クリックお忘れなく!dogezas

今日(20150202)の江東区の区報です。

http://www.city.koto.lg.jp/profile/kuho/87587/87588/file/1-4.pdf 

これの2 P目になんと!
区が外国人無年金者に、特別支給するとあるではありませんか!

 江東区jpg

無年金在日外国人に特別給付金支給

対象:特別永住者 帰化人も(!)

条件:90歳以上(年金制度が無くて無年金のため)
   53歳以上、身体障害手帳 療育手帳 精神保健福祉手帳 いずれも2級以上

支給:月額15~30千円

とのことでした。

超高齢者(90歳以上)は、当時年金制度が無かったため、あとは障害者のようです。

無年金の外国人に、バラまいてるようでもないですが、そもそもなんで日本の区が外国人の超高齢者と障害者の面倒をみて、利便をはかってやらねばならんのだ?という疑問も多々あります。

日本国憲法11~13条に保障されている人権は、「日本人」の人権だけです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/日本国憲法第11条

日本の行政は、外国人がどうなろうと日本人の税金をつかうな!
憲法は外国人の人権など保障してないんだ!
母国に帰って面倒みてもらえ!

と思ったのは自分だけじゃないはずです。

江東区のこの制度は、要監視だと思います。

民団新聞に民団の方針が載っていましたが、それには「オモニたちに年金を」とはっきり書いてありました。

この制度、いつの間にか全く健康な特別永住者にも枠が拡大されてて・・なんてこと、ありえます。

江東区の狼さんたちは、区と区議をしっかりと見張っていてください。

しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。dogezas