警察庁発表の犯罪白書から

粗暴(暴行や傷害)犯罪の推移
粗暴
こちらを見ますと、昭和32~40年が突出しています。

昭和20~25生まれの団塊の皆様が、10代のもやもやした若い衝動を、思いっきり暴力で発散していたことが推測できますね!

昭和40年から件数がみるみる減少するのは、成人すると刑がメッキリ重くなるので、気軽に他人を殴っていた団塊の皆様が多少なりとも自粛されたせいでしょう。

強姦件数の推移
強姦
こちらも多いのは、団塊の皆様が13~24歳ぐらいの年です。

13歳・・・そういえば早熟な方は、そのぐらいからモヤモヤしてきますね。
団塊の皆様は、13~24歳の若き血潮!情熱!性衝動!ラ・パッションを、ためらうことなく強姦で発散されていたようです。

昭和43~44年頃に減少に転じるのは、さしものお元気な団塊の皆様も、20台半ばを過ぎさすがに強姦してまで・・・という強烈な性衝動が落ち着いたものと推測できます。

次はもっと直接的な『団塊は凶暴』の証拠です。

日本民営鉄道教会発表年代別駅員への暴力事件件数

date_jiken01

駅員に暴力をふるうのは60代が一番多いと冷徹に記録され発表ちゃいましたね。

立場の弱い駅員は殴っていいと勘違いされている団塊の皆様も多いのではないでしょうか?
駅員さんを殴ったら暴行事件、怪我をさせたら傷害事件で逮捕されます、お気をつけ下さい。

これでぐうの音も出ないほど証明されました。

『現代日本において、団塊世代が一番凶暴である』
 

しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas