新社会運動桜田修成氏、5/5の夕方に暴行容疑で丸の内署に拘束されました。
詳細
http://bouzup.blog.jp/archives/1026559725.html

検事が公判維持不可能と判断すれば不起訴となり、48時間の5/7の夕方に釈放される予定でしたが、その前ギリギリの時間に別件で再逮捕、続けて勾留になってしまいました。

というわけで応援街宣に行ってきました。

街宣の時は知りませんでしたが、テントの件は不起訴が決定したようです。
別件逮捕は、去年9月に出ていた被害届の件だそうです。

桜田氏主催の合法デモに突っ込んできた妨害者を桜田氏が突き返した、その時に手にしていた棒が当たったかなんかで、この妨害者が被害届を出していた模様です。

8ヶ月も前の被害届をなんで今頃ホジくりかえすのか、今まで捜査してなかった癖に、と思います。

合法デモに突っ込んだ馬鹿が悪いのです。
身を護るために押し返して何が悪いのでしょうか?
この件も不起訴となるでしょうが、丸の内署ではこう考えているのではないか、と警察に詳しい方の意見です。
丸の内署の考え「今後経産省脱原発に突っ込む奴が多発せぬよう、桜田で見せしめ」

だとすると、あと5/9の夕方前に、またまた別件で再逮捕、勾留延長 になる恐れがあります。

もしくは今回の件で48時間+10日+10日、合計22日間、テントの件と合わせて計24日間勾留し、ギリギリで別件逮捕。
さらに20日間延長で計44日間勾留を丸の内では企んでいるのではないか、と思われます。

ちょっとひどいよね・・・
桜田氏は日頃はあんなですが、全く暴力的なところのない男でして・・・ 
とにかく、なんでもかんでも被害届出しておく日本の敵側のやり方をマネして対抗しなくてはなりません。
全くの加害者のくせに「こっちもやられた!相互暴行だ!」と言い張り被害届を出せば、警察は面倒くさくなって双方に被害届の取り下げ圧力を加えます。

靖国神社で詐欺師さんが暴行を受けた時の愛宕署はひどかったです。
加害者側も被害届を出し、面倒くさそうだな、と思ったらしく延々2時間以上、被害者の詐欺師さんに被害届を阻止せんとツベコベツベコベ言ってがんばっておりました。
その時はそんなヒマあったらとっとと捜査しろ!と怒りを覚えました。
その時の刑事の暴言の録音もありますが、とにかく今回は「してやられたな・・」と思います。
デモや街宣でモメたら、なんでもかんでも救急車呼んで診断書とって被害届を出しましょう。
日本の敵側が70年間磨き上げたスキルを、盗んで賢くなって、テントの奴らのような日本の敵に対抗しませう。

蛇のわんさかいる穴に素手を突っ込むことは愚かであります。
周りを火で炙るなり、煙でいぶすなり、棒を突っ込むなりの工夫はいくらでもあります。

とにかく日本の警察はおかしい!
暴行した場合は「オレもやられた」と救急車を呼び、被害届を出し、相互暴行に持って行くのが賢いです。
そんな現状の日本の警察は全くおかしい。

 クリックおねがいします(土下座)dogezas