しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

JP PRESS記事より
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42528

記事要旨

・米国は、
1998年に『ナチス戦争犯罪開示法』2000年に『日本帝国政府開示法』を制定。
 ドイツと日本の戦争犯罪について大規模な調査プロジェクトを開始。

・2000年開始2007年終了

・総予算3,000万ドル 

・調査対象は、国防総省・国務省・国家安全保障局・米軍・FBI・CIA保管の、1931~1945年に記録された未公開および秘密指定公文書850万ページ。

・捕虜虐待・民間人殺傷・生物兵器・化学兵器・慰安婦強制連行の5項目に関して調査が指示された。

・捕虜虐待・民間人殺傷は数十件見つかったが、慰安婦強制連行の資料は皆無だった。

・調査プロジェクトは『IWG報告』としてまとめられた。

・プロジェクトリーダー代行スティーブン・ガーフィンケルの発言。
「世界中の多数の人々が、この調査が日本の残虐行為の文書化に役立つ記録を数多く発見するだろうと期待していた。だが私がそれらの人々に明確に伝えたいのは、IWGによるアジアでの戦争犯罪の関連記録の探索は勤勉かつ徹底をきわめた、ということだ」
 
どうやらサボらずに、徹底的に調査したらしい。




 
日本だけですわ真実の国わ・・でも それを隠す日本人も数多く居るな~!情けない!!
返信
 ・ 
2
1 件の返信を表示
 
http://gensen2ch.com/archives/17925484.html
マイケル・ヨン氏「第二次大戦中、韓国男性が臆病者だったとでも言うつもりか?慰安婦の強制連行は全てが嘘だ」

What kind of fool General would dedicate the resources to kidnap, guard, transport, and feed 200,000 women, knowing that he is creating yet another war to fight?
20万人の女性を強制連行して、彼女たちを監視し、移動させ、食べさせる目的に経営資源を費やす将軍がいるとすれば、どんな種類の馬鹿なんだろうか。わざわざもう一つの戦争を作っているようなものだと気付くはずだと思うが?

The Japanese were highly advanced military thinkers. They made their own submarines, airplanes, and aircraft carriers. These were serious people, and super smart.
日本人は軍事戦略を立てることに長けていた。日本人は独自に潜水艦や航空機、空母まで製造していたのだ。真面目かつ非常に賢明な民族でなければ出来ないことだ。

There is no way that Generals would dedicate those resources to kidnapping women when the US military and allies were marching down their throats. They had a war to fight -- this was not Spring Break.
米軍と連合軍の攻撃がのど元まで迫ってきているのに、日本軍の将軍たちが貴重な資源を女性の強制連行に費やすはずが無い。彼らは戦争の真っ最中だった。春休み中だったわけではない。
もっと読む(17 行)
返信
 ・ 
 
ライダイハンの問題が世界に知れ渡って欲しい、日本軍には混血問題は起きていない。
政府管理の慰安婦が同行したからだが、これは戦地の地元女性を守る為の措置だった。
勿論募集した売春婦だったのだが、それを(米の主導によって)韓国側が強制的に連れていかれたと捻じ曲げているに過ぎない。米のトップは分かっていながら韓国切りの為、やっている振り。
「混血児がいない」、日本軍は野蛮な事はしていない証拠なのだ。
返信
 ・ 
 
証拠なら朴 槿惠大統領の父親である朴正煕大統領の
直筆サイン入り基地村女性浄化対策'文書が、
韓国の国会で公開されただろ。
証拠を出せとか馬鹿だねぇ。
韓国代表は国連で慰安婦について熱く語っていたね。
「10万人以上と推測される慰安婦は誰かによって集められ、ある国家の部隊に配置され、
定期的に検査を受けながら徹底的に管理された。
逃げる事もできず、監獄の囚人のように暮らした」

その内容そのまま、モンキーハウスなど基地村浄化対策公文書に書かれていたよね。
韓国政府による慰安婦の管理について、日本軍にすり替えて
国連で熱く語ったことになる。
もっと読む
返信
 ・ 
1
 
アメリカも自国の奴隷制度や戦争犯罪の歴史について、法律作って調べた方が良いと思う。
まずは、自分の国のことを調べるのが順番だよねwwww

http://www.sankei.com/world/news/141127/wor1411270003-n1.html
米政府の慰安婦問題調査で「奴隷化」の証拠発見されず…日本側の主張の強力な後押しに

 米政府がクリントン、ブッシュ両政権下で8年かけて実施したドイツと日本の戦争犯罪の大規模な再調査で、日本の慰安婦にかかわる戦争犯罪や「女性の組織的な奴隷化」の主張を裏づける米側の政府・軍の文書は一点も発見されなかったことが明らかとなった。戦時の米軍は慰安婦制度を日本国内の売春制度の単なる延長とみていたという。調査結果は、日本側の慰安婦問題での主張の強力な補強になることも期待される。

 報告の序文でIWG委員長代行のスティーブン・ガーフィンケル氏は、慰安婦問題で戦争犯罪の裏づけがなかったことを「失望」と表明。調査を促した在米中国系組織「世界抗日戦争史実維護連合会」の名をあげ「こうした結果になったことは残念だ」と記した。
もっと読む(11 行)
返信
 ・ 
 
” イャ~ン婦 問題 ” は厄介である。
返信
 ・ 
 
ネットで1950年に作られたアメリカ映画で、日本軍に寄って白人女性だけの捕虜収容所を描いた真実の物語を見た、面白いのは母親の子供も一緒に捕虜収容所にいるんですね。そこには、ニダどもが騒いでいる強制されて慰安婦にした事など微塵も描かれていません。寧ろ一部の日本軍人に親切にされたとある場面がありました。(ただし、日本