しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

朝日新聞本社から、各販売店に配布された声明

BwwAR0nCAAAfZ67

 ASAのみなさまへ 2014年8月28日

 いつも朝日新聞の配達、普及活動にご尽力くださり、暑く御礼申し上げます。

 さて昨今、日韓関係が冷え込み、慰安婦問題が焦点になる中、朝日新聞の過去の報道に対して、いわれなき批判が起きてました。

 読者やASAの皆様方から『なぜ反論しない』といった声やご希望をいただくようになりました。

 弊社は8月5日と6日に特集『慰安婦問題を考える』を掲載いたしました。これにたいして、さまざまな議論がおきていることから、ご説明いたします。

 17年前の1997年、弊社は韓国・済州島で『慰安婦狩りをした』とする吉田清治氏の証言について、調査結果を掲載いたしました。この吉田証言に疑問があることを明示し、『済州島の人たちからも、吉田氏の著述を裏付ける証言は出ておらず、真偽は確認できない』と報じています。吉田氏は当時、朝日新聞の見解について『反論するつもりは無い』としていました。この問題について弊社は、1982年の初期から32年間にわたって放置したわけではまったくありません。

 こうした経緯を踏まえる事無く、また、吉田証言は他のメディアでも報じていたにもかかわらず、弊社のみを批判する動きがありますが、弊社はまず、国際社会の中で正しい日本の未来を目指す議論を始めるには、この特集で過去の記事の誤りを正すことが必要だと判断しました。綿密な取材の結果、吉田証言の虚偽と断じ、過去の一部の記事を取り消しました。初期弾かで起きた『慰安婦』と『挺身隊』の誤用も認めました。読者の皆様に反省の気持ちをお伝えし、変わらない姿勢で慰安婦問題を報じ続けて行くことを誓いました。

 特集掲載後、一部の新聞やテレビ、雑誌、ネット等では『朝日が誤報を認め、河野談話の根幹が崩れた』と根拠の無い主張が繰り返され、『慰安婦問題そのものが捏造』などと全く筋違いの見解まで示されています。しかし、吉田証言の虚偽を明らかにし、一部の記事を取り消したからといって、慰安婦をめぐる『すべてのことがなかった』というのは誤りで、こうした議論は国際社会では全く通用しません。慰安婦問題の本質は、戦場で自由を奪われていた女性たちに現代の日本がどう向き合うかという人権、人道の問題です。日本政府が河野談話は見直さないという方針を示しているにもかかわらず、人間の尊厳を軽視するような議論こそが、むしろ国際社会の中で日本が異端視され、孤立することにつながります。

 6年後には東京で五輪が開催されます。日本は国際社会の中で重要な役割を担い、近隣諸国との強調が求められる時代を迎えるにあたって、弊社はこれからも本質をとらえた報道を続け、読者の皆様、ASAの皆様のご期待にこたえ、これまで以上に信頼をえていくことをお約束します、

 この問題に対する読者の皆様の想いは多様です。こうした読者の皆様と直に接しておられるASAの皆様には、たいへんなご苦労をかけておりますが、弊社の報道姿勢にぜひご理解を賜り、これまでに増して叱咤激励をいただければとお願い申し上げます。

引用ここまで
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 さて昨今、日韓関係が冷え込み、朝日新聞の過去の報道に対して、いわれなき批判が

日韓関係が冷え込んだのはお前のせい。なんで他人事なの?
いわれなき?お前真犯人だろが、間違いなく。

 この問題について弊社は、1982年の初期から32年間にわたって放置したわけではまったくありません。

 いや、放置した。
 吉田氏の息子が『父が死ぬ前に取材に来てくれたら、すぐにわかったこと』と証言している。

 放置どころか、合計16回も記事を書き、噓の上塗りをした。

 特集掲載後、一部の新聞やテレビ、雑誌、ネット等では『朝日が誤報を認め、河野談話の根幹が崩れた』と根拠の無い主張が繰り返され、『慰安婦問題そのものが捏造』などと全く筋違いの見解まで示されています。

 安倍内閣の検証ですでに、河野談話の根幹は崩れているし、慰安婦直そのものが捏造。

 筋違いってなんだいったい。吉田証言以外の証拠を出してからいばったら?



 吉田証言の虚偽を明らかにし、一部の記事を取り消したからといって、慰安婦をめぐる『すべてのことがなかった』というのは誤りで、こうした議論は国際社会では全く通用しません。

 あったっていうんなら吉田証言以外の証拠を出せ。

 嘘つきババアの証言以外の物的証拠だ。

 国際社会で全く通用しないのはむしろ朝日新聞。

朝日が日本以外にあったら、社員関係者は多分、こんな目に遭ってる。



 慰安婦問題の本質は、戦場で自由を奪われていた女性たちに現代の日本がどう向き合うかという人権、人道の問題です。

 だから証拠を出せって。あくまであったって言い張るなら。

 この問題の本質は、朝日新聞が世界最大の噓を32年渡ってつき続け、多くの政府と関係者、国連まで振り回されたことにある。



 日本政府が河野談話は見直さないという方針を示しているにもかかわらず、人間の尊厳を軽視するような議論こそが、むしろ国際社会の中で日本が異端視され、孤立することにつながります。

 
40年間誰も名乗り出ず問題視せず、70年間証拠が見つからず、元記事まで削除されたことに関して日本が問題にしていたら、それこそ国際社会から『バカジャネーノ』と異端視される。
 いまや孤立しているのは朝日新聞である。

 さて、このようなキチガイじみたイイワケを文書で配布しなければならない程、断末魔な朝日なワケだが、読売が追い打ちを書けている。

 全国に350万枚以上配布された朝日糾弾チラシ。

 同じチラシではあるが、この大2弾が読売本社から強制配布命令&チラシ代の請求書と共に今日(9/5)来たと、読売販売店から連絡がはいった。


10488926_685316988227436_1872634802_n

 その販売店では、朝日が噓記事訂正してから約1月で、新契約が40本あったが、そのうち10本が朝日からの乗り換えだったという。

 wwwざまぁwww
 このまま朽ち果てよ朝日www

  朝日新聞には、この言葉を送りましょう

 

 イザヤ書33章1節〜

 災いなるかな、己自ら滅ぼされないのに人を滅ぼし、誰も欺かないのに人を欺くものよ

 あなたが滅ぼすのをやめた時あなたは滅ぼされ
 
 あなたが欺くのをやめた時あなたは欺かれる



 イザヤ書14章19節〜

 しかし、お前は墓の外に投げ捨てられる

 忌むべきものとされた水子のように

 剣で刺されたもの殺された者に囲まれ陰府の底まで落ちて行く

 踏みつけられた死体のように

 

 お前は自分の国を滅ぼし自分の民を殺したので

 彼らと共には葬られない

 どうかとこしえに悪を行うものの子孫が名を呼ばれることのないように



 使徒言行録13章

 見よ!侮るものたちよ!
 
 驚け!そして滅びされ!

 わたしはあなたがたの時代に1つのことをする。

 それはどんなに説明しても

 あなたがたには到底理解しえないことである