会社によっては社員全員が労働組合に入れられてしまうところもあるようです。
一般労働組合員にとって労働組合活動は、時には立腹を伴う苦しいものであるようです。
 
 メールいただきましたのでご紹介いたします。
image013
私は中部地方在住の会社員であり、労働組合員であります。


労働組合員の義務である中部地方メーデーに2015年5月に参加しました。


各野党から来賓が来ており、その中で共産党員の演説にて


「私は、昨今の阿部総理に怒りを覚えます。それは・・・阿部総理は歴史認識問題に対して謝罪をしない!!!!」


と、大きな声で話をされました。


私、周りの人は、その言葉に目を丸くしました。


発言をしたこと、発言の内容、熱弁度合、その自信具合・・・などなどなど、マイクの大音量が拍車をかけて、一つ一つに腹が立ってきたのを覚えています。


長い演説の内容に関して、しっかりと内容を覚えていませんが、聞くに堪えない内容であったという印象は持っています。


なによりも、もはや私の周りの組合員は怒りに駆られる人ばかりだったので、それをなだめるのに必死でした。


最終的には

「すまん、もう帰る。これ以上、こいつの話を聞いていたら俺、殴りかかるかもしれん

と発言する人まで出てくる始末。


全く持って共感をしていましたが、ただただなだめていました。


しかし!


「もう無理・・・」と思い、本気で殴りかかりそうと思う人はメーデー行進せずに帰りました。

(何より、自分自身も時折聞こえてくる内容に「殴りてぇ…」と思うほどでしたもので。)


帰り道でも

「こういう政党なのは分かってはいたことだけどなんでこんな政党が議席を伸ばしているんだよ」

「日本の恥・・・というか奴ら日本人か、おい!?」

死んでくれねぇかなぁ

と毒づく有様でした。

-----------
共産党議員の演説が激怒を買ったようです。

メーデーで「レキシガー」ってほんとにオカシイです。
メーデーの集会なら「一致団結して労働者の正当な権利を勝ち取ろう」とかさ、もっとこう・・・あるだろう。
 
発言をしたこと、発言の内容、熱弁度合、その自信具合・・・などなどなど、マイクの大音量が拍車をかけて、一つ一つに腹が立ってきた
<私の周りの組合員は怒りに駆られる人ばかり
<これ以上、こいつの話を聞いていたら俺、殴りかかるかもしれん
<「殴りてぇ…」
 本気で殴りかかりそうと思う人はメーデー行進せずに帰りました。

だいぶ憎悪されているようです。
メーデーの行進者を減らしたのですから、この共産党議員のやってることは労働組合活動の妨害ですが、「レキシガー」と言えさえすれば、奴らにとってそんなことはどうでもいいのでしょう。

 
<「日本の恥・・・というか奴ら日本人か、おい!?」

かなりの確率で日本人ではありません。
自分の知ってる熱心な共産党員も、年に何回もソウルに行っておりました。
こちらがやっているのが国民運動とすれば、共産党は外国人混じりの非国民運動でございます。

<「死んでくれねぇかなぁ
全く同感です。
他国の左翼は米国の民主党などのように、少なくとも愛国で自国の国益を追求しますが、日本のサヨクは他国の利益を追求する非国民運動を展開しています。
「共産党は全員死ねばいい」と自分も毎日思っております。 
クリックおねがいします(土下座)dogezas