まったくもって驚くべき求刑が出ました。

 広島県江田島市のカキ養殖会社で2013年3月、2人が殺害され、7人が重軽傷を負った事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた中国人の元技能実習生・陳双喜被告(32)の裁判員裁判の公判が27日、広島地裁であり、検察側は無期懲役を求刑した。

 論告では「凄惨な犯行で、遺族の処罰感情は強く、死刑も考えられる」としたが、「外国での仕事で孤独感にさいなまれていた環境も考慮すれば、死で償わせるべきだとは言えない」と述べた。判決は3月13日。この事件では、陳被告が勤めていた「川口水産」のカキ加工場で、経営者の川口信行さん(当時55歳)と従業員の橋下政子さん(同68歳)がスコップで殴られたり、包丁で胸を刺されたりして死亡した。
 
 陳被告は、初公判当日の今年1月19日、収容先の広島拘置所で職員に暴行したとして出廷しなかった。第2回以降の公判には出廷しているが、3回の公判で不規則発言を繰り返し、審理の途中で上岡哲生裁判長に退廷を命じられた。

 これまでの被告人質問では「取り返しのつかないことをした。申し訳ありません」と謝罪しているが、殺意の有無や動機については「わからない」としている。
 7d7ba0b1
 検察側の論告後、川口さんの妻と娘、橋下さんの夫らの意見をそれぞれの代理人弁護士が陳述。「理不尽な犯行でかけがえのない肉親を奪われた。
 非道な犯人が死刑にならないのであれば正義はない。死刑をお願いします」などと訴えた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20150227-OYT1T50071.html

 まったくもって正義も糞もあったものじゃないと思いました。

 日本国内で日本人が外国人に殺されたのですよ?
しかも雇用者してあげてた恩人殺しです。

 この検察「人類みな平等」だの「人権」だのという単語に、脳味噌が腐っていると思われます。

 もしくは支那のスパイです。

 求刑よりも重い 判決は、滅多に滅多に滅多に出ませんから、これで犯人の死刑は「まず無い」ことになってしまいました。

それどころか、今後何年にも渡って、この糞中国人を日本が税金を投入して、刑務所で生かし続けなくてはならないのです。

 法律をすごく勉強したことがあり、今は水晶派の、ある方のお話です。
「法律は勉強すればするほど、思想がアカくなる。なぜなら弱者保護の法律はゴマンとあるのに、強者保護の法律は皆無だから」 

 中核派 が法政大学を拠点にしている理由もこれじゃないでしょうか。
「法律を学ぶ学生はアカく染めやすい」
「将来の弁護士は協力な味方になる」

 しば●き隊御用達のキャ●ンバラ弁護士という敵側の人間がおりまして、せと弘幸先生を名誉毀損で訴えちゃったりしています。

 こいつ、公判中に火病を起こして制止も聞かずに大声でまくしたて、とうとう裁判長に止められたそうです。
公判を見学したことがある方からお聞きしました。
「あいつ、おかしいよ・・・」これはその方の感想です。

 法曹関係が敵側に狙われて、戦後70年ずっとずっとアカくアカく染められているのです。

 でなければ恩人を2名もぶっ殺した外国人が死刑求刑されないのか、という説明が付きません。

 この馬鹿検事、法律の何を学んだのでしょうか?

 刑法以前に憲法っていう大きな法律があるだろうが!

 ここで憲法から11~14条を引用します。

第十一条  
 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。
 
第十二条  
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
 
第十三条  
 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
 
第十四条  
 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。 

 11~13条で「人権は公共の福祉に反しない限り最大限尊重される」と説明しています。
ですがよく読んでみてください。

 ここで保証している人権は国民、つまり日本人のものです!
外国人の人権など、日本国は1つも保証してないのだぞ!
保証する義理も無い!外国人の人権は、その国が保障すればいいのだ!

14条 差別の禁止
 これも「国民は差別されない」つまり日本人を差別しちゃダメだぞ♪という法です。
外国人を区別し他とはちがう扱いをすることを憲法は禁じていません。

 ましてや犯人は「外国人」であり「日本人」かつ「恩人」を「複数」殺害しています。

(外国時の)人権は大事〜♪
(外国人)差別はよくない〜♪

 どっちも憲法では否定されていることがわかります。

 この馬鹿検事は、法律には詳しいかもしれませんが、憲法に定められている国民のためになる理念がスッポリと脳味噌から消え失せています。

 自分は、外国人の人権を過剰に保護し、外国人と日本人との扱いを以上に同じようにするのは間違ってるし憲法違反だと思います。

 私は「外国人の量刑は日本人より重くすべき」と考えています。

 外国人が、頼みもしないのにわざわざ日本に来て、なかには住み着いて、日本人を害す、あるいは迷惑をかける、これは広義の侵略行為です。

 自分の母ちゃんの財布から金をクスねる行為と、他人の家に行って、そこのうちの母ちゃんの財布から盗むのとではワケが違うでしょ。

 当然他人の財布から盗む方が重く重く罰せられますよね、同じことです。

 だいたい、逆を考えたらすぐわかりますよ。

 中国に行った日本人が、中国人を2人ばかり殺したとしたら・・・

 多分ですが即死刑、あるいはその場で射殺されると思います。

「頼みもしないのに日本に来て、あるいは在コのように居座って、犯罪を犯した外国人は、侵略の先兵として処分」することを希望します。


              

 

クリックお忘れなく!
dogezas