.youtube.com/channel/UCeirWwT-PJRTvhUtI1UlwMQ

抗議文
抗 議 書 日本労働組合総連合会 御中         民主党支持について抗議いたします。 記  1月から通常国会が始まったが民主党が行っていることは自民党の批判に終止し、自らが何をやりたいかがまったく見えてきません。  批判ありき批判では国民の支持はとうてい得られるものではありません。 (別紙 民主党よ、「批判ありきの批判」では自らの愚をさらけ出すだけではないか?参照)  また、民主党内をまとめられないのに熊本県参議院議員選挙では共産党が母体の市民連合に担がれた候補を応援するようなことを行おうとしています。 (別紙 一枚岩ほど遠い“野合”共闘 参院選・熊本 統一候補に思惑入り乱れ 参照)  市民連合が担いだ候補者を応援してしまうことは共産党と相乗りすることと国民から見なされることになることであり、本来連合としては容認できないはずではなかったのではないのでしょうか? (別紙 加藤連合栃木会長インタビュー「民主は共産と相乗りしない」参照) 民主党がまずやるべきことは、自民党のスキャンダルの追及や揚げ足取りではなく、まずは、自らを正すため、津田弥太郎のセクハラ暴力に対する裁きを自ら行うことではないのでしょうか? (別紙 ハラスメント防止指針 参照) そして、働くものや生活者の為の政策、そして、TPPの締結に向けての問題点の把握であるかと思います。民主党が労働者そして日本国民の為、健全な国会運営に参画するよう連合から働きかけていただけるようお願いできないでしょうか?そして何時までも不毛な振る舞いを国会で行いのであれば民主党の支持をやめていただけるよう抗議いたします。                                 以 上 平成28年2月12日      しきしま会一同
民主党よ、「批判ありきの批判」では自らの愚をさらけ出すだけではないのか? 一枚岩ほど遠い“野合”共闘 参院選・熊本 統一候補に思惑入り乱れ 加藤連合栃木会長インタビュー「民主は共産と相乗りしない」 ハラスメント防止指針   

また2/26 12時〜13時あたりに、連合抗議街宣を開催しようと思っています。
皆様のご参加をお待ちしております。
演説なさらなくても見てるだけ参加も歓迎です。
宜しくお願いいたします。 

愛国者の愛国クリックおねがいします