しきしま会

しきしま会HP http://shikishimakai.web.fc2.com

【クリミア】韓国がwwwロシアをwwww制裁wwwww


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

韓国は自国軍の指揮権が無い、おそらく世界唯一の国です。


朝鮮戦争時、前線から逃げに逃げまくる朝鮮兵のおかげで、55,000人もの戦死者を出し激怒したアメリカに、軍事指揮権を奪われました。


兵隊のみならず、大統領の李承晩からして率先して逃げていました。


彼は逃亡途中の国境付近で米軍に捕獲され、米軍新兵に殴られながら連行されました。


『お前は大統領だろ!逃げてどうすんだ!』

大統領を殴りながら連行する新兵に彼はこう言いました。


『もう嫌だ、逃げる』



腰抜かすほど呆れ返った米軍は、軍事指揮権を委譲する書類を作りました。


大統領は光速でそれにサインし、逃亡用飛行機に飛び乗って逃げました。



それ以来60年以上も、韓国軍は在韓米軍の下部組織として存在しています。


どこの世界に自軍を自由に動かせない独立国がありますか?


そんなの独立国とは言えませんよねwww




そうです、韓国は米国の属国なのです。



それを踏まえてこの記事読むと、属国の分際で独立国気取りで


『承認できない』


だのホザいているのが笑えますwww


それ、おめぇーら決める事じゃねーからwww

親分のアメリカの決定に従っただけだろwww


また、皆さんご存知でしょうが、禍の国の法則、というものがあります。


元寇      高麗と組んだ元    

         敗北


日清戦争   李氏朝鮮と組んだ清 

         敗北


大東亜戦争  朝鮮を併合していた大日本帝国 

         敗北


朝鮮戦争   大韓民国と組んだ米国 

         敗北(上半分の占領を阻止できず)


ベトナム戦争 大韓民国と組んだ米国(万人以上の兵を出したのは韓国だけだった。)

         敗北(ベトナム共産化を防げなかった)


つまり、韓国と組んだ方が負けるのです。


例外は一度たりともありません。


韓国に好かれれば好かれるほど衰退し、嫌われれば嫌われるほど隆盛を極める。


これが名高い禍の国の法則です。


今回、韓国に承認されなかったロシアの隆盛は、決まったようなものです。


日本はそれを踏まえて、うまく外交で立ち回ってほしいものです。




【クリミア】韓国がロシアを制裁か [3/20]

1 :動物園φ ★@転載禁止:2014/03/20(木) 14:36:31.11 ID:???

「クリミア編入、容認できず」韓国政府が公式立場…対ロシア制裁は苦心中 


2014年03月20日11時23分[? 中央日報日本語版] 


韓国政府はウクライナのクリミア自治共和国が住民投票でロシア編入を決めたことに 

対して、認められないという公式立場を明らかにした。 


韓国外交部は19日、報道官声明を通じて「韓国政府はクリミア住民投票とロシアの 

クリミア編入を認めることはできない」としながら「ウクライナの主権、領土保全と 

独立は必ず尊重されなければならない」と明らかにした。 


一方、韓国メディアによると韓国政府はロシア制裁の有無をめぐって苦心中である 

ことが分かった。政府のある関係者は「韓国の追加措置の有無に関しては進行状況を 

さらに見守らなければならないだろう」と話した。 


http://japanese.joins.com/article/166/183166.html?servcode=A00&sectcode=A00 




5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:37:56.07 ID:WpdJrY7d

踏み潰されっぞ。 


ゴキブリはゴキブリらしく静かにしてろよ 


6 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:38:00.34 ID:0S5V3aym

ギャグです 


7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:38:06.31 ID:SPQs1uyu

大きく出たな 

で、具体的に何するの? 


8 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:38:16.39 ID:/ZHF05op

何言ってんだ 


9 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:38:28.38 ID:81qjb9KZ

一丁前に 


10 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:38:36.24 ID:dBpK5fhT

「キムチ冷蔵庫の輸出禁止」あたりか 


11 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:38:48.91 ID:drghbERW

あ?、韓国がロシアを制裁て・・・ 



13 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:39:20.59 ID:Sz8Khnfl

韓国「制裁ニダ」 

プーチン「は?」 



16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:39:39.43 ID:7ualbEj+

ゴキブリがカブトムシに制裁とな? 



34 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:47:30.39 ID:/KLNjXOa

まぁ、アメリカに言われたんだろ。 



37 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:48:29.04 ID:WEnyDGCP

死ねやチョン 



45 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:49:51.02 ID:E+Ktgy3Q

ただの様子見だなコリア 

だが、最大の問題は 

    

 誰も気にしてない 


これに尽きるが 



48 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:51:52.56 ID:MwCqwosY

韓国人がロシアに入国するだけで制裁になるw 


49 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:51:58.29 ID:/LP/gppN

プッww 

韓国如きが何か出来ると思ってる時点で滑稽過ぎるwww 

 


52 :Dr.Hwang ◆NOBELxffHw @転載禁止:2014/03/20(木) 14:53:55.33 ID:lZ159fSZ

わかった、あれだ 

ポスコが工場を新設するんだw 



59 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:55:17.62 ID:qGnIczUi

                ハ        _ 

    ___         ∥ヾ     ハ 

  /     ヽ      ∥::::|l    ∥:||. 

 / 聞 え  |     ||:::::::||    ||:::|| 

 |  こ ?  |     |{:::::∥.  . .||:::|| 

 |  え      |     _」ゝ/'--―- 、|{::ノ! 

 |  な 何   |  /   __      `'〈 

 |  い ?   ! /´   /´ ●    __  ヽ 

 ヽ      / /     ゝ....ノ   /´●   i 

  ` ー―< {           ゝ- ′ | 

        厶-―    r  l>        | 

      ∠ヽ ゝ-―     `r-ト、_,)      | 

      レ^ヾ ヽ>' ̄     LL/  、   / 

      .l   ヾ:ヽ ` 、_      \\ ' 

     l    ヾ:ヽ   ト`ー-r-;;y‐T^ 

      |    ヾ `ニニ「〈〉フ /∥. j 


60 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:55:21.59 ID:QdDEKcT+

ゴキブリVSホオジロザメ並に差があるな 

ゴキブリなんか不味すぎて相手にもしないだろうが 


61 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:55:36.09 ID:nkZrWxSR

おいおい、ロシアに面倒見てもらってるロケット開発はどうすんだよw 



65 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:56:01.51 ID:C6Tb4dn3

>>44 

つ【ロケット代金の踏み倒し】 



68 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:57:01.34 ID:M6amg50k

>>65 

それだ! 



70 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:57:15.54 ID:r3NFBzYB

>>61 

代金踏み倒し 



80 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/20(木) 14:58:50.54 ID:sDOrAz54

>>1 

逆法則発動! 

これからロシアがさかえるなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 


日韓断交しろ!と思われた方はクリックしてください。

【韓国】 甲状腺癌発病が世界平均の10倍。そのワケは?


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

 韓国は、1980年代、自前の核兵器を欲してIAEAに隠れて、ウラン濃縮にトライしていました。


http://www.gensuikin.org/gnskn_nws/0411_2.htm


それがバレて、IAEAにこってり怒られて進退窮まった韓国は、持っていた2,5kgの劣化ウラン、150kgのウラン性金属の処分に困りました。


それで奴らが考えついた処分法とは・・・・・・・・


それらをアスファルトに混ぜ、ソウルの道路を舗装しました。


一体何がしたかったのかサッパリわかりませんが、きっと彼らにも分からなかったことでしょうw


で、その結果・・・・・・


・韓国ソウルは毎時3マイクロシーベルト、東京(毎時0.034~0.052マイクロシーベルト)の60倍 





                 .____

               ../_ノ  ヽ、_\ ぷぎやぁー

         ,. -- 、,  o゚((●)) ((●))゚o  ,. -- 、

     ,.―<,__    ヽ:::⌒(__人__)⌒::: /    __,>─ 、

    /          ヽ  |r┬-|   /          ヽ

   __|            }.  | |  |  {            |__

  / ヽ,       /  {   | |  |   }  \       ,丿 ヽ

  {    Y----‐┬´   、. | |  |  /   、 `┬----‐1    }

 /'、   ヽ    |ー´   ヽ, | |  | /   `¬|      l   ノヽ

 {  ヽ  ヽ    lヽ_!´   ヽ`ー'ォ./    、 !_/l    l    /  }

 ',   ヽ  ヽ    ,/     }   {       \     l   /  ,'

  ヽ  ヽ  、,__./      /   .\      ´`ヽ.__,ノ  /   ノ

   \  ヽ__/,'    _ /       \     ヽ、\ __,ノ /

                          ̄ ヽ、_  〉 ,!、__/




続いて、こういうことにwwww


【韓国】 甲状腺癌発病が世界平均の10倍。そのワケは?…医師「検査が多すぎるから」[03/19]

1 :蚯蚓φ ★@転載禁止:2014/03/19(水) 23:10:42.88 ID:???

http://img.hani.co.kr/imgdb/resize/2014/0320/139522925673_20140320.JPG 


「国内で30年ぶりに甲状腺癌発生が30倍も増え、2011年基準の国内甲状腺癌発生率は世界平 

均の10倍にもなります。これは世界の医学史で類例がありません。」 

(シン・サンウォン高麗大医大教授) 


「我が国を含む全世界的に甲状腺癌死亡率は人口10万人当たり1人未満で、名前だけの癌であ 

って事実上癌とは言えないほど死亡率は低いです。場合によっては治療すれば、かえって利益よ 

り害が大きい甲状腺癌を不必要に診断して出した結果で、これを政府が放置して多くの被害者が 

現れています。」(イ・ジェホ、カトリック医大教授) 


韓国の癌発生順位を見ると女性が最も多くかかる癌が甲状腺癌だ。男性の場合も6位を占めて 

いる。だが、他の国とは状況が非常に違う。甲状腺癌発生が最も少ない国である英国の場合、男 

女すべてで甲状腺癌は10位に入らない。甲状腺癌の発生が多い日本とアメリカも各々9位と4位 

を記録している。男性は日本、米国、英国など3国すべてで10位圏に入らない。 


2010年の国際癌研究所資料では韓国女性の場合、人口10万人当たり甲状腺癌発生率が59.5 

人で世界平均4.7人に比べ10倍を越える。男性の場合も10.9人で世界平均1.5人に比べて7倍 

多い。なぜ韓国だけ唯一、甲状腺癌発生が多いのだろうか?生活習慣や文化的側面で特別な問 

題があるのだろうか?関連専門家たちは‘甲状腺癌超音波検査’すなわち甲状腺癌に対する過 

多検診を主な理由だと言う。医療機関が検診センターの収益を狙って不必要な検診まで薦めた結 

果で、政府はこれを放置しているという指摘だ。 


これを見て医者たちが立ち上がった。今月18日、シン・サンウォン・アン・ヒョンシク高麗大医大教 

授、ソ・ホングァン国立癌センター医師、イ・ジェホ、カトリック医大教授など8人の医師が国内で初 

めて‘甲状腺癌過多診断阻止のための医師連帯’を作った。彼らは医学的に効用性が立証されて 

いない甲状腺癌超音波検査を通じて治療が不必要な甲状腺癌患者を医療界が作り出していると 

し、直ちに何の症状がない元気な人々を対象にした甲状腺癌超音波検査を中断するよう要求した。 


科学的根拠もある。彼らは韓国では甲状腺癌発生率が高くなる理由がまったくないと説明する。 

放射能漏出事故や深刻な自然災害などの様な明確な理由がないから過多診断のほか説明がつ 

かないと言うのだ。シン・サンウォン教授は「米国でも甲状腺癌増加について過多検診が主な理 

由という論文が発表されたことがある。我が国の甲状腺癌発生率が米国の5.5倍にもなる事を考 

えれば、国内では甲状腺癌に対する過多診断が米国より多いと推定される」と語った。 


実際、我が国では民間医療機関はもちろん国公立病院までみな健康診断センターを作って、収益 

を追求する過程で起きたと説明される。しかし、甲状腺癌を早期に発見して治療し生存率が高ま 

れば結果的に患者の利益ではないか?医師連帯側は甲状腺癌などいくつかの癌の場合、早期 

発見の効果が医学的にはないと見る。イ・ジェホ、教授は「世界的に甲状腺癌死亡率は人口10万 

人当たり1人以下なので事実上、癌と呼ぶべきかも疑問だ。我が国も甲状腺癌患者10万人当た 

り死亡率が0.7人と非常に低く、米国や英国は各々0.5人、0.4人と我が国よりさらに低い水準」と 

述べた。 


早期に発見して治療するからといって生存率は高くならないから、世界的な癌検診指針はもちろ 

ん、我が国の指針でも甲状腺癌早期検診は含まれないという。かえって不必要な手術をする過程 

で発生する副作用問題がある。不必要な診断で癌患者になれば、癌と一緒に甲状腺を除去する 

手術と放射線治療を受けてその後一生甲状腺ホルモンを摂らなければならないことになる。もち 

ろん手術中に声に関連する神経に触って問題が生ずる副作用もたまに発生する。 


ソ・ホングァン国立癌センター医師は「他の国だったら甲状腺癌診断なしで元気に暮らす人々が我 

が国では甲状腺癌にかかった患者として生涯を生きながら恐怖感と経済的損失を体験しなけれ 

ばならない」と指摘した。過多検診阻止連帯を作った医者たちは今は政府が乗り出すよう促した。 

彼らは18日出した声明書で「国家は何の症状もない元気な人々を対象にした甲状腺超音波検診 

を中断させる対策を早く出せ」と要求した。 


キム・ヤンジュン医療専門記者 


ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 甲状腺癌発病が世界の10倍?…医師連帯「過多検診するな」 

http://www.hani.co.kr/arti/society/health/628926.html 



3 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:15:40.73 ID:dA6/u+06

街中に放射性廃棄物違法投棄して来た結果だろうにwwww 



4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:17:27.62 ID:vqUHKjPC

つか、ソフトバンクかどっかが嫌がらせみたいに宣伝してた、 

ガイガーカウンター付きのスマホで、韓国中を測ってみたらええやん 



5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:17:52.27 ID:yGihx+T7

>放射能漏出事故や深刻な自然災害などの様な明確な理由がないから 


いや、勝手に決めつけずに国内の放射線量を計測してみろ 




7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:20:06.04 ID:TxPVKAGB

検査をやめればいいニダ! 





18 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:32:29.41 ID:lLOpWAeK

核開発をこっそりやってるのがバレて、こってり怒られた国だからね 

管理が杜撰でどっかに転がってたり、原発がいい加減だったりしても驚かない。 

間違ってベント操作しちゃったニダ、けどすぐに閉じたからケンチャナヨ・・・だったりしてw 




20 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:33:54.90 ID:ppOcrTXF

韓国みたいに道路とかの材料に 

放射性廃棄物混ぜてりゃそりゃなぁ 




22 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:35:01.15 ID:g2yRR/aH

韓国人は癌より先に性根を直せ 



 


27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:36:35.82 ID:V+j1iv3h

>>19 

核燃料を街の中に放置して、アスファルトに塗りこんでたとか。 

対応取らないのが凄いって言うか、 

放置しっぱなしでケンチャナヨってのがニダーっぽい。 


韓国人はいいけど外人には教えてやれよ。 

生死にかかわるんだから 




39 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:43:53.14 ID:LWVtCZiR

イルボンが放射能汚染ニダって言ってる暇があったら 

こっちみないでテメエの家の周りの線量測ってみろって 



44 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:48:34.13 ID:wua3eNef

ってことは検査減らせば平均に落ち着くってことか?ww 



45 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:48:34.64 ID:2UUZhsOo

>>1 

さあ、なんでだろねーw 



47 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@転載禁止:2014/03/19(水) 23:49:40.66 ID:VG+CRYgW

ソウル市内が福島第一原発構内より 

放射線量高いからな 


当然だっつの 




日韓断交しろ!と思われた方はクリックしてください。

しきしま帝国軍(さるげりオリジナル曲)できました!


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas
よかったらご覧ください。

作曲とボカロ打ち込み さるげりリーダー(ドラム担当)
https://twitter.com/rui303

描画 鋼鉄さん
https://twitter.com/hagane06r

作詞と動画作製=ボウズP

 

日本は超個体である。(6究極のOnly in Japan)


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

日本は超個体である  その1  その2  その3  その4   その5   




※ブラウザの表示フォントを、Win の方はMSゴシックに、Macの方はMonaにしてくださると、やる夫がズレません。


 

   / ̄ ̄\

  /   _ノ  \

  |    ( ●)(●)

  |     (__人__)   よし、じゃあおまけだ

  |     ` ⌒´ノ

.  |         }   究極の『Only in Japan』といえる特攻についてだ

.  ヽ        }

   ヽ (\    ノ、

   /  \\く} j

   |  〈 ̄ ゙ヽ ヽ

   |  .に    }

   |   (___,ノ



               ____

             /       \

           /  ⌒   ⌒  \    なるほど、たしかに特攻を

          /  (●) (●)  \

            l    ⌒(__人__)⌒    l   あれほどの規模で組織的に運用したとこは無いお!

          \     `⌒´     /

          /              \




   / ̄ ̄\

  / _ノ  ヽ、_ \

. | ( ●)(● ) |

. |  (__人__)  │ 蜂の巣は日本と同じく超個体だろ?

  |   `⌒ ´   |

.  |           |   実は東洋ミツバチも特攻するんだな

.  ヽ       /

   ヽ      /

   >     <

   |      |

    |      |


               ____

             /       \

           /  ⌒   ⌒  \

          /  (●) (●)  \  もっとkwsk

            l    ⌒(__人__)⌒    l

          \     `⌒´     /

          /              \









           ,ォェ、___

        ,.f込tン:::::::::::` ヽ、

     /::::;. -‐  ´ ̄ ̄`丶\          ←ミツバチに詳しい人

    〃::/          \ヽ、

.     ll::/   l        、 ヽY _

    ll::l}   l  |    l | l   lイニ}|

    ll;;l} l、 |   | l、 -l‐七/v'  lミ彳、

.   _,'Vi  l,x tT二t,|ヽ,ノ,ィT}`'j l ||〃へ.、   ミツバチの天敵は、大スズメバチよぉ

  /<//l、 ヽヽィf_lj`     ¨ ∠ノlノ.|| l ヽ>

  ヽ//{∧  \_.  __'_, ,ィ′l  レ. l

.  / //'l | \__<. 、 __`_´.イ,ヽ  \,__ l    たった1匹のスズメバチが、

  / l_| |_!   l  l l'ー--,<└vヽ  \\!      4000匹以上のミツバチを殺戮した

/     /.::::::::::::{   \ーtfノli 斤 l:::::|j\ l:::::::.\         例も確認されてるわぁ・・・

. /    ,ィー-.‐|  |'′ //lYミヽ|l ハ 、 ヽ:.\

    /.:::::::::::::::ヽi\ ヽ  ̄l」 |/  |::.Y :::`'::::::::::/

.   /.::::::::::::::::::::::|:::l ヽl_,、_r、,_,、r、l'|:::::', :::::::::::::/

  〈:::::::::::::::::::::::::l:::::\゙ ' | l / ' ,}::::/ :::::::::::ハ

.   \:::::::::::::::::::i、:::::::::\  仍} ,/:::::l`ヽ:::::::::::::',

     T :::::::::::/ \:::::::::::` - 、/::::::::l  ヽ:::::::::..ヽ







             ,. -ュ,ニニ弌垳ト、

             /r'^ _rヘ-ヘ/^ヽr宀、

           /!7ト、7′ 〃    l ヽ ヽ

   、    / l//L」| ∧l | ! |l  | ! ヽ

    |:l    / 〃 ||丁l トH、lV| |l  /l  } l |

    ヾヽ  / 〃 |l | l抔卞`ヽ{ /-ト/ //リ

 \  ヽ:∨ |」 /l| lトヽ ̄   レ'戎シ' / ′基本ひとたまりもないミツバチだけど

⌒ヽ!ヽ._j\\ / 八 |ヽ   __ ' ∠r1=彳

::..::..::..::..::..`::..::ヽ/ ハ ヽ‐ >、  ,. イ| }::..`ヽ、  東洋ミツバチは、偵察に来たオオスズメバチが少数なら

::..::..::..::. /⌒ヽ、ヽjノヽ.∨r 芥、/:./ /::..::..::.、\  蜂球という武器で蒸し殺す事ができるわぁ・・・

::..::..::.::./:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ⌒Tlヽ}l,ハ/-/ 〈::..::..::.`ヾ\ヽ

::..::../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ || ヽ:レ':.:ヽ::..::..::.くヽ.j

::.r'´.:.:.:..::.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ ||ーrヘ.:.:、:.:.\ヽヽ:〉

仆、 :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_l〉 ri心:.:',:.:.:.:.:ヽ}

′ \_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∨_ ゞ=仆ヽ.:.:_ノ

 ,   〉个、:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.∨_ l  }〉:.}'´

 |  く_/^ト、>:.∧:.:.:.:.:.:.:.:.:. ∨_リ 〈|:.ハ

 |  //:.:.:||:.:./ ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨┐r':.:{ 、ヽ

 !| //:.:.:.:||:./   }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨.:.:.:.| l |







                -r=y=y=y、、

               /z〆..::::::::::{f勾::::::..ヽ

              /x<..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\

            /.f7.:::::刈ー'^ー'^ー'^ー'ヘーマ}:::ヽ

.           / xリ::xFノ l   l .l  .l.  l   マヘ

          / {{l::/ノ .i .|  ll | l| |! |  ! | l|   ハ

.         / {{:/ノ  l .l l l l || |l |  | | l| ! llハ  東洋ミツバチの方が、オオスズメバチよりも

        /  ィリ{ l| 十 t .⊥l l| ハ.} , ィ 千 l l| .|   4度ほど高温に耐えられるの

.       /, .//|:}トヽlヘlr=tzぅミヽリ リj 斗 T7/ハ l オオスズメバチの周囲に群がり、

  .、   .// 〈〈_}小ノハ ヾ弋ン`    ゞ ' 〃イ リヘヽ    取り囲んで蒸し殺すわざなのよぉ・・・

  l:ト:. // 〈.{ /ハ、}.〉\__       '  u イ / l .l::|//

、 ヘ!:V./   ゞイ 1トム‐イ \ 、-.. _,  // / l.l:}.1   ._

i;\ヽ;i〉./ _〃∠ノ1 / }| ノ1 ヽ  - イ / / /千1!|Yチi;i;i;i卞z,,_

i;i;i;i;Y// //⊥ー |||_ノ´  } ヘ.:::::´:y:::ム/ / /ム!|:!||;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i≪_

i;i;i;i;i;{/ 〈〃::::::ヽゝン⌒   ,、 Y`ーt:::/イ〃/::::\トi;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;≪,

i;i;i;i;i/  ノ:::::::::::::::≧ x _, -、く \ヽ }|´__ //:::::::::::::\i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

i;i;i;/   /::::::::::::::::::::::::〈 \ 「 ヽ _  く. l ||:::::::::::::::::::::::::l;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

i;i/_ 、|__::::::::::::::::::::::ヽ__,. -< ヽー"' ||:::::::::::::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

 l:t- 水ー::l:}::::::::::::::::::::ヽ \ ` _>--ハ才1::::::::::::::/i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;

 |:|/ィ|トヽ:l:l::::::::::::::::::::::::\ へ__> ヽ   |::::::::::::/;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;







                          、 ,.、゚ 。

                          ∧i ヽ-‐'ヽ、。・ ゚ o

                         , 、,   r'/ ∞ } fニ、i V⌒'|/

                     ,,;゙::::::::ヾ ,,/!.:: ::/j_ `ー'  j,:: ∞!  , 、

                 フ:::::::::::::::::::ゞ':: :: !/ハ ヽ_, イ }}:\::レ´〃::`ヾ

                      7::::::::::::::::::(:: :: :: :{l  薔 |}::ノヽ::ノ::::::::::::::::`ミ、 でもこの技は攻撃側にも

                /〃::::::::::;,〃´ゝ、_:: ::゙=∞=″:: :: ::{:::::::::::::::::::::;ゝ、ダメージ深刻なの

                  '″:::::;,.''  // /:: ::.介:: :: l`ー'´ `゙ヾ゙\゙ヾ、ヽ

                   / 〃:::;ゞ / // /:: :: :}{:: :: ::l l| i \   ヾ\ 蜂球の中心にいるミツバチは

                 ,レ'  / /  /}:: :: ∧:: :: ::{ il l!   \     死んでしまうことが多いわぁ・・・

                        ,.:-‐イ´:\/`Xヽ/ヽ

            ,. -───‐ァ'´.:::/:: :: :: :://  入:: :: \、_

           ./.:: ::. ::.::: :: :::/.: ::/:: :: /:: / \/   \:: ::.\`:.、

          \::.:: :: ::, ‐'´.:: ://:: :: ×.:: ::/ /\    \:: 、:\::\








       -―--{薔}

   <ヽ´ニ-――- 、 `ヽ

  ,<_7,/ /! l ノ   `ヽ ヽ

.,/ / i / ト iヽ.ハ  八_ ヾ-、

.///i  Kl o混ト ゝノ//i ,ヽrヽ 死をかえりみずの攻撃、特攻よねぇ・・・

./〃ト l. u `~´   /乱}ノイハ

 i!/{ ヽu _    `u´ ノィ .ハ

 i!',>、__/´ ̄`゙ヽ、 u / ,ィノi!

 ト!/ ,つ`ヽ、_ `) ∠ィ '| ′

 ハ._r' `lュ-、i ~Y_,ノ/ |

.ノ゙l/ /7 F`ヽy′ノ_/ /l  !

`L`ヽノ[__`~´~L__「,/彡ミミ≧

  ゝ´ ! `ゝ-/,ノ彡彡≧









   / ̄ ̄\

  / _ノ  ヽ、_ \

. | ( ●)(● ) |

. |  (__人__)  │ その個体は死んでしまうかもしれないが

  |   `⌒ ´   |   1つの巣を1(超)個体と考えると、

.  |           |     そのミツバチの死の意味が変わってくるだろ

.  ヽ       /    

   ヽ      /

   >     <

   |      |

    |      |



    / ̄ ̄\ .........::::::::::...r‐ ' ノ.

  /      \........::::::::_ ) (_

  |::::::: :      |.....:::(⊂ニニ⊃)

  .|:::::::::::::     |....: ::::`二⊃ノ

   |:::::::::::::      |..: :::: ((  ̄『身体の一部(特攻ミツバチ)は犠牲になったが、(超)個体は助かった』と。

   .|:::::::::::::::     }    [l、

    ヽ        }  /,ィつ

   /   ヽ   . ノ .,∠∠Z'_つ

  /    ''⌒ヽ  ./ .r─-'-っ

 .| (      / } ./  ):::厂 ´

  |   /  .// .ト  /




     ____       ヽ v /

   /─  ─\     -(m)-

  /( ●)  (●)\.       ≡

/   (__人__)   \  なるほど、腕を犠牲にして、命は助かるようなもんかお

|              |

/     ∩ノ ⊃  /

(  \ / _ノ |  |

.\ “  /__|  |

  \ /___ /




   / ̄ ̄\  ( ;;;;(

 / _ノ  ヽ\ ) ;;;;)

 |  ( ─) (─)/;;/

. |   (__人__) l;;,   その通りだ

  |    ∩ ノ)━・'

.  |   /  ノ´ }  特攻されたご先祖様は、超個体なんて理論なぞ知らなくても・・・・

.  ヽ  / /    }

   ヽ/ /   ノ




















          __

      / ◎ \  .O―~,

      ヽニニニノ   . ||.......;;;:|

    /(●) (●)\ ||―~'

  /^):::⌒(__人__)⌒:: ヽ

 / / |    `⌒´    |

(  ' ̄\      _/

  ̄ ̄| = ̄ //  | |

    |   //   | |


 


                              、i;:;:;l: : :.l l: : : : : : : : : : : : : : : :.r'/: :./;:;:;

     ,. -‐―  》             .       ヽ;:;l: : //: : : : : : : : : : : : : : : :.l |: : :/;:;:;:;

    /        ノ                   `、:.//-、: : : : : : : : : : : : : : //: : /:;:;:;:/ ...

    ',               ________   ',/    ̄~    ~ ̄//: : /:;:;/: :

.    ∨           /            \ i            i i: : //: : : :

      ∨          /                 .《              l l:/: : : : : : :

      ∨l       /                   l ',: : ‐-. . . . . . . . . . . .l l: : : : : : : : : :

      iハ       |       ´ ̄`     ´ ̄` l ∧::::::::.... : :.:.:.::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :

      l ∨      |      ,_    _     、,,__.、 lハ `ヽ、::::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : : .

     ∧ ヽ、_   |        `¨¨´         ',、   ヽ::::::::::::::::::::::::::l l: : : : : : : : : :

     / ∨    ̄` ' ー- 、  ⊂つ        ⊂つハ   ヽ: : : ::::::::::::::l l: : : : : : : : :/:

    / , '´:∨         `ヽ     (__人__) /´`ヽ     ト、: : : : : : :.l l: : : : : : : /: : ..

.   //: : :/ヽ、          ',  /´`ヽ、  ,.ゝ',"   i^ti    `ー- 、: :l l: : : : : :./: : : ..

.  《: : : / /: : ヽ、          '>i_,.....,_  ト,´o_,<.ト'"ノ、 /         ` ^' ヽ、::/: : : :

   \/  i:.:.: : : /`ヽ、       ゝ   `゙'ー--  --y'                   /  `゙

     \ i::::::::::::i   /` ー- 、             /              r-'´¨

       ー-、:i   .l      ` 'ー-- .,,__    ./              /: : `ヽ、


  




 

      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

 




       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  / o゚((●)) ((●))゚o \  
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /




      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /












   !  ! !: ! !  !!_________ : !  ! !: ! !  !  
 |: : ! !!  | !:|!/´               `\: ! !!  | !:|! |! |  
 |   !: l   | ヾ、     _, -‐'"´´      \!: l   | !   !  
 |  !! ! |! / 、\ノヽ/´   、           \! |! |!! !!   
  | |! | 。oj``ヽ)   ( ,-‐ '"´ )o          \!  !! | !   
 |  °/⌒`゙      ヽ"⌒``じ o °     \ !   !   
  | ! : /   (        )     °             \: ! !  
  |!/ヾ、_ノヽ、___,,ノ⌒ヽ    o°           \ |! !  
 !  l     ト、ノ),、        ノ                  l!! | !
   |i||      |          /                      | : :
    |l      ゚|       /⌒´/                       l! |   
 |: : \   l   /   /                       /!:|! |   |  
 !: ヽ、 |  /    /                 /!   !  
 |  !! ! |\ `ー┴--一´                 / |!! !   
  | |! | |! ヽ ゝ、__,,,,, ,,             ___ -<  !! | 

 










      ____
      /_ノ ヽ、_ \
   o゚((●)) ((●))゚o
  /::::::⌒(__人__)⌒::::::\
  |       |r┬-|     |
  \     `ー'´     /



      ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \  
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /

 


       ____
    /      \
   /  ノ   ヽ、 \
 /    (●) (●) \    
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
 


    / ̄ ̄ ̄\    
   /  ノ   ヽ、 \   
 /   (●)  (●) \ 
 |     (__人__)    | 
 \     ` ⌒´   / 
. /           \

 

      ____
    /_ノ   ヽ_\
   /( ●) ( ●)\
 / ::::::⌒(__人__)⌒:::::\
 |        ̄      |
 \              /



        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  |
  \              /

   

        ___
      /      \
   /          \     
  /   ⌒   ⌒   \
  |  /// (__人__) ///  | 
. (⌒)              (⌒) グッ
./ i\            /i ヽ
l___ノ            ヽ___i


       ____
     /_ノ   ヽ_\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-/      |
  \     ` ̄'´     /

  

      ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \  
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /



















                        ,. -─────────‐- .、

                       ∠______rー‐/ ゙̄rー;;、\          ━━┓

                      .ノ/   ____三/ ̄/  /  /  / へ \        ┏┫ ┃┃┃

                     .イ_____三|  .^  ´`   | / ̄) \      ┛.┗   ━┛

                     ノr――;;、ヽ、 三|         ト^ /;;   \

                   / /;;;;;;;;;;;;;;;;;;) ) 三{           ノ::::;;;    \

                  /ヽヽ;;;;;;;;;;;;;;;ノノ 三{         / ;;:::: ;;;      \

                /   `ー--‐‐イ  三|        /´ ;;::::::::;;;       \

               ./      ゝ     三/       /   ;;:::::: ;;;         ヽ

              . |      /     三/       /    .::::::::: ;;;         |

               .入____ノ     三/       /     ::::::::::::::;;;        |

               ヽ          三/       /      ::::::::::::::::;;;;       /

                \       三/       /        ::::::::::::::::;;;;;   /

                  \      三|       /         :::::::::::::::;;;;;;;;/












                           ,. -─────────‐- .、:

                          /  :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::  \.     、    /

                         /    :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::    \     人_,/

                       / _____、___  _______ \    )  て

                      /´ ̄  ::::::::::::;;;;;;;;;;;/;;;;;;;/;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;;::::::::::::  ̄`\  /´⌒Y,.

                    /   :::::::::::::::::::;;;;;;;/ゝ;;ノ;;;;;;;;;;;;;;ト、;;;;;::::::::::::::::::::::   \    \

                   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ  ノ ̄ ̄ ̄\ ..\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`\

                 /     ..::::::::::::::::::::::/;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;\;::::::::::::::::..:    \::.:

                /    :::::::::::::::::::::::::::::::::/::;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;:::::\:::::::::::::::::::::    ヽ::

                |    :::::::::::::::::::::::::::::/::::;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:ヽ:::::::::\:::::::::::::::::    |..

                |    :::::::::::::::::::::::/:::::::::::;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::ヽ::::::::::::\::::::::::    |.

                |    :::::::::::::::::/::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::ヽ:::::::::::::\____  .|:

        / ̄`Y ̄ ̄Y ゙̄`Y ̄ヽ/:::::::::::::::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::∨:::::;::::::: ;;;;;;;;;;;;;\:|___

       /  |   |   i    i   |:::::::::::::::::::::::/::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::|::;;;;;;;;;;;;;;;;:::;;;;;;;;;;;/::::::ヽ,

      / /|   |   λ   l  ノ  ::::::::::/:::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::ゝ____/ ;;;;;:/    ;;r‐-、

      | / /´゙`)_人__ノ ヽ___人_ノ   ::/ ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::\  /   /   ∠

     //   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  /:::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::\::入__,イ    /  ゝ

    /(   イ――――---ーーーイ:::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::/ ̄`)ゝ―イ  /´\,

  /  \;;;;;;;;;        ;;;;;;;;;;;ノ:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::|   人;;;;;;;;;;;;ヽイ    }ー――、









           _,,,.. -‐'''"´              _,, ‐''"      ._..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;._..-'"  .,..‐

    . _,,,.. -ー''''"´                _,, ‐''゙´       _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.,..-'"  .,..‐'゛

ー''''"´                     _,, ‐''"        _..-''.;.;.;.;.;.;.;".;.;.;.;_..-'"   .,..-'´

                    _,, ‐''"         _,, ‐'.;.;.;.;.;.;.;".;.;.;.;._..-'"   ._/゛    .,/ ,

             _,.. -'''"゛             _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;._..-'"    ._/゛     /  .,/

'"゛         _,, -‐'"            _..-'".;.;.;.;.;.;.;゛.;.;.;.;.;,..-'"     .,..-'´     .,/  ,/

   ._,, ‐''"゛            _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.,..-'"     ,/゛      /   . ,/

, ‐''"                 _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;._..-'"     .,..-'´      .,/    ,/

                 _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.,..-'"  ミ  .,/゛       /    ./

             ,.. ‐'″.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_..-'"     ミ -'゛       ./゛    ,/

 __,,....;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.     〆´⌒`ゝ,      ../゛    ./

(    `゛¨ '' ‐- ...,, _. ..;.;.;.;.;.;:;.       (/ ´⌒`ヽ.ヽ    /゛    /    .

 ゛'' ..,,   (;;;;;;;;;;;;;)   .`゛¨ '' ‐ - ...,, _| l/"゙\l |/    _,,,,,,,,,,________ ./

,,./ '″  .゛''..`"'"´                 l. i .ハ /.l ̄ ̄ ̄        ,,,....,,,        ̄丶

.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_..-'" .゛'゛¨ '' ‐- ...,, _..        l  i ./ /        __,,.. . (;;;;;;;;;;;;;):::_ ,,...-‐ ''

.;.;.;.;.;.;.;,..-'"         ゛'' ..,,.l        .l . ソ  /       i  _ ,,...-‐`"'"´´   /

._..-'"          _/゛     ∪゛'' ..,,... l    /   _,..-‐'∪'"~        ./   ./      ,i

      .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゛∥   /_,.-‐''~;:;:;:;:;:;:;:;:;::       /    ./      /

         /         ..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;r[`'ヽ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::    /      /

      _/゛            ,.___| |  i/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   ,..-'´        ( ̄ ̄ ̄ ̄      | | /  ̄~~゛゛''''ー ...__

..,..-'゛  ,.:⌒ヽ    (.::  ̄~~゛゛ ''''''ー--´| |丶----  、____>

゛   .(.:::    '   (       ヽ.:⌒ヽ`"'"´         r´⌒ヽ.

    ゝ.::    `ヽ(.::             )  , ⌒ヽ    γ⌒  ⌒ヽ

   (.::::           、.:⌒         (    '   (      ⌒ヽ⌒ヽ、

  (.::::    (:::⌒                ,ゝ    `ヽ(              )








          r―-、,

          ヽ   丶

           ヽ (;;;;;;;ヽ丶

            ヽ´ゞ:;;;_,.) 丶

            i|!ヽ      丶          ..,,,,_

             i! ヽ      _ 丶_    γヽ   ヽ 丶    γヽ     . /⌒,

             l| ,.r'' 二 ̄´ヽ,丶  ̄ ̄``丶、i  i  丿 ''‐- 、_ _\   /. / /

             _i!,.k丶゚     .匸{────.  ̄ ̄ ̄    へ   . `゙' '゙  / ./

            r'´.   i i      匚{  │          /;;;;;/  ‐===ヘ/__ノ

            ` -  ,j .|     匚|..  i           ヽ/_,..-‐''"`'-、 `'-、

             ミ l! _ノ     ./ /θ.,.,/.,.,.,.,.,.,.;.;.;.;.;_±ー''"゛         `'-、 `'、

            , | ! \ __ 厂       ;:;:;:;:;:;∠                `' -ゝ

            |l!          ゙''-、         \

          l,!             ゙''-、       \

                          ̄\ヘ      .\

                            \    ,.-‐-.,ヽ

                             \  (,;;;;;;;;;;丶ヽ

                               \ ゞ;;;;;;;;;丿ヽ

                                \      ヽ

                                  ヽ、     ノ

                                    `ー-''








                               / ̄ ̄ ̄`ヽ

                            / . : : : : : : : :.:.:l

                         / . : : : : : : : : : :.:|

                            / . : : : : : : : : : : : ;

                         / . : : : : : : : : : : : :,'

                      / . : : : : : : : : : : : : ;

                         / . : : : : : : : : : : : : :,′

                      / . : : : : : : : : : : : : :.,'

                         / . : : : : : : : : : : : : : ,'                  , -=-、

       /`ヽ             / . : : : : : : : : : : : : : :,'              /⌒ヽ./. : : .:/

        l   |,r――――――/ . : : : : : : : : : : : : : : ,'                 /   /. : : : .:/

        ヽ、/ニ}ュ : : : : : : : : / . : : : : : : : : : : : : : .:.:,' ̄ ̄ lニニl=-.......___/__/. : : : : .:/

.        <二二): : : : : : : :/. : : : : : : : : : : : : : : .:.:,'___|ニニl    ヽヽ   ̄ ̄ ̄´}

        |ヽit : : : : : :〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : ,'. : : : : : : : : : : : : : : : :}_}ニニニニニニニソ

        | |!、二フ二二二二二ニニ二二二二>-― ''´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/. : : : /

.          | !     /. : : : : : : : : : : : : : :,..-''´             {__/

.          レ    / . : : : : : : : : : .:.:,.-'´

             / . : : : : : : : : :.:,.-'´

            / . : : : : : : :.:.:,.-'´

.         / . : : : : : : :, -'´

         {____, -'''´









                     .....:::::::::::::::::::::*:::::::::::::::::::::::::::: :::::+:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ..

                  .... ::::::::::::::::: ::::::.... ...    _____  :::::::::::::::::::: ..::::: . ..:::::::: ..

                   ..... ....::::::: :::::::::..    /ー   ーヽ   +  :::: :::::::::::::::::  .::::::::: .

                  .....:::........ . .::::::::::::::::: _ ノ)(●)  (● ', ::::::::::::: ::::::::::: . . . ..:::: :::.

              .... :::::::::.....:   ::::     / イ  (__人__)  !  :::::::::: :::::::::: ...:: :::::

               ...::::::::::::::: . . . ..: ::::  /ヽノヽ、 `⌒´  ノ:::::::::::::*:.... .... .. .::::::::::::::

                ...:::::...  . .:::::::::  ....... . .::::::::::::........ ..:::: .:::::::::::::: .:::::::::::::: .::::::::::::::

              .... ..:::::::::::.:.. .... .. .:....::::::::::::::::   ::::::::::::::  :::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::: :::::::::::::::: .....

              ____________________________

           ,, --- 、               /         \

         , r "      ヽ            /          \

        /         ヽ          /                \

      /               ',       /                     \

.     i              i      /                         \

.     |               l     /                              \

.     l             i   /                              \

       i                 !

      i              i

      i                i

.      i               i      (ヽ,ヘ )

      !               !.    ∩/ /./ )

       ヘ           ノ      !   l )

       ゝ_____.メ、.    )  /

     /              ヽ    / ̄ ̄!

    /                   ', /    |




























      / ̄ ̄\ ( ;;;;(

    / ._ノ  ヽ、\) ;;;;)

    |  (●)(●)/;;/

    |  (__人__)l;;,´|    誰からも教えられてないのに自分の感覚で

    | ./´ニト━・' .l    自分が超個体の一部分であることを理解してて

    | .l _ニソ    }     自分が犠牲になることで

     /ヽ、_ノ    /     本体である超個体、日本を護ろうとしたんだ...

    __/  /    ノ__     

  / /  /       `ヽ.

  /´  ./       ,.  ヽ. ボウズPは 日本人の血が彼らに特攻を命じた、と言ってる。

  ト、_,/.       |、  ヽ

   |         |/  /































                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

                /                     \

              /                        \

             /      ―――            ――― \

           /          _                _   \

          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \

        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \

       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \

     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \

     |                 ̄ /       |     \   ̄          |

     |                    /        ∧      ',               |

     |                   {        / ヽ     }               |

     |                   ヽ___/ __ \___ノ            |

     \                    ヽ   ´    `  '            /

       \                                               /

        \                                   /















                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\

                /                     \

              /                        \

             /      ―――            ――― \

           /          _                _   \

          /          /´ ,..::::::::::.ヽ ヽ         /´ ,..:::::::::::.ヽ ヽ \

        /        ,'  ,;::::::::::::::::::', ',       ,'  ,;:::::::::::::::::::', ', \      

       /          {  {:::::::::::::::::::::} }        {  {::::::::::::::::::::::} }  \

     /           '、 ヽ::::::::::::::/ /        '、 ヽ::::::::::::::/ /      \

     |            (;;;;;;;;;;)) ̄ /       |     \   ̄          |

     |            /'       /        ∧      ',               |

     |          {{        {        / ヽ     }               |

     |           ヽ       ヽ___/ __ \___ノ            |

     \          人        ヽ   ´    `  '             /

       \           ( し.)                                 /

        \       `¨                           /











   / ̄ ̄\

  / _ノ  ヽ、_ \

. | ( ●)(● ) | オレたちは、特攻されたご先祖様の分まで

. |  (__人__)  │

  |   `⌒ ´   |  より善い日本を次の世代に渡さなくちゃならないんだ。

.  |           |

.  ヽ       /

   ヽ      /   それが何よりの供養になると思う。

   >     <

   |      |

    |      |





                    _____

                  /        \

                 /___, -一ァ     _\

           __,-‐¬  ̄---┘'7    /    \    わかったお

          -‐ ''"   / '´_ /,ィ`ヽ  //´  `ヽ  \

     /      __   ,イ|  ● l    l ●   )   \  心の底から理解した!

   _/     -'     / ̄ )`  _ノ   ヽ_  _ノ    |

  ,r '       ,-、____ , イ⌒' (    i    )'⌒"'    |   とりあえず靖国神社に参拝に行くお!

 /      ノ '    \      `ー ─'^ー 一'      /

      /        \        ー一       /

              /                \




           ___

       ,. -'"´     `¨ー 、

     /          ヾ  ヽ、

    /             };  ヽゝ.

   /      r´   __, ..イ ト┬-、i

   ,'       L._∠,´.!___,.ノ ヾ, ̄ ヽ,

   i                 }    }

   |          ヽ ,___,,ノ`ー-'ヽ,  よし、俺も一緒に行くだろ

   i                ̄ "'''"´  }

   :                    ./   常識的に考えて・・・・・

   i                    ,!

   i                   !

    ',                   {

    i                   !

    .}    !               }

    i     ヽ、          i  ,'

    l      ヽ、         |. /

    /        ヽ..,,____,,..ノノ

  ノ                  {                                                           





         _,.  -‐‐-  、

        /:::::: : : : : : : : : : : \

       /::::::::::::::::::: : : : : : : : : : :\

     /:::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : ヽ

     |::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : /|: : |   以上で、私の新説『日本は超個体である』を終わります。

     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :/ ヽ: :}

     ∨:::::::::::::/``ヽ、__/ / }:/   賛否はあると思いますが、

      ヽ:::::::::::/        ,ro´){:{ヽ    あくまで一個人であるボウズPの説なので

      /⌒i::::{ ,---o-、‐i〉 {    {{ノ   批判は程々にオナシャス!

      { ( ヾヽ  (      ヽ   }

       \ゝヾヽ        /  |

         `ゝ_ヾヽ r      /⌒`─‐--、/>

        /:;:;:ヽヾ> `─‐‐-/  ⌒ニヽ、_ //

         {:;:;:;:;:;! ヽ,. - ‐ ''´      ヘ   `'< ヽ

     ,. ‐ ´:;:;:;:;:;>'´        ヽ \、  ヽ }

  __/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/         >、  ヽ__ハ`ヽ ヘ´

-‐'´:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/        ,. ヘ ゝ,,. 」:;:;:;∧ ヽ ヽ

:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/    Τ`‐‐'´|  `i´:;:;:;:;:;:;:;:∧ .ゝノ

:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/     !:;:;:;:;:;:;:;|    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ



           __

        ,. '´: : : : : `丶 、

       /: : : : : : : : : : : : : }

     /: : : : : : : : : : : : : へ\

      /: : : : : : : : : : : : :/ / ヽ }

    {: : : : : : :,───′/   |ト、     日本人皆親戚!ってことで、世界が認める日本人の特異性が

    |: : : : : :/ ,. -─‐ ' {ィ= ',. }

    ヽ: : : :〈   ィ==   ` ┐ ∨     かなりのところで説明できたと思ってます(自画自賛)。

     ヽ: : :ヽ  "      l   ヽ

       >‐、ヽ r       ─{´

        { (ヘ:ヽ弋ー‐  ´    {─、__

        \゙ \ヽ\ ++   i 〉:;:;:〉`i丶、

           `ーヾ. \___/ t:;:;:/  !  ` ー─‐ァ- 、

         _,.  ‐ '´丶、      ノ:;:;/   !     ,.  ´   ヽ

      イ     / ∧`ー ァ '´:;:;/   |    /       }

       {       /  /:;><:;:;:;:;:;〃   !   /        !

        !    /  /:;:;:!    \:;:〃   i  /         }

       〉 i 〈  〃:;:;:{=、/:;:∨     ! 〃         !

      く  !  >‐!:;:;:/  /:;:;:;:;:;i _   ̄  i         |

        〉 | i´  |:;:;/  !:;:;:;:;:;:| `丶、  |         |

      /   ! |   i:;:/   |:;:;:;:;:;:|    /   {          !



           ,.  -‐-  、

       ,.   ´: : : : : : : : : : :丶

      / : : : : : : : : : : : : : : : : : \

     ,ゝ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ

     l: : /ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : :}

     {: / _. \: : : : :,. ‐ `ヽ: : : : : }        特に特攻については、よくある状況論や

       〉l./ ヽ `ー '´ ,. へ <: : : : /

     { l} =、ヽ i__/- 、   〉,-、/         教育論、洗脳論から離れて、生物学的、科学的視点から

     レ    }   { eノ  //< }   /ヽ

      {   ノ       // ノ./  /  /     論じる事ができたような気がします。

     l r   ヽ       ) //ー '   /  /     

     ヽ`ヽ二二ニニ / ミヽ-- 、__} .,'

       〉 {__ / /:;} ヽ    / .l--‐‐

   ,.  /{  ー  ,  ´:/`ー<´`丶<   {     長々とご覧いただきありがとうございました!ボウズPでした!

‐ ´ /  >、__,.  ":;:;:;:;:;:ヽ__ノ⌒丶、  .〉

  /   イ:;/‐‐\:;:;:;:;:;/ 〉〈,. - 、_   〈

 /   //:;:;|  /ヽ:;:;:/./ / 、__    /

/    /:;:;:;:;:;ノ-イ:;:;:;:∨ {  >"´  /

    /:;:;:;:;:;/  /:;:;:;:;:/ ヽ /   /

   /:;:;:;:;:/  ./:;:;:;:;/   ',  弋´

   /:;:;:;:;/  /:;:;:;:;/    〉、 /¨ヽ- 、

  /:;:;:;:/  /:;:;:;:;:/   <:;:;:´:;:;:;:/  !

  /:;:;:;/   .|:;:;:;:;/   / ヽ:;:__/    ヽ

 /:;:;:/    |:;:;:;:|   / < ̄       \

 |:;:;:;|     |:;:;:;:|   /   \          \

 |:;:;:;|     |:;:;:;:|  ./    ヽ      

日本は超個体である  その1  その2  その3  その4   その5   


ブログランキングにご協力ください。
 

日本は超個体である。(5日本は超個体である)


しきしま会を応援クリックしてくださると嬉しいです。
dogezas

日本は超個体である  その1  その2  その3  その4        その6


※ブラウザの表示フォントを、Win の方はMSゴシックに、Macの方はMonaにしてくださると、やる夫がズレません。

 

   / ̄ ̄\

  / _ノ  ヽ、_ \

. | ( ●)(● ) |

. |  (__人__)  │ 次はいよいよ日本は超個体であるって話だろ

  |   `⌒ ´   |

.  |           |

.  ヽ       /

   ヽ      /

   >     <

   |      |

    |      |



         ___

        /     \

      / \ , , /  \

    /  (●)  (●)   \  おう!

     |     (__人__)     |

    \     ` ⌒ ´    ,/

     ノ          \

  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ

 ( l  l  l  l l

  ヽ      /



     ::;;; :::::::::::::::::         :::::;;; ::::::::::::::: :::;

          ::::::;;::./ ̄ ̄ ̄\:::;;;;::::::::;;;;;;;:::''

           / ─    ─ \

          /  <○>  <○>  \  ところで超個体ってなんだお?

          |    (__人__)    |

          \     `⌒J´   /

          /              \



   / ̄ ̄\

 /   _ノ  \

 |   ( ●)(●)

. |     (__人__). rm、 まああわてるな

  |     ` ⌒´ノr川 ||

.  |         },.!  ノ' 超個体っていうのは生物科学で提唱された概念だ

.  ヽ        r / .|

   ヽ     ノノ ノ

   /     / ./

   |      /

    |    i´


 蜂や蟻のような、集団を作り、その中に女王や働き蟻(蜂)のような階層があるような生活をしているなど、

人間のそれに似た社会的構造を備える昆虫を社会性昆虫と呼ぶ。


 社会性昆虫のうち、不妊の階層があるものを真社会性昆虫と呼ぶ。


 この集団は実際には家族集団であり、内容的には人間の社会とは大きく異なる。


 社会性昆虫においては、その構成員が互いに依存して生活し、単独の個体での生存が考えがたいこと、

また生殖するのがその中の単独の個体であり、繁殖する場合、新しい群れを作る形で行われることなどから、


群れを一つの個体に当たると見なし、これを超個体と呼ぶ場合がある。


 この考えを最初に提唱したのはアリの研究家であったホィーラー(W. M. Wheeler)で、彼は社会性昆虫全般について集大成した。


彼は、これらの昆虫の群れを超有機体(superorganism)と呼んだ。


今西錦司は雄蜂の存在を無視しているなどとこれを批判しつつも、

やはり群れを一つの個体に当たる単位と見なしている。(wikiより)



   / ̄ ̄\

 /  ノ ヽ、\

. |   (●)(●)|  蜂の巣、蟻の巣は実際は全員血縁の家族集団だ

. |   (_人_)│

 |     ` ⌒´  |   女王に受精するために存在する数匹の♂以外は

  |           |   全員女王の子だから当然だ。

.  ヽ      /

   ヽ     /

   .>    <

   |     |



   / ̄ ̄\

  / _ノ  ヽ、_ \

. | ( ●)(● ) |

. |  (__人__)  │  日本人も全員血縁だってことはさっき説明した

  |   `⌒ ´   |

.  |           |

.  ヽ       /

   ヽ      /

   >     <

   |      |

    |      |



          / ̄ ̄\

       /   _ノ   \   蜂の巣や蟻の巣と日本の共通点は

       |   ( ●)(●)

          |     (__人__)

        |      ` ⌒´)  1,全員血縁 2,集団である 3,階層と専門職による仕事分担が存在する

          |         }

        ヽ         }

          >       ノ         この3点だ。

       /         \  /て⊃

       |  ィ     |\  `´ ゞ _三}

          |  |      |   \__/.




   / ̄ ̄\

 /   _ノ  \

 |    ( ●)(●)  そのような巣全体を1つの個体とみなし、超個体と呼ぶならば

. |     (__人__)

  |     ` ⌒´ノ   日本も超個体であるといってもいいだろ

.  |         }

.  ヽ        }

   ヽ     ノ

   .>    <

   |     |

    |     |



         ___

        /     \

      /          \

    /  \ , , /     \  なるほど、わかったお

     |  (ー)  (ー)     |

    \  (__人__)      ,/  まわりくどい説明だったお

     ノ  ` ⌒ ´       \

  ._i⌒i⌒i⌒i┐          ヽ

 ( l  l  l  l l

  ヽ      /




   / ̄ ̄\

  / _ノ  ヽ、_ \

. | ( ●)(● ) |   結論 日本人は全員、皇室を総本家とした血縁関係にあり

. |  (__人__)  │

  |   `⌒ ´   |        それゆえ世界的にみて特殊な文化や行動をする

.  |           |

.  ヽ       /      日本はその成り立ちから、1個の特殊な個体=超個体である

   ヽ      /

   >     <

   |      |

    |      |



         ___

        /     \

      / \ , , /  \

    /  (●)  (●)   \  魂で理解した!

     |     (__人__)     |

    \     ` ⌒ ´    ,/

     ノ          \

  ._i⌒i⌒i⌒i┐         ヽ

 ( l  l  l  l l

  ヽ      /



          / ̄ ̄\

        .ノ  \,_.  .\    

       (ー)(ー )    |    

     / ̄(__人__) //// |    わかってくれたか、かわいいやつめ

   /  _ノ .ヾ⌒ ´     |  クスッ

  /   ゚⌒  {    .  /

  | ///  (__人\    .カ     そんなに強く抱きしめたら痛いお・・・

  \     ` ⌒´ン     .ノノ ギューッ 

   /  ̄   ./  . .. し}

     .(⌒二_⊿ニ⌒)  .i



日本は超個体である  その1  その2  その3  その4        その6

ブログランキングにご協力ください。
 

最新記事
閲覧数
  • 今日:
  • 昨日:

  • ライブドアブログ