ある方に「宮崎さんが日本の宗教は仏教だって言ってたんだけど実際のとこどうなの?」
と聞かれたのでお答えします。
  •  
宮崎さんは熱心な仏教とということで、視野が狭くなっているのだと思われます。
70454539fa7d3f23a31b555c963709fc5046511a1435682499

日本の場合、下図のようになっています。
 k
「日本」というフリーマーケットの会場があり、そこではいろいろな神様が出店できます。
それぞれに自分の神様の魅力を競い、お客さん(信者さん)の獲得に励んでいます。

一口に神道といっても、諏訪様のような水神様を祀る神社もあれば、五穀豊穣の神様を祀る神社・土地の川の神様・あるいは天神様(=菅原道真)東郷神社(東郷平八郎)東照宮(=家康)靖国神社(=日本国軍人=英霊)など元は 人間であった神様を祀る神社と多数あります。

仏教の寺も仏、その弟子である菩薩、その下の弟子の明王、天部を祀る寺が多種多様です。
仏教は仏教で神様同士で競い合ってます。

 萌えの世界で「まさに神」と神様を探す旅が今日も続けられています。
艦隊これくしょんというオンラインゲームでは、お気に入りの娘1人だけを選抜し、能力を5割アップできる「結婚(仮」とうシステムが取り入れられました。
これも自分のゲームの中における「神」探しであると私は考えます。

この店と店の間の行き来はなんと自由です。

それどころか、家は日蓮宗で葬式は寺だけど結婚式は教会でやりたいはぁと、いろいろとカブることも可能です。

 厳格なイスラム教徒やユダヤ教徒、キリスト教徒から見たら、日本人はなんとバチ当たりな民族でしょうか!


ですがそれが神道(=日本教)の「八百万の神」という信仰なのです。

「他の宗教の神々も八百万の神つうことで認めましょう」
これが「日本教」の正体です。

他の国々でこのように違う宗教が気軽に自由に出店できるでしょうか?
イスラム圏では宗教の違いで殺し合ってるではありませんか。
イスラム圏の中にぽっかり浮かんだユダヤ教の国イスラエルは、イランやイラクから「いずれ滅ぼす」宣言をされていたではありませんか。

年末年始の日本人の行動は、他の宗教を信じる人にとって狂気の沙汰です。
クリスマス(キリスト教)で性夜を過ごし、除夜の鐘(仏教)を聞きながら年を越し、初詣に神社に出かけ初日の出(天照大神)を見て、お年玉をあげる(儒教)。
最近はこれにキリスト教に滅ぼされたケルトの神々の祭り、ハロウィーンなんかも追加されてます。

どうでしょうか、狂気の沙汰を何の不思議もなく実行しているのが日本人です。

日本教とはすなわち、この宗教の自由な出店を許し、自由競争に任せましょう
いろいろカブってもええんやで〜
いずれ落ち着くとこに落ち着くだろ

これは市場原理に任せれば見えざる神の手によっていい感じになるといった原初の資本主義経済=「自由主義経済」に良く似てると思います。

 宮崎さんがいう「日本は仏教」は間違っています。

一般的な宗教
ワシんとこの店からだけ買わんかい(怒)!→お客さん獲得で殺し合い」

日本教&日本人
「どの神様でも出店自由やで〜ここはフリマ会場や」 

他のどの宗教にも無いこの考えこそが日本人の根底をなす日本教である、と私は思います。 
クリックおねがいします(土下座)dogezas