21050617の沖縄タイムス記事からです。

IMG_2993
朝日新聞沖縄支社と沖縄タイムスが共同で調査したところ、戦争について見聞きする場が、身内から学校に移行している、とのこと。
IMG_2995
生き証人は減る一方なので、これは当然なことです。
で、朝日新聞沖縄支社と沖縄タイムスという非国民組織が「調査をし、それを報道」した意図ですが、学校で戦争体験を教えるようにし、戦争の悲惨さを風化させてはならない、という意志があると思われます。
この非国民組織は「敗戦利得者」ですから、いつまでも「戦争は悲惨」「戦争は悪」ということにしておかないと都合が悪いのです。
IMG_2994
こちらはより直接的に「いつまでも戦争のことを伝えるぞ」の宣言記事ですね。

別に学校で戦争の話を教えてもいいのですが、問題は正しく伝わっているか、ですね。
朝日と沖縄タイムズの応援する「生き証人」が真実を述べているとは到底思えません。
沖縄の非国民運動の今後の動向予想です。

減る一方の生き証人
戦争は悲惨・日本は悪いと洗脳する機会の減少
敗戦利得者としてはそれは困る
学校教育での洗脳を強化したい
そのための世論造りをがんばるニダ

といったところでしょうか。

こちらにカウンターとしては
大噓ぶっこいてる生き証人を探し出し、噓であることを広報
学校の教科書に大噓書いてないか検証
マスゴミを弱らせるため「紙の新聞は森林破壊」といったプロパガンダを広報

といったところでしょうか。
  クリックおねがいします(土下座)dogezas