クリックお忘れなく!dogezas

若い方はご存知ないかもしれません、その昔、音羽事件というのがありまして、wikiで調べたら1999年の事件だったようです。


文京区幼女殺害事件 wiki 

自分の子と同じ幼稚園に通う幼女を殺して、遺体をバッグに詰めて隠匿した、という事件でした。 
で、この時のテレビの論調はこうでした。

犯罪の原因は全て環境にあると考える者たちは、Bの長男B-1と長女B-2が小学校・幼稚園の入学・入園試験に合格し、Aの長男A-1と長女A-2がともに不合格だったことを指摘し、Aが自分の長男・長女と同年齢であるBの長男・長女の試験の合否に対して嫉妬心を感じたことが直接の原因となってB-2を殺害したとみなした。この事件の根本的な原因が幼稚園・小学校への受験競争であるかのように、客観的また具体的な根拠や証明の無い、主観的思い込みに基づいて報道や評論をした。 

 いかがでしょうか。

ただただ単純に、加害者が悪いだけだろ・・・違うか?

この時も シタリ顔した文化人やら評論家どもが見当外れの明後日の話をテレビでせいせいと吹聴しとりました。
 
今回のテレビは、こんなふうになっとるそうです。

ついに報道ステーションが欧州諸国を批判し、まさかの「イスラム国」の正当性をアピールする


「『イスラム国』の隠れた野望 領土拡大で国家建設の戦略」こんなタイトルが付いた特集は、古舘伊知郎キャスターが「いわゆる一過激組織というふうにはくくれない」と宣言して始まった。
http://asianews2ch.jp/archives/43121951.html


「私の知る限りだが、イスイス団の活動を詳細に紹介したり、イスイスの立場を代弁したり、イスイス団にシンパシーのある人物をゲストに呼んだり、イスイスのPR映像まで特集するのは日本の放送局だけだな。やっている事はオウム真理教の時と全く同じだ。あの時何を反省したのか振り返ったほうがいい。」

井上リサ


報道ステーション、というかテレビ朝日は、後藤けんじさんの前からの顧客だったようです。
http://hosyusokuhou.jp/archives/42525431.html
 

知らない仲でも無し、だったらなおさらテロリストどもが憎いはずなのにおかっしいな・・・

先進諸国→テロを非難
国連→テロを非難

池内さおり→安倍総理許さん!
山本太郎→人道支援反対!
福島みずほ→歌とダンスで楽しく戦争反対!

どーも僕です。(秋山宏次郎)さんはTwitterを使っています (via windsock)

(volnay007から)
 

ISILテロリストによる人質誘拐殺人事件を受けて

・安倍首相→テロを非難

・先進諸国→テロを非難

・国連→テロを非難

ISILイスラム国→安倍首相を非難

・民主党有田芳生→安倍首相を非難

・民主党徳永エリ→安倍首相を非難

・共産党池内沙織→安倍首相を非難 

いかがでしょうか。

犯人が悪い!という単純無比な事柄に背を向けて、見当違いの明後日の方の議論や主張をしているのが、日本のテレビや民主党・共産党どもなのです。

特にテレビは1999の音羽事件から、全く何ら変わっていません。

国民の多くは、とっくにテレビに絶望し、あれだけ韓国押ししたにもかかわらず、国民の嫌韓率が7割になってしまいました(内閣府調査)。

このまま国民に見放され、テレビは滅亡するのんでしょうか。
自分的には「滅びよ」と思ってます。

しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。dogezas