ソウルの第2 ロッテワールドにおいて、不具合が多発しているようです。

公になってるだけでもこれは重大だろ・・と思えるな不具合をザックリ上げます。

・建設開始→近辺に多数のシンクホール(地盤陥没)
・近所の湖の水面が70cm下がる
・ビルの要の心柱に98の亀裂発見、補修すれば問題ないとしてパテ埋め
・5,6Fの床に無数の亀裂、古めかしく魅せるための意図的な演出と強弁
・8F映画館でスクリーンが揺れるなど館全体の振動発生、上映禁止
・アクアリウムの水槽から漏水、補修すれば問題無いとしパテ埋め
・地下駐車の床に無数の亀裂、乾燥のせいかな?などと寝ぼけたことをのたまう



これ以外にも公になってない部分で無数の不具合があると思われます。
日本なら建設中止・営業中止・立ち入り禁止の行政命令が出るところでしょうが・・・
朝鮮人どもはどうしてヘーキなんでしょうか。

どうやら李氏朝鮮が輸入し、チョーセン流に改造した朱子学に問題がありそうです。

朱子学は宋の時代に発生した学問で、科挙の科目となりました。
支那人ども朝鮮人どもは科挙に合格して役人になるため必死でこれを学びました。

朱子学には
・作法、礼儀にやかましい
・観念的、ゆえに現実軽視
・希有壮大
・絶対の正義かそれ以外かの尺度しかない→不寛容
・ もっとも得意なのは大義名分をヒネりだし、自陣営を正義とすること
という特徴があります。

朱子学は13世紀にチョーセンに輸入され、李氏によって国学とされました。

徳川幕府も輸入しましたが、作法や礼儀といった部分だけ美味しいとこ取りし、さほどの影響は受けませんでした。

朱子学の信奉者であった松平定信が行った寛政の改革は、日本人には全くウケませんでした。

前任者である田沼意次の重商主義政策と役人と商家による縁故中心の利権賄賂政治から、飢饉対策や、厳しい倹約政策、役人の賄賂人事の廃止、旗本への学問吟味政策などで一応の成果をあげたものの、老中就任当初から大田南畝により「白河の清きに魚のすみかねて もとの濁りの田沼こひしき」などと揶揄された。また幕府のみならず様々な方面から批判が続出し、下記の尊号一件事件も絡み僅か6年で老中を失脚することとなった。』

正義かそうでないか、の一元論でマツリゴトは無理です。
良くも悪くも、様々な利害を調整するのが政治だからです。
白河の清きに魚のすみかねて は朱子学の不寛容さの批判だと思われます。


不寛容なので、李氏朝鮮は異常なほどケツ鞭が好きでした。


話をチョーセン朱子学に戻します。

チョーセンに輸入された朱子学は、観念的(現実軽視)・不寛容・正義か悪かの一元論はそのままで、チョーセン人の体質に合うように驚くべき屁理屈が付け加えられました。

朱子学には『徳』と概念があります。
形の無い、実在が無い概念ですからいかようにも恣意的に解釈できる詐欺師にとって便利なものです。 

とりあえず朱子学の
『徳の高い者は皆にその徳を広めましょう』という教えがチョーセン人の手にかかると
『身分が高い』=『徳が高い』と変化しました。

さらに『徳が高い』=『行いが正しい』と間にはさみまして
『身分が高い』= 
『徳が高い』=『行いが正しい』

最終的にチョーセン朱子学は
『立場が上』=『正しい』という結論を導きだしました。

ロッテワールドで様々な不具合があってもチョーセン人どもが全くヘーキなのは、チョーセン人の主観が
・現実軽視(観念重視)
・立場が上=正しい 

だからです。

その他にも、現実軽視・上は正しいが原因だな、と思われる出来事は後を断ちません。

仁川大会は「失敗」しておらず、大会組織委員会は限られた予算の中で最善を尽くしたと語った。
サルモネラ菌が検出された弁当箱やスタジアムの空席、輸送問題が主催者の頭を悩ませたが、広報担当は大事件は起きなかったと述べた。

韓国中部の牙山で建設中に突然傾いた7階建てビルの撤去作業が行われた。作業は2日間にわたり行われる予定だったが、掘削機で3~4階の柱を取り壊す途中、ビル全体が倒壊した。

韓国軍レーダー、作動せず

きりが無いので止めますが、特に軍の関係で全く効果の無い防弾ベストを配布してたり、駆逐艦に漁船用のソナーを付けていたりと、日本だったらトンデモナイことが多発するのがお笑い韓国軍の仕様です。 

民主党のモナ夫が『敵は自民党』と吠えているようです。 
これは朝鮮脳に侵され、物事を『正義か、そうでないか』の一元論でしか思考できなくなっている現象だと思われます。

本家チョーセンの新聞もヒドいです。
戦犯国の日本が慰安婦問題の解決策をまず出さなければならないというのは国際的常識だ。
これも『正義か、そうでないか』の一元論、『大義名分をヒネりだす特技』ですね。

チョーセン朱子学に毒された一般的チョーセン人の考え方

・観念重視、現実軽視
・正義か、そうでないか の一元論 さらには『上か下か」『得か損か』など。2つしか選択肢が無い脳内
・立場が上=正しい さらには『立場が上なら、何をやってもいい」と拡大解釈

チョーセン人のおかしなニュースは、この3つで大概は説明できると思われます。

今後は、アリエネー!と思ったチョーセンのニュースを見たら、これら3つのどれが当てはまるかな?とお楽しみください。 

<`Д´ > 空気?ヨメナイニダ
<`Д´ >   現実?ミエナイニダ 
しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas